本文へスキップ

健康維持・増進を目的とした美腸セラピーの予防療法を受けられるサロンです。

               

美腸セラピー療法院 松下大山 美腸セラピースクール主宰

施術に対する想い

はじめまして、美腸セラピー療法院、神戸&東京サロンセラピストおよび、美腸セラピースクール主宰 松下大山です。最近は美腸セラピーの名称も徐々に知られるようになり、とても嬉しく思います。

というのも私が活動を始めた頃は、健康には腸が大切であることすら知られていなかった為、始めは腸ケアの有効性について広める為に、ボランティアの様な形で活動をしていた事を思い出します。

私が美腸セラピーを行うことになったキッカケは、腸炎・肺炎・うつ・骨腫など、様々な不調の連鎖で自分自身も苦しめられた経験があるからです

当時は、苦しさから解放されたい一心で、色々な所へ行きました。しかし残念ながら、私の体は改善しないどころか、ときには助けを求めた場所で逆に精神的に追い詰められたり、高い食品を強引に勧められたり、変な団体へ勧誘されたり、弱っていた私には、悪夢のような時期もありました。

もう人生を諦めかけていた時、私が救われたのは伝統医療の重鎮である政岡一男先生との出会いです。そして同先生から「本当の健康」について学び、私は健康を取り戻すことができました。「本当の健康」といっても難しい話ではなく、普段の生活から「食事・運動・精神(心)」の3点に気をつけていれば、人は病気になんて簡単にはならないし、さらに健康を維持・増進できるという内容でした。

簡単に言えば「普段から食べ過ぎに注意して、食事の偏りを見直し、毎日ほどよく運動して、心を出来るだけ穏やかに保つこと」これが重要だというのです。「そんな当たり前なこと」と思うかもしれませんが、いざ実践するとなると、この当たり前がなかなか難しい。しかし、この当たり前が出来てくると、目に見えて体が元気になっていきました。つまり、この「当たり前」を知り、実践していけるかどうかで、これからの人生は大きく変わる、と言えます。

そして、この健康を維持・増進するために重要な3つの要素をまとめたものが「美腸セラピー健康法」です。この美腸セラピーの基本は、何か変わった事をするよりも、普段の生活から如何に健康的な生活をおくるかが重要と考えていますので、当サロンでは健康食品や健康器具等、商品の販売は一切ありません。あくまでも皆さまの健康を取り戻す道しるべ(サポート)となることに徹しております。

また、様々な不調も互いに繋がり合っており、その不調の原因となるのが自律神経バランスで、そこに腸の弱りが深く影響しています。その不調の連鎖で出てきた症状を、ひとつひとつ抑えていくのも良いですが、根本的な部分から不調を解消していきたいなら、本当の意味での腸ケアが必要です。だからこそ、「本気でなんとかしたい」と思ったなら、美腸セラピーへご相談下さい。きっとあなたの助けになれるはずです。

また、身体の不調から、ツラい時期を経験したことがある人は、周りでツラい人がいれば、きっと優しく接することが出来ていると思います。ひとのツラさがわかるからこそ、なんとかしてあげたいと思う。その優しさで、周りの人を少しでも元気にしてあげたいと思ったら、美腸セラピスト養成講座で、本格的な腸ケア法についても学んでみて下さい。

多くの方が、美腸セラピーによって元気を取り戻し、さらに今まで以上の健康的な美しさを手に入れ、毎日を楽しく過ごされることを願っています。

美腸セラピー療法院
NPO法人 健康増進技術協会 理事長
美腸セラピースクール主宰 松下大山


美腸セラピスト 松下大山

名 前
松 下 大 山 DAIZEN MATSUSHITA
誕生日
昭和50年 4月生まれ 牡羊座 (A型)
出身地
大阪府大阪市(使用言語:関西弁)
サロン
平成28年9月より新大阪へ移転しました
協 会
美腸セラピースクール NPO法人 健康増進技術協会 理事長
ブログ
アメーバブログ http://ameblo.jp/dai-style/ 
















●排便トラブル系ブログ記事
記事)下剤の注意点について
記事)腸内フローラ(腸内細菌)
記事)便秘しらずの生活習慣
記事)下剤依存症を卒業しよう
記事)下剤を卒業する流れ
記事)大腸がんを予防したいなら
記事)過敏性腸症候群のお話
記事)過敏性の下痢サポート
記事)便秘を解消したいなら
記事)大腸憩室の原因と予防
記事)ねじれ腸マッサージの注意点
記事)落下腸を持ち上げる
記事)落下腸マッサージの注意点
記事)腸ケアにはバランスが一番大事

●血液汚れ不調系ブログ記事
記事)冷え性の原因を知ろう
記事)夏冷え性は体内温度差が原因
記事)冷え性対策、温める方法
記事)何故お腹が冷たくなるの?
記事)最も健康的な食事の時代
記事)慢性的な低体温で悩む方
記事)慢性頭痛の3大原因とは
記事)痛風の原因が小腸にあった
記事)血液汚れの兆候ベスト5
記事)塩分を控えても血圧が高い
記事)笑うだけでも免疫力アップ

●美容トラブル系ブログ記事
記事)コーヒーはカラダに良い?
記事)非アルコール型肝炎のお話
記事)腸が弱るとシミが出来やすい
記事)プチ断食はカラダに良いの?
記事)小腸絨毛フィルターが汚れる
記事)アトピー性皮膚炎の研究
記事)アレルギーじゃないアトピー
記事)乳児アトピー皮膚バリア問題

●女性ホルモン系ブログ記事
記事)肥満に女性ホルモンが関係
記事)腸が弱ると太れない?
記事)夏太りの原因となる腸内腐敗
記事)腸内環境の意外な役割
記事)コレステロールに食事関係なし
記事)納豆は女性ホルモンにも良い
記事)健康の為に摂った物で不健康
記事)病気になるサプリ危険な食品
記事)夏バテ?と思ったら慢性腎臓病

●心の疲れ不眠系ブログ記事
記事)自閉症にも腸が関係していた
記事)子供の頃の感情が腸に影響する
記事)腸鳴り、腹鳴りの原因と予防
記事)ストレス腸に刺激は禁物
記事)ストレスが原因で腸が弱る
記事)腸が元気だと頭もスッキリ
記事)自律神経の誤作動から不調
記事)過老化、若年性認知症予
記事)心の疲れを腸から癒す
記事)女性のうつと腸の関係
記事)季節性うつの対処方法