[FILAMENT STORYs]

Information

 ここは黒雨みつきが作成しているオリジナル小説のページです。
 いつもご来訪いただきありがとうございます。私の作品で一時でも楽しんでいただければ幸いです。

 当サイトの作品『デビルバスター日記』が書籍としてエンターブレイン様から発売中です。
 全国の書店・インターネット書店などでお買い求めいただけます。

・タイトル:「デビルバスター1 至宝の乙女」(発売中)
      「デビルバスター2 幻影の旋律」(発売中)
・価格:「1,050円(税込)」
・2巻のカバーイラストです(クリックすると大きいサイズの画像や詳細などをご覧になれます)

 その他の詳細については『お知らせ・告知など』をご覧ください。



 お知らせ・告知など 最終更新:2014/1/19 最新記事:『双子兄妹の怠惰な悪魔学園記』についての大事なお知らせ

拍手をいただけるとかなり喜びます。

What's new

■2014/2/1
・事前のお知らせどおり「双子兄妹の悪魔学園記」の当サイトでの公開を終了しました。
 今後は「小説家になろう」様内でのみ更新します。
 その他の作品についてはひとまずこれまでどおり更新します。
■2014/1/19
・「お知らせ・告知など」を更新しました。そこそこ大事なお知らせです。
■2014/1/13
・デビルバスター日記「第14話その1」をアップしました。
■2013/12/31
・デビルバスター日記「第13話その17」をアップしました。
■2013/12/30
・デビルバスター日記「第13話その16」をアップしました。

オリジナル小説

デビルバスター日記 最終更新:2014/1/13

【内容】
“デビルバスター”とは人々の生命を脅かす異界の者――“魔”を退治する力を持つと認定された者たちの称号である。
 この物語は中世に似た異世界を舞台に、『女性アレルギー』という特異体質を持つ少々頼りない青年ティーサイトが、デビルバスターを目指して成長していく姿と、そんな彼の戦いを描いた長編ファンタジーです。

『小説家になろう』様内ページはこちら

双子兄妹の悪魔学園記  ※『小説家になろう』様の該当ページに飛びます

【内容】
 現代っぽい架空世界の高校とその周辺を舞台に、炎を産み出す特殊能力をもった怠惰な突っ込み体質(たまにボケ)の兄“優希”と、天然で人気者の妹“雪”が、友人たちとダラダラ登校したり遊んだり恋愛な青春をしたり、ときおり事件に巻き込まれて戦ったりもする、高校生の日常+異能バトルな学園ファンタジーです。
 以前メルマガで配信していたもののリメイク作品です。旧タイトルは『悪魔養成学園』です。

 『小説家になろう』様内でのみ連載しています。

記憶喪失の大量殺戮者(ジェノサイダー) 最終更新:2012/2/12

【内容】
 魔王のごとき力を持つ史上最悪の大量殺戮者ヴェスタ=ランバート。そんな彼がひょんなことから記憶を失い、あろうことか善人になってしまった!
 お間抜けでちょっとナルシストな『元』大量殺戮者ヴェスタと、そんな彼に付き従う謎の少女ミュウが繰り広げるファンタジーコメディーです。

※『デビルバスター日記』と世界観をある程度共有していますが関連はほとんどありません。
※他作品の息抜きから産まれる副産物のためかなりの気まぐれ更新です。
※タイトルから『デビルバスター日記外伝』を外しました

『小説家になろう』様内ページはこちら

或る小悪党の苦悩 最終更新:2011/9/10(完結済み)

【内容】
 それは金に目が眩んだ愚かな小悪党への天罰なのか――。近代をイメージした架空世界を舞台に、『小悪党』を自認する不健全な男と、不幸な誤解によってともに生活することとなった空回る少女と、そんな彼らを取り巻くやはり小悪党な人々による、ときどきコメディ、だいたいシリアス、おそらくラブな物語です。
※だいたい文庫本一冊分ぐらいの中編小説になります。

『小説家になろう』様内ページはこちら


■リンクバナー

リンクフリーですが、なるべくトップページへのリンクをお願いします。

■黒雨みつきへのメール kuroxx2001@yahoo.co.jp

リンク

※各リンク先は別ウィンドウで開きます

小説家になろう

 小説投稿サイトです。10万作品以上という膨大な数の小説が投稿されていてすべて無料で読めます。
 作品の投稿も管理も非常に楽なので、私もいつもお世話になっております。

飛翔

 ライトノベル作家『安部飛翔』様のブログです。
 アルファポリス様より『シーカー』という作品を出版されているほか、小説家になろう様でもいくつか作品を連載されてますのでご興味のある方は是非訪れてみてください。
 お忙しいのにいつもいつも作品の感想をいただき、ありがとうございます。



(C)1999 黒雨みつき(黒い雨)