移転しました→ http://www.geocities.jp/tomomi965/index2.html

【ひと】〜【ひとのふ】

−−−−−−−ひと(あ)−−−−−−−
・人悪しかれ(ひとあしかれ) 自分ではなく、他人には、不幸がありますように。他人の不幸を願う利己の心。 例:「人悪しかれ、我良かれ」
・一味違う(ひとあじちがう) 他のものとは、趣(おもむき)や性質が、良い意味で違う。他より、微妙に良い。 例:「彼の弁舌は一味違う」
・一汗流す(ひとあせながす)[=掻(か)く] 身体を動かして一頻(しき)り汗を掻く。ちょっとした運動や労働をすること。 例:「テニスをして一汗掻流す」
・一雨ありそう(ひとあめありそう)[=来そう] 1.降雨が近い。2.転じて、何か事件や騒動が起こらずには済みそうもない。悪いことが起こりそうな予感がする。
・一泡吹かせる
(ひとあわふかせる)[=吹かす] 相手の不意を突いて驚き慌てさせる。 例:「いつも踏ん反り返っているあいつらに一泡吹かせてやれ」
・人有る中にも人無し
(ひとあるなかにもひとなし) 人は大勢いるけれども、本当に優れた人物は中々いないものである。
・一息入れる
(ひといきいれる)[=吐(つ)く] 一休みする。休憩する。 例:「切りの良いところで一息入れろよ」
・人至って賢ければ友なし(ひといたってかしこければともなし)[=善なれば内に〜] あまり賢明で理知的過ぎると、他人から敬遠されて、共になって貰えないものだ。 類:●水清ければ魚棲まず 出典:「孔子家語−入官」
・人一倍 
人の倍であること。普通の人以上であること。 例:「人一倍努力する」
・人衆ければ天に勝つ
(ひとおおければてんにかつ)[=盛んなる時は〜] 人がたくさん集まって事を成そうとすれば、一時的に天理にも勝つことができるということ。 出典:「史記−伍子胥伝」
−−−−−−−ひと(か)−−−−−−−
・人が好い
(ひとがいい・よい) 1.人柄が好い。気立て・気質が好い。2.お人好しだ。大人しくて他人に逆らわない人である。愚直だ。
・人が掛かる(ひとがかかる) 人がそちらに向かって差し向けられる。使いの者や追っ手などが差し向けられること。 類:●追っ手が掛かる
・人が変わる(ひとがかわる) 性格や人格が変わる。別人になったように見える。
・人影が射す
(ひとかげがさす) 人の影が物に映るという意味から、その場に人の姿が現れること。 類:●影が射す
・一肩入れる(ひとかたいれる) 援助する。手伝う。助ける。 類:●
一肩脱ぐ一肌脱ぐ片肌脱ぐ 用例:人情・春色恵の花「是非おれが一肩入れてやらうから」
・人が立つ(ひとがたつ) 人がその場所に立っているという意味から、物を見聞きしようとして、人があちこちから集まってくること。
・一方ならず(ひとかたならず) 一通りでない。尋常でない。様々に。 類:●並々でない 用例:源氏−夕顔「ひとかたならず心あわただしくて」
・一肩脱ぐ(ひとかたぬぐ) 一方の肩だけ裸になるという意味で、他人を後押しして力を貸すこと。援助する。助ける。 類:●
一肩入れる一肌脱ぐ片肌脱ぐ
・人必ず自ら侮りて然る後に人これを侮る(ひとかならずみずからあなどりてしかるのちにひとこれをあなどる) 自分で自分を侮るようになると必ず他人から侮られるようになる。人から侮りを受けないためには、先ず自分で自分を重んじなければならないという戒(いまし)め。 出典:「孟子−離婁上」
・一株立てる
(ひとかぶたてる) 財産を作って一家を立てる。身代(しんだい)を立てる。
・人が好い
(ひとがよい・いい) 1.性格が好い。気立てが好く、善良な人である。2.騙(だま)され易い人である。 
反:●人が悪い
・人柄を作る(ひとがら) 品格が良い風を装う。いかにも上品であるように見せ掛ける。
・一皮剥く(ひとかわむく)[=剥(めく)る] 表面を取り除く。上辺の虚飾を取り除く。 例:「一皮剥けば内情は火の車だ」
・一皮剥ける
