トップページ

美腸セラピーは、人体の要となる腸から健康維持・増進を目指す本当の意味での「セラピー(予防療法)」です。エステやリラクゼーションとは違う本物の技術を一緒に学びませんか?

最近は似た名称を使うスクールも出来ていますが『美腸セラピー』の技術と理論を学べるのは当協会の『美腸セラピスト養成講座』だけです。皆様の全国からのご来店をお待ちしています。

美腸セラピスト養成講座


本講座では美腸セラピストとしてスタート地点に立つための基本をしっかりと学びます。基本が無いまま施術を重ねても触り慣れるだけで技術力は上がりません。

美腸セラピーは、基本的な実技動作と知識を、しっかりと学ぶことで卒業してからも、より精度の高い施術者として成長していけるセラピストを育てます。



①観察力を身につける
実技は、手順を覚えるだけの授業ではなく、腸の溜まりや張りの位置から考えられる原因を正しく理解して、限られた時間の中でより効果的な施術を腸の状態に合わせておこなう技術を身につけていきます。その時、大切なことは腸の状態を『観察』する力で、この『観察』が出来なければ、『状態に合わせた施術』なんて出来るわけもなく、また自分の施術によって腸がどのように変化したのかも理解できません。 だから、まず一番に状態を把握するための『観察』を身につける練習から始めていきます。
②動作の意味を知る
その次に、何のためにこの動作を行うのか、1つ1つ触り方の基本を学んでいきます。最近ではイメージだけで腹部を触っているお店もあるようですが、腸へ行う施術は肩や腰、背中のコリをほぐす方法などと全然ちがいます。 そんな乱暴な施術を行うと、逆に腸は緊張して痙攣したり、硬くなったり。過剰な刺激を与えることで便を出しても、それが腸に負担をかけているなら、到底正しい施術とは言えないのです。 だから、施術動作の意味を知り、腸の緊張をとったり腸が自発的に動き出す触り方を学びます
③不快・危険を避ける
次は、不快や危険を避ける施術を学びます。それまでいくら丁寧な施術をしていても、危険や不快な動作が3つも入れば、その施術は失敗です。何故なら、腸は施術に危険を感じると、大切なお腹を守ろうと、どんどん硬くなるからです。 それを知らない施術者ほど、力任せに腸をこねるので、腸の異常緊張から不自然な下痢や嘔吐、なかには排泄に血が混じるなんてお店もあるようなので、グリグリするようなお店は、とても危険であり、避けてもらうほうが良いでしょう。 なので、皮膚を引っ張る、骨に触れる、力任せなど、不快・危険動作をおこなわない方法を学びます。





①不腸の関連性を学ぶ
美腸セラピーの腸ケア理論を学ぶ講義授業は、人それぞれに違う腸の状態を施術で観察し、またカウンセリングで得た情報と結びつけながら、日常生活の中での負担を考え軽減する、つまり、原因から改善をおこなうための知識を学びます。施術で腹部の張りや硬さ、状態を観察できても、それがどの様な影響で、どんな関連性を持っているのかを知らなければ、その腸の状態にあったサポートを提案することも出来ません。 腸をケアしていくのに大切なのは、施術により腸の元気を取り戻しながら、その腸が弱った原因(負担)を知り、その負担を減らしていく、そのアプローチが「根本的な原因からの改善」と言えるのです。
②多面的に状態を考える
どんなアプローチを提案するかは、施術者としての経験や技量にも左右されますが、その基本は正しい腸ケアの知識です。 本講座では、基本的な身体の仕組みから、排便トラブル、腸内環境、更年期(女性ホルモン)、自然治癒力、お肌、心の疲れ、など、様々な関連性を学び、腸の状態を多面的に考えるベースを学びます。 最近は、対象者が良かれと思ってしている『腸に良いこと』が、逆に腸を弱らせている場合も増えていますが、それは一般の方は、自分の腸の状態を知らないからです。 だから、セラピストは、テレビで話題になっているような方法に惑わされずに、対象者の腸を正しく観察して、その「状態に合ったアプローチ方法」を「適切なタイミング」で、提案していくことが求められるのです。
③適切なタイミングを知る
また、多くの方は「これは良いもの」「これは悪いもの」と決めたがるのですが、世の中、そんなに単純ではありません。 「良い」と言われているものも、量が過ぎれば毒となり、タイミングが違えば負担となる。逆に「悪い」と言われているものも、少なすぎると病気になることだってあります。 結局、大切なのは二者択一で考えるのではなく、「バランス」と「タイミング」で、それらを考える基準となるのが、この美腸セラピー理論だと言えます。。