移転しました→ http://www.geocities.jp/tomomi965/index2.html

【すそ】〜【すも】

−−−−−−−すそ−−−−−−−
・裾を掻く
(すそをかく) 1.相手の油断に乗じて、足を薙(な)ぎ払って倒す。2.転じて、他人を出し抜く。人を裏切る。
・裾を肩に結ぶ
(すそをかたにむすぶ) 裾を肩の辺りまで端折(はしょ)って結び上げた、きびきびした姿。そのような甲斐甲斐しい格好をして、熱心に働く様子の喩え。また、苦労も厭(いと)わずに働くこと。 類:●襷掛け
−−−−−−−すた−−−−−−−
・スタートを切る 競走などで走り始めること。一般に、物事を開始すること。
−−−−−−−すつ−−−−−−−
・頭痛の種(ずつうのたね) 悩んで頭が痛くなる元という意味から、日頃の心配事・悩み事・気苦労などの因って来る源を指す言葉。 例:「不景気が頭痛の種だ」
・すっからかん 空っぽで、何もないこと。何一つ残っていないこと。 類:●空っ穴 例:「財布がすっからかんになった」
・ずっこける 1.腰紐などが弛(ゆる)んでずり落ちそうになる。 用例:洒・
客衆肝照子「金糸のぬいのすれたやつ丸くけをしりのあたりへすっこけてむすび」 2.嵌(は)めを外す。ふざける。 例:「ずっこけた奴だ」 3.的外れなことをする。 例:「あいつはしょっちゅうずっこけたことをする」 4.脱落する。 用例の出典:客衆肝照子(きゃくしゅきもかがみ) 洒落本 。天明6年(1786)。山東京伝。役者の身振り、台詞(せりふ)を絵本仕立てにした「役者氷面鏡」のパロディで、吉原ゆかりの人間の類型を表現している。江戸時代の戯作黄表紙
・擦った揉んだ
(すったもんだ) 互いに意見などが合わなくて揉(も)める。ごたつく。 例:「擦った揉んだの挙句(あげく)中止になった」
・すってんてん 
所有していた金や物などがすっかりなくなるさま。無一文または無一物になるさま。「賭けに負けてすってんてんになった」
・素っ頓狂
(すっとんきょう) 突然、調子っ外れな声を出したり、奇抜な言動をしたりする。また、その人。 例:「素頓狂な声を上げる」 
★(「すっ」は接頭語)<国語大辞典(小)>
・すっぽかす 1.約束や仕事など、義務を果たさないで、放っておく。 例:「待ち合わせをすっぽかす」 2.物を投げ出す。 ★「すっ」は接頭語。「素っ放かす」とも書く<大辞林(三)>
−−−−−−−すて−−−−−−−
・素敵滅法
(すてきめっぽう) 素敵を強めていう言葉。ここでの「素敵」は、程度が甚だしいことの意味。 類:●滅法●度外れた 「素敵」の用例:滑・浮世風呂−前「すてきに可愛がるから能(いい)」
・捨て子は世に出る
(すてごよにでる) 親に捨てられた子は、苦労して育つから逞(たくま)しくなり、成功する人が多い。
・酢で割いて飲む
(さでさいてのむ) 1.魚を割いて酢漬けにして飲むように食べるということで、容易なこと。安易なこと。2.一々欠点を挙げ立てること。 用例:浄・
卯月の潤色−中「めをとの衆が此の今を酢で割いて飲むやうに、言ひたいがいに言ひこめて」 用例の出典:卯月の潤色(うづきのいろあげ) 浄瑠璃。心中物。近松門左衛門。宝永4年(1707)。「卯月紅葉」の後編になる後追い心中を描いたもの。おかめと心中を図り、助かった与兵衛は、その後に出家。1周忌が近付き、おかめの亡霊と出会った後、書置きを残して剃刀で死ぬ。
・捨て台詞(すてぜりふ) 1.歌舞伎の舞台で、役者が脚本に書いてないことをその場その場に応じて言い捨てる短い台詞。主として、登場、退場のときに言う。 類:●捨て言葉 2.人前を立ち去る時、返事を求めるつもりもなく言う言葉。または、挨拶(あいさつ)。 類:●捨て言葉 3.別れ際に、相手を脅したり、蔑(さげす)んだりする気持ちでいう悪意ある言葉。 例:「弱虫の捨て台詞は決まって『覚えてやがれ』だ」
・捨てたものではない
(すてたものではない) まだまだ有望である。まだまだ見限ったものではない。良い所もない訳でもない。
・素手の孫左
(すでのまござ)[=孫左衛門(まござえもん)・五六三(ごろさ) 何も持っていないことを強めていう。また、何も持っていない人。 類:●無一物
・酢でも蒟蒻でも
(すでもこんにゃくでも)[=酒塩(さかしお)でも] 下に「いけない」など打消しの語を伴って用いる。一筋縄ではいかない。手に負えない。 類:●どうもこうも●煮ても焼いても一筋縄ではいかない
