建設業許可 経営事項審査 経審 宮城 仙台 の 行政書士 福島和洋 法務事務所!

行政書士 福島和洋のサイト建設業許可 経審.jp建設業新規申請、決算変更、経審から入札参加資格登録まで完全サポート!
電話:0229-63-2053/FAX:0229-63-2153


宮城県内の建設業許可申請や経審おまかせください!


こんにちは、行政書士の福島和洋です。
 当事務所では、法人、個人を問わずに、宮城県内全域の建設業許可、経審(経営事項審査)等の手続代行を専門としております。
 建設業許可の取得や公共工事への参加をお考えの方など「初めての手続で、何をどうしていいか分からない」とお悩みの方へ、新規の許可取得から経審、入札参加資格登録まで分かりやすい説明と、親切、丁寧なサポートを心がけております。この機会に是非ご利用下さい。



宮城県内の建設業許可申請や経審おまかせください!

 建設業許可の取得をお考えのみなさま、建設業者は1件の請負代金が税込みで500万円を超える工事(建築一式工事においては税込みで1500万円を超える工事又は、請負代金の額に関わらず木造住宅で延べ面積が150uを超える工事(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上の居住の用に供すること)を請け負う場合には、それぞれの業種の建設業の許可が必要となります。
 つまり、ある程度以上の工事を請け負い、売上げを拡大するためには、建設業の許可は不可欠であるといえます。
下請をメインとされている場合でも許可がないとこれらの工事を受注することができないため、大きなチャンスロスにつながりかねません。
 また、建設業許可の取得は、経審(経営事項審査)を受審し、入札参加資格登録を経て公共工事の受注するなど、あらたなビジネスチャンスに進出するためのパスポートとなります。

建設業の許可、経審、入札参加資格登録などについて疑問、質問をお話し下さい。
無料相談の予約を受付中です。

お電話でのお申し込み・お問い合せはこちら
0229−63−2053(受付時間 10:00〜18:00)

 メールでのお申し込み・お問い合せはこちら
 無料メール相談は、場合によっては3〜5日程度お返事に時間がかかる場合がございます。ご了承下さい。

毎月1回、仙台市内等にて無料相談を開催中!日程・場所等はこちら
親切・丁寧な対応をお約束致します!

宮城県内の建設業許可申請や経審おまかせください!

 当事務所をご利用いただくお客様へたくさんのメリットを用意しておりますので、是非、この機会にご利用ください。また、右端にございますメニューの「知らないと損する!?」のページはお役立ち情報が満載ですので、是非、一度、ご覧ください。

1,適切な取得許可業種をお勧めします
 建設業許可の取得手続をご説明させていただく前にご説明させていただいていることなのですが、お客様が行っている工事によっては、複数の許可業種があった方がよいケースや、取ろうとイメージされている業種とは異なる業種の許可を取得した方がよいケースが実は多々あります。後で、適切なものに修正しようとすると、よけいな費用がかかるだけでなく、最悪、許可を取得することにより受けようと考えていた工事が受けられないなどの不利益を被ることさえあり得ます。当事務所では、事前にお客様の状況を考え、よりメリットの大きい許可業種の取得をお勧めします。

2,安心・納得の部分払い・成功報酬制
 「せっかく依頼したのに許可が取れなかった」、「許可が取れなかったのに書類の作成料が結構かかった」等、よく聞く話です。許認可というものの性質上、許可が取れないというリスクは残念ながらゼロにはできません。また、申請する段階まで申請書を作ったということは、各書類の収集やそのチェック、申請書の作成等膨大な時間がかかっているため、ある程度の料金が発生することはやむを得ないことだとも思います。しかし、依頼した側から見れば何か釈然としないものが残ってしまうことも事実でしょう。当事務所ではこのジレンマを解決するため、依頼する側、依頼される側双方の視点に立ち、新規許可申請等を代行する場合には成功報酬制を導入致しました。この結果、新規許可申請等で許可が取得できなかった場合、申請代行手数料はいただきません。お返しするのではなく、許可取得後に成功報酬としていただきます。お客様には許可取得のために必要な書類をチェックする分の手数料のみを負担していただきます。また、経審などをご依頼の場合には、その手順ごとに報酬をいただく部分払い制(決算変更届の作成〜入札参加資格登録申請までのどれか1つの手続きだけでもご依頼が可能)を導入致しました(※詳しくは報酬額表をご参照ください)。これらのシステムの導入により、お客様におかれましては、ご自分のご予算等により、どこまでを代行させるかをフレキシブルに選択することができるだけでなく、その負担する許認可等の金銭的リスクを最小限にすることができます。そしてこちらとしても、安心して業務を遂行できるだけでなく、常に高いモチベーションを保ちながら業務を行うことが可能になると確信しております。

3,許可取得後の手続までしっかり説明
 建設業の許可を取得すると、実に様々な手続等が必要になります。毎年の決算変更、5年に1度の更新はもとより、要件を満たした契約書の作成・保存義務など、建設業法上定められた義務をうっかり忘れていると後で大変なことになりかねませんので、当事務所では、許可取得後に必要になってくる義務・手続等に関し、しっかりお客様にご説明致します。

4,経審を受ける方には点数をシミュレーション
 経審についての手続をご依頼くださったお客様には、点数を事前にシミュレーションするとともに、どのようにしたら点数が上がるかを無料でアドバイス致します。

5,無料法務相談サービス
 当事務所をご利用いただくと、無料で法務に関する相談を受けられます。
 例えば、以下の様な質問が無料になります。
・お客さんや取引先がお金を払ってくれない。内容証明郵便を送ろうと思うのだが、どのように書いたらよいのですか?
・新しい事業を始めようと思います。必要な手続や、許認可を教えてください。
・今度このような工事を行います。必要な手続を教えてください。
・リスクに備え、契約書にどのような文言が必要でしょうか。

6,信頼のおける専門家を無料でご紹介します
 節税をしたい、会計記帳・税務申告の委託先を探している、社会保険の手続や、各種助成金の申込をしたい、不動産や役員変更等の登記がしたい。など、お客様のご要望により、税理士や司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士などの各種専門士業から、不動産業、産業廃棄物処理業、おいしいお米屋さんまで無料でご紹介致します。

7,時間と労力の大幅な節約になります
 いざ、建設業の許可を取得しようとして資料を買い込み、十分な専門知識がないのに許可申請手続きをしようとすると、証明書類を揃えるだけで大量の時間を割かれたり、記載ミスなどのために何度も(私にご依頼いただいたお客様の中には最初自分でやろうとして二十数回窓口に足を運んだが、うまくいかなかったという方がいらっしゃいました)役所に行くハメになったりと大幅な時間と労力がかかってしまいます。また、苦労してせっかく許可が取得できたとしても最も適切な業種で許可が取得できていないため、後で業種を追加しなければならなかった。なんてことにもなりかねません。
建設業許可の取得や経審等の手続はみなさんが思っているよりはるかに大変な作業です。許可手続は専門家に任せて、お客様は事業経営に専念してください。

 その他、建設業の許可・経営事項審査にかかわらず、分からないことは何でもご相談下さい。万全のアフターフォローに努めます。



建設業許可 経審.jp 行政書士福島和洋のサイト
Copyright(C)2009 Kazuhiro.Fukushima All Rights Reserved


HOME 事務所方針 プロフィール よくある質問 報酬額表 厳選リンク集