(ひとかわむける) 1.日焼けなどにより、皮膚が剥ける。2.試練などを経て、一段階上に上る。 例:「留学を終えて、一皮剥けて帰ってきた」
・人が悪い(ひとがわるい) 1.性格が良くない。心根が悪い人である。巫山戯(ふざけ)て他人を騙(だま)したり、皮肉を言ったりするような人である。2.計算高くて、非情な人である。 
反:●人が好い
・人聞きが悪い(ひとぎきがわるい) 他人が聞いてあまり良い印象を持たない。世間の人への体裁が悪い。また、誰かから聞いたその人の考えが正しくない。 類:●外聞が悪い 例:「盗み聞きだなんて、人聞きが悪い」
・一癖も二癖もある
(ひとくせもふたくせもある) 1.癖をたくさん持っているという意味で、普通の人の考え方や行動と大変違っている。常識的に判断できないところがある。2.気を許すことができない性格である。油断ならない性質である。
・一口に言う(ひとくちにいう) 簡単に纏(まと)めて、僅(わず)かな言葉で述べること。手短に掻い摘(つま)んで言うこと。
・一口乗る(ひとくちのる) 全体の一部分に加わるという意味で、儲(もう)け話や、何人かでする仕事に加わること。 例:「条件によっては一口乗っても良い」
・一口物に頬を焼く
(ひとくちものにほおをやく) 一口ばかりの食物で口中に火傷を負うという意味で、ちょっとした事に手出しをして、意外な失敗を招くことの喩え。
・人心地が付く
(ひとごこちがつく) 人間らしい気持ちに戻るという意味で、それまでの異常な状態から平常な気持ちに返ること。緊張から解放されて寛(くつろ)いだ気持ちになる。また、生きているという感じを取り戻したときにも使う。 類:●人心付く●正気に戻る
・人事言えば影が射す(ひとごといえばかげがさす) 人の噂(うわさ)をすると、えてして、丁度その場に当人が現れるものだ。 類:●噂をすれば影が射す
・人事言わば筵敷け
(ひとごといえばむしろしけ) 人の噂(うわさ)をするとその当人が現われるというから、噂をするならば、筵を敷いてその人を座らせる席を用意するつもりでしなさいということ。
・一言多い
(ひとことおおい) 発言や会話の中で、言わずもがなの余分なことを付け加えること。
・人事でない
(ひとごとでない) 他人のことだから自分には関係がないと、暢気(のんき)に構えていてはいけない。やがては我が身にも降り掛かってくることである。
−−−−−−−ひと(さ)−−−−−−−
・一芝居打つ
(ひとしばいうつ) 人を騙したり目的を達成したりするために、計画的に作り事を仕組む。 類:●芝居を打つ
・人知れず
(ひとしれず) 1.人に知られないで。人目に付かないように。密かに。そっと。 例:「人知れず枕を濡らす」 2.思いも拠らず。思い掛けず。 用例:平家−一〇「か様に人しれずかれこれ恥をさらし候も」
・人知れぬ
(ひとしれぬ) 他人には知られていないという意味で、隠そうとしていた訳ではないが、まだ人には気付かれていないこと。
・一筋縄では行かぬ(ひとすじなわではいかぬ) 「一筋縄」は普通の方法という意味で、当り前の遣り方では思う通りにできないこと。癖があって尋常な遣り方では処理できないこと。また、そういう者のこと。 類:●甘い酢では行かぬ●甘口では行かぬ●海千山千酢でも蒟蒻でも
−−−−−−−ひと(た)−−−−−−−
・一溜まりもない(ひとたまりもない) 少しの間も持ち堪(こた)えられない。簡単に打ち崩されてしまう。 例:「台風が直撃したら一溜まりもない」
・一つ穴の狢
(ひとつあなのむじな)[=狸(たぬき)・狐(きつね) 共謀して悪事を企(たくら)む者。また、一見無関係のようで、その実、悪者の仲間である者。 類:●同じ穴の貉
・一つ覚え
(ひとつおぼえ) 唯一つのことだけしか頭になくて融通が利かないこと。また、その人。 例:「馬鹿の一つ覚え」
・一つ事は同じ事
(ひとつととはおなじこと) 一つの事柄は、それをどのように言い替えても変わりはない。言い方は違っても、その事実の示すところは結局同じだということ。