・捨てる神あれば拾う神あり(すてるかみあればひろうかみあり)[=引き上げる〜・助ける〜] 世間は広いから様々な人がいて、一方で見捨てられても、他方では助けてくれる人が出てくるものだ。誰かから見限られたからといって、くよくよすることはないということ。
・捨てる子も軒の下(すてるこものきのした) 止むに止まれず捨て子をするときでも、雨露を凌(しの)げる軒下を選ぶのがせめてもの親心である。自分の子供に対する親の愛情が非常に深いことの喩え。
・素手を引く
(すでをひく) 何も得るところがない。徒労(とろう)に終わる。
・素手を振る(すでをふる) 何も持たない。何もしない。じっとしている。
−−−−−−−すな−−−−−−−
・砂にする(すなにする) 1.無駄にする。役に立たなくする。代金、借金などを只にする。 用例:浄・
曾根崎心中「二貫目といふ銀(かね)をまんまと砂にしてのけた」 2.誤魔化して取る。騙(だま)し取る。 用例:浄・出世握虎稚物語−三「先も見へぬぬか悦び、結構ごかしで金六両、砂にせふとはあべかこう」 用例の出典@:曾根崎心中(そねさきしんじゅう) 浄瑠璃世話物。1段(3場)。近松門左衛門。元禄16年(1703)5月大坂竹本座初演。同年4月、北の新地天満屋の遊女お初と、醤油屋平野屋の手代徳兵衛とが、曾根崎天神の森で心中した事件を脚色したもの。お初徳兵衛。「この世の名残、夜も名残〜」の名道行文で有名。大当たりして、竹本座の経営を立て直した。 用例に出典A:出世握虎稚物語(しゅっせやっこおさなものがたり) 浄瑠璃。享保10年(1725)。竹田出雲。4巻。秀吉の幼少期の出世物語。
・砂の底から玉が出る
(すなのそこからたまがでる)[=中から〜] ごくありふれてつまらないものの中から、貴重なものが現れる。たくさんのつまらないものの中に、とても貴重なものが隠れている。
・砂を噛ます
(すなをかます) 相撲で、相手を土俵の上に投げ倒す。
・砂を噛むよう
(すなをかむよう) 砂を噛んだように味がないということで、物の味わいがない。無味乾燥で興味が湧かない。
・砂を掴む
(すなをつかむ) 1.相撲で勝負に負ける。2.取るに足りないことをする。
−−−−−−−すに−−−−−−−
・図に当たる
(ずにあたる) 計略が思い通りに運ぶ。計画や予想の通りに物事が進行する。望みが実現する。 類:●思う壺に嵌まる
・酢につけ粉につけ
(すにつけこにつけ)[=当て粉に当て] 何かにつけて。折りに触れて。
・図に乗る(ずにのる) 自分の思うように事が運ぶので、いい気になって付け上がる。調子に乗る。 類:●付け上がる 
★(「ず」は「頭」を当てることも多い)<国語大辞典(小)>
・酢にも味噌にも
(すにもみそにも)[=粉(こ)にも・塩にも・蛸(たこ)にも] 何事につけても。どんなことにも。あれやこれやと。
−−−−−−−すね−−−−−−−
・脛が流れる(すねがながれる) 脛が弱っていて、踏み堪(こた)えることができない。足元がふらついて、しっかりしない。
・脛から火を取る(すねからひをとる)[=より火を出す] 火を点(つ)ける燧(ひうち)石のような道具もないくらい、貧窮している。貧困が甚(はなは)だしいことの喩え。
・脛に疵持つ
(すねにきずもつ) 隠している悪事がある。自分の身に後ろ暗いことがある。疚(やま)しいことがある。 類:●脛疵(すねきず)●足に疵持つ
・臑脛の延びた奴(すねはぎののびたやつ) 下肢が延びた男という意味で、背丈ばかり高くて、役に立たない男を罵
(ののし)る言葉。 類:●独活の大木
・脛を齧る
(すねをかじる) 自分で独立して生活することができないで、親または他人に養って貰う。主に、経済面で自立できないことを言う。 類:●親の脛を齧る●親の脛齧り
・脛を拾う(すねをひろう) 足を使わずに済むという意味で、行かずに済んで助かること。
−−−−−−−すの−−−−−−−
・酢の蒟蒻の(すのこんにゃくの)[=粉(こ)の] なんのかのと。あれやこれや。 
★(「四の五の」を言いかえた語か)<国語大辞典(小)>
−−−−−−−すふ−−−−−−−
・図太い
(ずぶとい) 1.少しのことではびくびくしない。大胆である。 用例:人情・
明烏後正夢−初「此方(こなた)は、面には似ねえ図太い人だの」 2.周りの反応など気にせずに平然としている。大変横着(おうちゃく)である。 例:「図太い女」 類:●野太い図々しい ★近世以降の語<大辞林(三)> 用例の出典:明烏後正夢(あけがらすのちのまさゆめ) 人情本。文政2年(1819)。為永春水・滝亭鯉丈。明和6年(1769)に公儀役人の息子・伊藤伊之助と吉原の花魁(おいらん)・三芳野が心中 した事件を元に作られた。
