エクセル2000のイースターエッグ…の巻

 以前は月に何冊もパソコンの雑誌を買っていましたが、この頃ではほとんど買わなくなっていました。しかし、「Windows攻略10年の歴史」という特集記事に惹かれて、久しぶりに「Windows Start」という雑誌を買いました。くまぷーはウィンドウズ95の再インストールを繰り返すうちにパソコンにはまってしまったので「Windows攻略10年の歴史」というタイトルに当時を懐かしく思い出してしまったからです。

 本当にウインドウズ95はすぐに調子の悪くなってしまうOSでしょっちゅうトラブルに見舞われていました。だからそのトラブルを克服するためにいろいろ調べたりする苦労(楽しみ)があったのでついいろいろと本を買ったりしてしまったものです。

 もちろん、そのようなことをしているうちにWindowsに関する知識も増えて、ふだんお世話になっている同僚のトラブルを解決して感謝されたりということもありました。そういう意味でくまぷーにとってウィンドウズ95は非常に面白いOSだったわけです。

 ところがウィンドウズXPになってから、ほとんどトラブルフリーになり、今使っているエプソンのパソコンも2003年2月の購入時のままです。一度もXPの再インストールなどしていません。ですから雑誌を買う必要がなくなってしまったのです。

 さて、その久しぶりに買った「Windows Start」にマイクロソフトのイースターエッグの記事がありました。たしかにマイクロソフトの製品の中にはイースターエッグと呼ばれる隠し機能を持つものがありました。

 エクセル97のへんな3Dワールドやワード97のピンボールなど。遊んでみてあまりおもしろいものではありませんでしが遊び心があって好きでした。今ではどういう手順でそのイースターエッグを呼び出すのかは忘れてしまいましたが…。

 記事の中にエクセル2000のイースターエッグについての小さな記事がありました。くまぷーはエクセル2000のイースターエッグはぜんぜん知りませんでした。雑誌には「機関銃をクルマを操作するバイオレンスレース」と書いてあるのでさっそく試してみました。

イースターエッグを呼び出す手順

1.エクセル起動する。
2.何もしないで「WEBページとして保存」
3.「選択範囲シート」を選び「対話機能を追加する」をチエック
4.保存したHTMLファイルをインターネットエクスプローラーのウインドウにドラッグ&ドロップ。

5.シートの2000、セルWCを選択
6.「Ctrl」「Alt」「Shift」を押しながら左上のマイクロソフトのロゴをクリック。


 操作の仕方は「Windows Start」には書いていなかったがいろいろやってみたら次の通り。
クルマの動作 キー
加速 上矢印
左矢印
右矢印
ブレーキ 下矢印
機関銃 Ctrl + スペース
オイルをまく Ctrl + O
ヘッドライトのON/OFF Ctrl + H
ゲーム終了 ESC

 雑誌によるとオフィス2000」以降はイースターエッグはなくなってしまったそうな。なんだか淋しい。