「くさや」の由来
「くさや」マメ知識
ようこそ
くさやについて
製品紹介
お店一覧
リンク
 江戸の昔から伊豆の島々では、保存食品として魚を塩でまぶし、更に天日で干す加工方法を行っていました。しかし、当時は塩が貴重品であったことから、この塩を節約するため、同じ塩水に何度も魚を漬けていました。このように何度も何度も使っているうちに、塩水に魚のエキスが加わり、塩汁(くさや汁)が出来たと言われています。
 「くさや」の匂いの原因も、病みつきになる美味しさの秘密も「くさや汁」で決まると言われています。
八丈島の「くさや」は、昔、元祖である新島から「くさや汁」を分けてもらい、くさや加工者が長年かけて繰り返し調合を重ね、今では独自で秘伝の「くさや汁」を完成させ三者三様の美味しさがあります。