310.【つ】 『角(つの)を矯(た)めて牛を殺す』
『角を矯めて[=直して]牛を殺す』
少しばかりの欠点を直そうとして、却(かえ)って全体を駄目にする。枝葉の事に関わって、肝心な本体を損(そこ)なうこと。
類:●葉を欠いて根を断つ
出典:玄中記(げんちゅうき) 博物誌。中国六朝時代。東晋の郭璞(かくはく)。・・・調査中。
*********


つづく