旧信越本線跡 あぷとの道

 横川〜軽井沢 方面  

 

丸山変電所と横川駅の中間地点 長い直線   丸山変電所跡                        

 

丸山信号所跡

 

横川駅から丸山変電所・信号所跡までは予想以上に長い直線でした。

この日は日差しの強い真夏日で命にかかわるくらい暑かったです・・・。

もしこれから歩いてみようと言う方は、できるだけ夏は避けて秋口に出かけた方が

賢明です。ほんと半端じゃないです。日陰もないし・・・・。ちなみに変電所を過ぎて

軽井沢方面に進むと「峠の湯」という温泉施設があります。近年この施設と鉄道文化

村の間を結ぶトロッコ列車が運営されるそうです。写真のように線路は片側が残されており

丸山信号所の前には列車のホームを建設中でした。

 

第1トンネル・横川側入り口            第1トンネル内部  ウチの父です↓         

  

第2トンネル・横川側入り口            ↑内部は整備されていて電気がついてます。    

 第2トンネル入り口付近の引き込み線らしき跡    第2トンネルを抜けると左に碓氷湖が広がります。 

当時の物らしきレールが3〜4本放置してあります。  トレードマークの赤い橋です。    

  

第3トンネルから第4、第5トンネルを写した所

直線区間に3本のトンネルが連続であります。

第5トンネル・横川側入り口です。(第4は撮るの忘れました。)ここを抜けると第3橋梁めがね橋です!!

   

第3橋梁めがね橋の上               めがね橋から下を走る旧国道18号を撮影                                   

 

めがね橋から見た新線(廃線)の鉄橋      第6トンネル入り口 ここから先は進入禁止です。

 

                               ↑頼まれたって絶対入りたくない!!

                            実は私はトンネルが大の苦手!!特にこのような 

                            レンガのヤツは想像しただけでも背筋が凍る・・・

                            今回は決死の潜入でした。多分一人じゃ入れない(汗&涙) 

第3橋梁の上にあるキロポストです。

 

下の旧18号から見ためがね橋          角度をかえてみました。

 

 

めがね橋の上までは横川駅から歩いて約5キロでした。一見余裕で歩けそうな距離ですが、

登りの勾配がかなり急なのでけっこうしんどいです。

 

 

       おまけ

青梅鉄道公園にて撮影したものです。アプトの写真なので、おまけで

このページに掲載します。

昔、蒸気機関車の時代はトンネルの入り口に「幕引き」と呼ばれる人たちが泊り込みで待機し、

機関車がトンネルに入ると大きなカーテン状の幕を引きトンネル内に煙が充満するのを防いで

いたそうです。(煙が出口の方に流れるようにする為。)それ以前は、トンネル内に充満する強烈な

煙で機関士が気を失うこともあったそうです。

 

                    戻る