お絵かき講座っぽい何やら


この度リクエストを頂いたので、自分の絵を描く過程を記録しました。
まず一回目はSAIの製作過程を載せてみたいと思いますー。
最初と最後の加工の部分でフォトショップも出てきますが、
SAIのみをお使いの人でもSAIで出来る作業です。確か(←


けっこうなしぐゆう要素満載なのでちょっぴり躊躇いましたがもう此処まで来たらあとはノリだノリ!
ぶっちゃけもうSAIは使えない状態なので新しく絵を描こうにも描けんのですよよよ orz



*最初に用意するもの↓*ピンク文字は必須

*紙
*えんぴつと消しゴム
*自分が使いやすいペン
*パソ子
*ペンタブかマウス

*紅茶とお菓子。あと音楽。個人的には超必須なんだけども(どうでもいい

ちなみにこの絵かいてるときはようつべで涼○ハルヒのアニソンばっかきいてました(←
でも映像とか見てたら結構塗りの参考にもなっておススメだったりします。ああ痛い人さこんにゃろー。




*まず線画。
気分によってGペンだったり丸ペンだったりするんですが、夏に両方実家に忘れてきたので今回はハイテックの一番細いやつです。
鉛筆で書いた方がラクなのですが、鉛筆の線画を綺麗にスキャンする技術を持ち合わせていないのでペン入れしてま(泣
線画がかけたらパソ子にスキャナで取り込みます。
明るさとコントラストを調整して線画をなるべく抽出しやすくします。解像度は300くらい。

 

*線の色を変える。
色を塗る前に今回は線の色を変えました。
スクリーンレイヤーで変えたり、選択範囲を取って塗りつぶしたりと色々やり方はあるのですが、
自分は抽出した線画レイヤーの上に新規レイヤーを重ね、線画レイヤーとグループ化して色を変えてます。
この方法だと選択するよりも見やすくておススメ。
↑のようにグループ化した新規レイヤーにペンを走らせるとペンを走らせた部分だけが変色します。


↑それぞれの塗る箇所に応じて線画の色を変えたらこんな感じ。
自分は塗る色よりも少し暗めの色に線の色を変えています。
逆に線を塗る色よりも明るい色にすると透明感があるように仕上がります。
ぷよなんかを描く時には明るい線にするのがおススメかも。




*色塗り。
↑線画のレイヤーを作り終わったらSAIに移動。
まずそれぞれの箇所の下地を塗っていきます。下地が塗り終わったら各部分の下地よりも少し暗い色で影付け。
影は影用のレイヤーを作って付けると下地も保護できて作業がしやすいと思います。でもって付け終わったら結合でぴたっと。
此処までの色塗り作業は全部筆でやってます。
びみょーなグラデは筆圧感知機能がついたペンタブなら筆だけで書き込めます。
マウスの場合は筆で塗った部分をぼかしツールでぼかすと同じ感じに仕上がります。



↑所々水彩でぼかしたり何やらして塗っていきます。
最後にはみ出した部分は消しゴムでごしごし・・・

↑余分なはみ出しを消しゴムで消して目を塗ります。

↑その後フード用のレイヤーを作って塗り、肌に薄い肌色を乗せて水彩でぼかせばユウちゃんは完成です。
フードは筆である程度影を付けたあと、その影を水彩でぼかしてこんな感じにしてます。
スカイブルー系とミントブルー系を水彩で混ぜると覆い焼き効果っぽくみえなくもないかも(笑
服のしわは気分と勘で適当に入れてます。しわわかんねええええええええええ orz



↑でもってシグもユウちゃんと同じ感じで塗っていき、最後に目を塗ります。
目も他の部分同様下地を塗った後に色々追加していきます。



↑まず瞳孔っぽいのをぐりぐりと。
この状態でほったらかすとあやしぐさんになっちまうのでご注意をばw
このまんまだと超こええええwww





↑目にハイライトを入れます。これを入れるととりあえずはあやしぐさん脱出(何
ハイライトは下地の色を選択したあと、下地よりもちょっと明るい色で筆を使って瞳孔のふちをなぞります。
その後、もういちどさらに明るい色でペンサイズを小さくして同じ作業。
でもってそのなぞった2色の色を水彩でなぞり、ぼかしたらこんな感じに↑
わ、わかりにくい日本語で申し訳ないです;


↑右目もこんな感じで塗ってシグっちょも90%完成。
目の光はフォトショで編集作業する時にぽつぽつっと入れました。
その後目のハイライトの入れ方を応用して髪にもハイライトを入れれば100%完成。




←ラムは別に塗って一枚のレイヤーに。

こっからまたフォトショに移動。
ラムは筆一本でべたっとアニメ塗りなので多分説明はいらないと思うので省略。

↑シグとユウちゃんは一枚のレイヤーにまとめて一番手前に。
その次にラムのレイヤーを置き、最後に背景を描けば完成です。
超独学な塗り方ですが、参考になれば幸いで御座いま*´ω`*

ざざっとな説明でしたが、一応こんな状態で塗ってましたSAI(過去形
今後SAIで描くには製品化されないと無理ぽです。うがー






フォトショップの講座っぽいのは2月中旬に載せるつもりでいます。


←閉じて戻る