・人っ子一人(ひとっこひとり) 人が一人だけであること。普通、後るに打ち消しの言葉を伴って、誰も居ないことを強めて言う。誰一人。 例:「人っ子一人歩いていない」
・一つ鍋のものを食う(ひとつなべのものをくう) 同じ鍋で食物を煮たり炊(た)いたりして、それを一緒に食べること。生活を共にして、家族同様に非常に親しい間柄になること。 類:●同じ釜の飯を食う●一つ釜の飯を食う●一つ竈(かまど)の飯を食う
・一つなる(ひとつなる) 少しは酒が飲める。かなり酒が飲める。一杯いける。 用例:虎寛本狂言・
包丁聟「聟殿は、一つ成ると見へました」 用例の出典:包丁聟(ほうちょうむこ) 狂言。各流。・・・調査中。
・一粒の麦
(ひとつぶのむぎ) 一粒の麦は地上に落ちて死ななければ一粒のままだけれど、死んで埋められればやがてたくさんの実を結ぶだろうというキリストの言葉。一人が犠牲となることによって、多くの人たちが救われるということの喩え。 出典:「新約聖書−ヨハネ福音書12」
・人でなし(ひとでなし) 人としての道に反する行ないをする者。人情や恩義を弁(わきま)えない者。 類:●人非人人面獣心
・人手に掛かる
(ひとでにかかる) 1.他人の手で殺される。傷を負わされる。2.他人の助けを受ける。他人に養育される。
・人と成る
(ひととなる) 1.人間に生まれてくる。また神などが人の姿を借りてこの世に現れる。2.大人になる。成人する。3.意識が回復する。常態の人となる。常態に返る。蘇生する。
・人と屏風は直ぐには立たず
(ひととびょうぶはすぐにはたたず) 屏風は折らなければ立たないように、人間も意志を曲げて適当に妥協しないと、世の中に立って行けない。正論だけでは世間を渡って行けない。
・人捕る亀は人に捕らえられる
(ひととるかめはひとにとらえられる) 鼈(すっぽん)は人を食おうなどとするから逆に取って食われるのだということ。愚かな者が、他人を害しようとして、却って我が身を滅ぼすことの喩え。 類:●鼈(べつ)人を食わんとして却(かえ)って人に食わる
−−−−−−−ひと(な〜のふ)−−−−−−−
・人並み勝れる
(ひとなみすぐれる) 普通の人よりずっと勝(まさ)っているという意味で、能力・性質・考え方などが、世間一般の程度より数段懸け離れて立派であること。 例:「人並み勝れた腕力」
・人並み外れる(ひとなみはずれる) 一般の人と違っているという意味で、能力や性質や考え方が普通の人と懸け離れていること。 例:「人並み外れた食欲」
・人に遠し(ひとにとおし) 人が住んでいるところから遠く離れていること。人里離れた寂しいところに住んでいること。
・人には添うてみよ馬には乗ってみよ(ひとにはそうてみようまにはのってみよ) 親しく交わってみなければ、その人の本質は良く分からない。何事も実際に働きかけて試してみなければ本当のことが分からない。 類:●人には逢(お)うてみよ馬には乗りてみよ●百貫の鷹も放さねば知れず
・人の秋
(ひとのあき)[=秋風] 「秋」に「飽き」を掛けた言葉。人の交情が疎遠になること。男女関係で、一方が相手に飽きること。
・人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをいくがごとし) 人生の路は遠く長いから、一歩一歩を疎(おろそ)かにせず、努力と忍耐を重ねながら進まなければ歩み通すことはできない。 出典:徳川家康の遺訓の一つ
・人の上
(ひとのうえ) 1.人間の身の上。運命。 用例:浄・