−−−−−−−すへ−−−−−−−
・須くは
(すべからくは) 当然なすべき方法としては。 用例:
法華義疏長保四年点−一「故に須(すべからくハ)両の義双べて弁すべし」 ★須らくは「すべくあらく(すべきであることの意)」の約。<大辞林(三)> 用例の出典:法華義疏(ほっけぎしょ) 6世紀初頭〜半ば。聖徳太子。4巻。現存する日本最古の本「三経義疏(法華義疏、勝鬘経義疏、維摩経義疏)」の一つ。
・滑った転んだ
(すべったころんだ) 滑ったの転んだのとどうでもいい事を詮議するという意味から、くだらない事を騒ぎ立てて、つべこべ言うこと。 類:●滑ったの転んだの●なんだかんだ
−−−−−−−すほ−−−−−−−
・図星を指す(ずぼしをさす) 相手の急所を突く。そのことをぴたりと言い当てる。 例:「図星を指されてどぎまぎする」 
参考:図星(ずぼし) 的の中心の黒点のこと。
・ずぼら なすべきことをしなかったり疎(おろそ)かにして、だらしないこと。行動や態度に締まりがないこと。 類:●放縦●ずべら
−−−−−−−すま−−−−−−−
・すまじきものは宮仕え
(すまじきものはみやづかえ) するべきでないことは宮仕えであるという意味。城で仕えるということは、何かと気苦労が多く辛いものだから、できる限りするものではない。会社や官庁などに勤めるものではないということ。
・素股が切れ上がる
(すまたがきれあがる) すらっと背が高いさまをいうたとえ。 用例:浮・本朝二十不孝−1「すまた切れあがりて大男」 類:●小股が切れ上がる
・住まば都
(すまばみやこ) 同じ住むのなら、鄙(ひな)びたところより都が良いということ。
−−−−−−−すみ−−−−−−−
・隅一(すみいち) 野球で、一回に一点入れただけでその後、点が入らないこと。
・住み浮かる(すみうかる) 一定の住所に落ち着かないで、余所へ浮かれ出る。 用例:
山家集−中「縁なくなりてすみうかれにける古郷へ帰りゐける」 用例の出典:山家集(さんかしゅう) 平安末期の私家集。西行(さいぎょう)の詠歌を収める。四季・恋・雑に部類され、歌数は流布本で約1600首、異本で約600首ある。
・隅から隅まで
(すみからすみまで) 一方の隅から他方の隅まで。ある範囲内の全てに亘(わた)って。 例:「隅から隅まで、ずず、ずいーっと」
・墨と雪
(すみとゆき) 性質がまったく反対なもの。 類:●氷と炭水と油●白と黒
・隅に置けない
(すみにおけない) 1.思いの外に知識・才能・技量があって、油断できない。案外に世間を知っていて侮(あなど)れない。2.抜け目がない。
・墨に染まれば黒くなる(すみにそまればくろくなる) 人は環境や交わる友によって良くも悪くもなることのたとえ。 類:●朱に交われば赤くなる 出典:「太子少傳箴」 「近墨必緇、近朱必赤」
・墨の衣
(すみのころも) 墨染めの衣。黒色の僧衣。または、鼠色の喪服(もふく)。 類:●墨染
・墨の袂
(すみのたもと) 墨染めのころも。また、その袂(たもと)。
・墨は餓鬼に磨らせ、筆は鬼に持たせよ
(すみはがきにすらせ、ふではおににもたせよ) 墨を摺るときにはなるべく柔らかくし、筆を使うときには力を込めて勢い良く書くのが良いということ。
・墨を磨るは病夫の如くし、筆を把るは壮士の如くす
(すみをするはびょうふのごとくし、ふでをとるはそうしのごとくす) 墨を摺(す)るときにはできるだけ力を入れないで摺り、筆で書くときは勢い良く力強く書くべきだ、ということ。 類:●
墨は餓鬼に磨らせ筆は鬼に持たせよ 
−−−−−−−すめ−−−−−−−
・住めば都
(すめばみやこ) どんな寂しい田舎や不便な所でも、住み慣れれば住み良くなって、離れ難いものだということ。 類:●地獄も住処
−−−−−−−すも−−−−−−−
・相撲に勝って勝負に負ける
(すもうにかってしょうぶにまける) 相撲の取り口は十分に相手を圧倒しておきながら、勝敗では負けること。転じて、良い経過を辿(たど)っておきながら結果で失敗すること。
・相撲にならない
(すもうにならない) 優劣の差が大き過ぎて、勝負にならない。
・相撲も立つ方
(すもうもたつかた) 自分が見物する側から出た相撲取りに勝たせたいと思うのが人情であるということ。少しでも関係のある方を贔屓(ひいき)すること。 類:●相撲(すまい)も立つ方●相撲は我が方●弓も引き方

<次頁>―・―<HOME>