2005.06.09

同行者:なし

明日から雨です。台風も接近しており、梅雨入りも時間の問題。と、いう事で採集に行っ
てきました。
次はいつ行けるか分からないので、A・B・Cポイントを全て廻ってみることにしました。
20時に家を出て先ずはCポイントから見て廻りました。
ここ数日で樹液の出ていなかった木も樹液を出し始めてきたようです。
先ずは例の樹液じゅるじゅるのコナラの木からです。
ライトを当てる瞬間っていつもドキドキしますよね。3・2・1・ピカッ!
・・・・・・・・・・・コクワの大群です。ライトを当てて近づくとボロボロ落ちていきます。
何か他にいないかと気の後ろに廻ってみましたが、いるのはひたすらコクワです。

ひたすらコクワ・・・・これはこれで楽しい

さらに他の木も見て廻りました。
樹液のにじんでいた木は更に出てきており、出そうな木はにじみ始めてきています。
やはり、日当たりのよく風通しの良い木ほど樹液の出方は良いようです。
クヌギも結構良いにおいを出しています。
ふと、見上げると上の方の洞付近に大き目のクワガタのメスが見えます。
おっ!ノコだ!  カメラを構えようとしたとたんポロッっと落ちてしまいました。
落ちてしまうと気になります。しかし、下は草が多い茂っていて見つかりません。
ノコだよね・・・・コクワ?・・・・・ミヤマかも・・・・まさかオオ?
想像力は豊かな方ですので、悶々としてしまいます。

  
   至る所でにじみ出ています。

そんな気分の中、山を戻っていくと「ブ〜ン」となにやら飛ぶ音。
闇雲に手を振り回すと、手に当たり地面に落ちました。
探してみるとすぐに見つかりましたが、クワガタではありませんでした。しかし、何であっ
ても甲虫が飛ぶ季節になったんだな〜としみじみ感じました。

ふと足元にこんなのいました。
グロいので、見たい人だけ
クリックしてね。
      
         
    何か分からんけど甲虫

さてさて、続いてBポイントです。
こちらはバイクで直に行ける所です。ここでは2つの木に絞って見てきました。
1つ目は昨年コクワがやたらといた木です。数日前まではカラカラだった木ですが今日
行ってみてビックリ。樹液が泡を吹いて出ています。何がきっかけでこんなに出てくるの
でしょうか?樹液噴出のメカニズムは不思議でいっぱいです。

 このロープ、なんとかならんかな〜        泡ふいてますね              ここにもコクワ

2つ目は少し中に入ったところです。この木は昨年の夏後半メインの木です。
しかし、やはり日当たりの悪いせいか樹液は出ていませんでした。そうやって、時間差で
樹液を出すことによってえさを切らさないようにしてるのですね。今年もこの木は夏後半
のメインになりそうです。

         いい感じで裏も表もボコボコなんですけどね

さて、最後にAポイントです。
こちらは開けておらずうっそうとした感じなのであまり期待は持てません。
3つほどポイントの木を廻ってみましたが、樹液は全然出てませんでした。

 昨年の樹液痕はあるんだけどね〜

もう少し蒸し暑くなったらまた来ます。晴れるまでのしばしの別れですね。
とか言いながらまたすぐに来ちゃうんだろうな・・・・。

コクワ沢山・ノコ♀?らしきもの


トップへ
トップへ
戻る
戻る