百合若大臣「人の上のよしあしは人相・相生・生れ性」 2.他人の身の上。人事(ひとごと)。 用例の出典:百合若大臣野守鏡(ゆりわかだいじんのもりのかがみ) 浄瑠璃。近松門左衛門。正徳元年(1711)。蒙古征討の帰途、大将の百合若が家来の兄弟の謀計で孤島に置き去りにされ、復讐する話。幸若舞曲などの百合若物を基に、駕籠かきのやつし、有馬の湯女との情話という歌舞伎的な趣向を取り入れて、当世風に脚色。近松門左衛門でござーい!> 参考:百合若大臣(ゆりわかだいじん) 幸若舞の曲名。室町時代成立。嵯峨の帝の時代、左大臣きんみつの子の百合若大臣は蒙古襲来に大将として出陣し海戦で大勝するが、帰途玄海の孤島に家来の別府兄弟の悪計で置去りにされる。のち、その島に漂着した釣り人の舟で帰国し、九州を支配していた別府兄弟を成敗し、更に上洛して日本国の将軍になる。後世、説経節としても語られ、また、近松門左衛門作「百合若大臣野守鏡」などの浄瑠璃にも影響を与えた。「大臣」ともいう。
・人の海
(ひとのうみ) 人がたくさん群がり集まっている様子。 類:●人波
・人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち) 世間が色々と噂をするのも一時のことで、暫(しばら)くすれば世間は忘れられてしまう。 類:●善きも悪しきも七十五日●人の上も百日●
A wonder [Wonders] lasts but [only] nine days.(驚異も九日しか続かない)<「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
・人の親
(ひとのおや) 1.人たるものの親。人倫に則(のっと)った存在としての親。親。 反:●人の子 例:「人の親としての自覚」 2.祖先。祖。3.他人の親。
・人の鑑(ひとのかがみ) 人々の手本、模範。
・人の皮を被る(ひとのかわをかぶる) 上辺の姿形だけが人間であるという意味から、人間とは思えないほど冷酷で残忍な事をする人の形容。人でなしを罵(ののし)って言う言葉。 類:●人面獣心
・人の口にあり(ひとのくちにあり) 広く人々に言い触らされている。世間で噂されている。有名である。
・人の口に戸はたてられぬ
(ひとのくちにとはたてられぬ) 世間の噂や評判は止めることができない。 類:●世間の口には戸を立てられぬ●世の取り沙汰は人に任せよ
・人の子
(ひとのこ) 1.人間として生まれた者。人倫に則(のっと)った者としての人。また、人間を卑小さや弱者と捉(とら)えて指す言葉。 例:「彼も人の子、我が子は可愛いと見える」 2.子たるもの。子供。 反:●人の親 3.他人の子。4.子孫。 用例:万葉−4094「人の子は祖(おや)の名絶たず」 5.他人の愛している人。特に、まだ親掛かりである娘や人妻などを指す。6.主として福音書でイエスが自称したとされている称号。
・人の善悪は針を袋に入れたるが如し
(ひとのぜんあくははりをふくろにいれたるがごとし)[=錐(きり)(ふくろ)を通す] 善人悪人の区別は、どのように取り繕(つくろ)ってみても必ず表に現れるものである。
・人の疝気を頭痛に病む
(ひとのせんきをずつうにやむ) 自分に関係のないことについて、余計な心配をする。 類:●他人の疝気を頭痛に病む
・人の宝を数える
(ひとのたからをかぞえる)[=隣の宝を〜] 自分には何の利益にもならないことの喩え。
・人の振り見て我が振り直せ
(ひとのふりみてわがふりなおせ)[=上見て我が身を思え] 他人の行為の善悪を見て、自分の行為を反省し改めよ。 類:●殷鑑遠からず前車の戒め前車の覆るは後車の戒め
Learn wisdom by faults of others. (他人の愚行によって英知を学びとれ) <「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典
・人の褌で相撲を取る
(ひとのふんどしですもうをとる)[=提灯(ちょうちん)で明りを取る・太刀(たち)で功名する] 他人の物を利用して、自分の事に役立てる。 類:●人の牛蒡(ごぼう)で法事する●人の太刀で功名する●舅(しゅうと)の物で相婿もてなす●貰い物で義理済ます●人の提灯で明かりを取る●
To rob Peter to pay Paul. <「英⇔日」対照・名言ことわざ辞典

<次頁>―・―<HOME>