2005.04.17

同行者:なし

今日もとても暖かく、自宅では娘の友達がやってきてとてもじゃないけど休んでられない
ので、A〜Cポイントを見廻ってみました。桜もほぼ散ってしまい、桜の花びらを踏みしめ
ながら歩いてみました。
Aポイント:ここは昨年9月1日以来来ていませんでした。途中土砂崩れのあとがありまし
たが、ここは横浜市が管理しているので、道路は綺麗になっていましたが、土砂が崩れ
て山肌のむき出しになったのを見ると少し怖くなりました。
気候もよく、日曜ということもあり普段はあまり人気のないところですが、何組かの人が
来ていました。当然ながらクワガタ採集の下見は私だけです。一通りまわってみました
が、樹液の出ている樹はまだなく(あたりまえか)夏場なら薄暗いのですが今は葉も少な
いので、とても明るく見渡せました。思ったよりもクヌギが多かったのですが、若木がや
たらと目に付きました。何年かして、この森がこのまま残っていたら、良い雑木林になる
でしょう。
カブトの幼虫でもいないかと倒木をひっくり返してみましたがゲジゲジとシロアリしか見当
たりませんでした。
Bポイント:ここは昨年オオクワ♀を捕まえたところです。このメスは持ち腹ではなく、放
虫の疑いもありますが、一昨年に通い詰めていた採集者がいたとの情報もあり、侮れま
せん。まだ、未知のところが多く可能性を秘めています。
こちらは犬の散歩等で何度も来ていますので、特に変わったところはありませんでした
が、大きな桜の樹があります。こちらでも、カブトの幼虫を探して倒木をひっくり返してみ
ました。カブチンの幼虫はいませんでしたが、コクワの♀がへばりついていました。新成
虫かと思い手にとってみましたが、符節が欠けておりツヤもあまりないことから越冬固体
と思われます。しかし、今年最初の地元産クワガタです。ワクワクしてきました。
ここの裏側のウロでオオクワ♀
Cポイント:こちらも変化はなく、樹液痕を探して見ましたが形跡なしです。近くの農家の
人の話では早朝網にカブト虫が引っかかっていることがあるそうです。ここは住宅地の
裏手を上がっていくので入り口まで車でいけます。今年はここを重点的に捜索する予定
ですので、発見があればUPしていきます。

コクワ♀×1
トップへ
トップへ
戻る
戻る