家庭菜園

ベランダ家庭菜園で作りやすい作物

1庭や菜園を持っていなくても、ベランダ家庭菜園で簡単な野菜などを作って楽しむことが可能です。向いている作物としては、短期間で成長して収穫できるタイプの物がオススメで、手入れも簡単です。二十日大根などが一般的ですが、レタスなどの葉物野菜を植えて、小さいうちにサラダなどで食べる方法も良いでしょう。ベビーリーフミックスなどの名前で、数種類の種をブレンドしたものが売られており、これを利用するといろいろな葉物を使った新鮮サラダを簡単に作ることができます。サラダ系野菜意外では、料理のアクセントとしてのハーブを植えるのがお得。生ハーブは香りが良く、乾燥物とは全く違った美味しさがありますが、スーパーなどで購入すると価格も高く、量も少なくなってしまいがちです。家庭菜園で栽培すればふんだんに使うことができ、一段と料理の味を引き立ててくれること間違いなしです。洋風のハーブだけでなく、ネギなどを植えておくとすぐに使うことができて便利ですし、切らす心配がなくなるのでその点でも向いている作物です。プランターや植木鉢など、容量の限られている場所でも、工夫次第でいろいろな野菜を作ることができるので、是非挑戦してみて下さい。

冬の家庭菜園に最適な野菜

家庭菜園は災害の多く、野菜の価格が変化しやすいので、家庭菜園はひとつのステータスです。私は大体毎年同じ場所に同じ野菜を植えます。

 

春にキュウリ、トマト、ゴーヤなど夏野菜を植えます。

 

秋には冬の野菜を植えます。

主にほうれん草、春菊、ネギ、水菜、いんげん豆などです。

 

しかし、都会に住んでいた頃、ほうれん草のたねをまき、間引きもしないまま放置したところ、葉っぱが育たずに茎がにょっと長いへんな野菜になってしまいました。

 

冬に植える家庭菜園向けの野菜は葉ものが多い為、育て方やタイミングを間違えると簡単に育つ野菜も育たなくなってしまいます。

 

あと、昔知らない事でしたが、水遣りのタイミングも家庭菜園では非常に大切になってきます。

 

夏は夕方、冬は朝やるのが常識となっています。理由は夏は朝にやると日中土の中で水がたぎり、野菜をダメにしてしまいます。

 

逆に冬に夕方あげてしまうと、土中で水が凍りつき、野菜を痛めてしまいます。

 

基本は庭の土に植えますが、一番ポピュラーなのはプランターに植える手軽さです。ゴーヤやキュウリなどはプランターだと実が育ちにくいですが、冬の葉ものの野菜はプランターで十分。プランターの方が寒い冬は管理もしやすいのでオススメです。

http://b.hatena.ne.jp/nobman/bookmark

元気いっぱい家庭菜園

私の家では、祖父の代から家庭菜園を続けています。そのため、昔から食卓には家で採れた野菜が沢山並んでいました。

 

枝豆、キュウリ、ナスビ、トマト、大根、ジャガイモ、サツマイモ、キャベツ、白菜、オクラ、ブロッコリーなど、他にもたくさん野菜が取れて、まるで家が八百屋のようでした。

 

自分の家族だけでは消費しきれないので、ご近所さんに配り歩く毎日でした。

 

しかし、数年前、父が亡くなったことにより、うちの菜園は随分寂しい状況になりました。お店に出荷するものではないので、そんなに完璧に栽培する必要はないとは言え、やはり食べられるに至るまでは、それなりのノウハウや知識、労力が必要です。

 

そういったものが残された私たちには全くなかったので、一時期はこの家庭菜園をやめてしまおうかとも思いました。

 

しかし、もう何十年と続けてきたものだからと言うことで、簡単な野菜から手を付けていくことにしました。

 

父が亡くなってからの再スタートは、サツマイモの栽培からでした。5株を植えて、特に色々世話をしたわけではないのですが、結果的にとても立派なサツマイモをたくさん収穫することができました。

 

次に植えてみたのがキュウリなのですが、これも見る見るうちに育ちまして、あまりにたくさん採れましたので、ご近所さんにもお裾分けできました。

 

そうこうしているうちに、我が家の家庭菜園では、再び色んな野菜が採れるようになり、家族も元気になっていきました。また、土に触れること、野菜に触れることは、心の落ち着かせるというか、体に力を満たす効果があるのではないかと思っています。

 

これからも自分にもみんなにも元気を与えられるよう、家庭菜園を続けていきたいと思います。

家庭菜園のススメ

休日ののんびり過ごす、働く人であればそんな事は当たり前のような感じですが休日が長いと意外に退屈してしまいます。

 

 

 

働いている人、働いていない人、定年を迎えた人それぞれ環境に違いはありますがプライベートの空いた時間も活力ある時間にしたいものです。

 

 

 

そんな時に家庭菜園というのは、最適ではないでしょうか?

 

外部からのノルマがある訳でなく、自分のペースで行えそれなりの成果もみられます。

 

小さな努力が報われるという、本当に小さな幸せなのかもしれませんが自分が家庭菜園にて作った野菜などを食べる時は当然ですが、他にはない格別の味だと思います。

 

 

 

一見家庭菜園というのは難しいと思われがちですが、行う規模や何を育てるかによっても大変さが変わってきます。

 

 

 

まずは小さな一歩から・・・そんな気持ちで始めてみるのも良いかもしれません。

 

日常の忙しさによっては、数日間放置なんて事もあるかもしれませんから、多少なりとも放置に強い物を選ぶと良いでしょう。

 

低金利キャッシング比較ランキング※銀行系vs消費者金融系※ http://キャッシング.main.jp/

 

 

 

技術や知識は少しずつという風に捉え、まずは定期的のお世話をする事、そしてそれを楽しむ事が先決となります。

 

 

 

家庭菜園をする事により、心身共にリフレッシュし日々の生活を充実した楽しい毎日にしていきましょう。