KUROKI BESPOKE ROOM
オーダースーツ オリジナルシャツ カスタムメイド靴 リフォーム ギャラリー メンテナンス 豆知識 店舗紹介 ブログ リンク集
クリーニング

一日着たスーツは、「ブラッシング」と「2日は休ませること」がポイントです。

ブラッシングは、ホコリや汚れを落とすばかりでなく毛並みが揃うことで生地の艶も保たれます。ハンガーに掛けた状態で、フケのたまりやすい肩や背中、汚れのつきやすい前身や袖口を「上から下へ」を基本に、全体をまんべんなく、そして軽くブラッシングして下さい。(ブラシは、天然の豚毛や馬毛のものが静電気を起さず適しています。)

スーツを休ませるときは、ポケットの中身は全部出し、できるだけ厚みのあるハンガーにかけて下さい。とにかく連日同じスーツを着用しないことが、スーツを長持ちさせるコツです。シワがひどい時には、霧吹き等で適度な水分を与え風通しのよい状態で休ませます。湿気はスーツにはよくないはずですが、あえて水分を与えるのは、スーツの素材であるウールが適度な水分により復元する特性をもっているからです。保管という点では、湿気は避けるべきですが、メンテナンス上はウールに適度な水分を与えることはウールの復元性を促進させる効果的な方法です。

クリーニングは、基本的にはワンシーズンに1回程度で十分です。スーツ素材に使用されるウールは、毛自体に油分を含んでおり、その油のおかげで適度なツヤや光沢をもっているのですが、過度のクリーニングはその油分まで落としてしまいダメージを与えてしまいます。但し、万が一汚してしまいシミ等ができた場合には、すぐにクリーニングに出しましょう。

保管方法

シーズンオフになったスーツを長期保管する場合、まずはクリーニングに出されることをお勧めいたします。そして、クリーニングから戻ってきたスーツは、針金ハンガーにビニールカバーの状態でかえってきますが、必ず専用の厚みのあるハンガーと収納用の通気性のあるスーツカバーに入れかえて収納して下さい。また、衣類につく害虫に備えて防虫剤などの対策も必ず行いましょう。