熊野皇大神社-由緒と祭事

kuma0001.png

024.jpg

HOME > 由緒と祭事

由緒

ご 祭 神
神社に伝えられている由緒記また、古事記 日本書紀によると、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が碓氷嶺に登った際、急に濃霧で進めなくなった。そのとき一羽の八咫烏(ヤタガラス)が現れ、紀州熊野の梛木(ナギ)の葉をくわえ、落としながら先導し、それについて行き山頂まで登ることが出来た。日本武尊は碓氷峠の山頂から遠くの海を眺め、相模灘で荒波を静める為に海中に身を投じた最愛の妻、弟橘姫(オトタチバナナヒメ)を偲び「吾嬬者耶(アヅマハヤ)」「ああ、いとしき我が妻よ」と三嘆したと伝えられている。この事から、この山を「長く悲しんだ山」と言うようになり、それがにごり長倉山になり 軽井沢では、[長倉]の地名が多い。また日本武尊にちなんだ地名として[霧積][吾妻][嬬恋]もある。日本武尊はこの八咫烏の導きを熊野神霊の御加護によると考え、ここに熊野三社を祀った。人皇十二代景行天皇の御代に勧請した。

祭神
本宮(両県に鎮座)
伊邪那美命(イザナミノミコト)
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
新宮(上州鎮座)
速玉男命(ハヤタマオノミコト)
那智宮(信州鎮座)
事解男命(コトサカオノミコト)
年間祭事
1月1日
元旦祭
1月6日
御田遊の神事
5月15日
祈念祭
7月15日
祇園祭
10月15日
例祭
6月・12月
大祓

sign04.pngsign04.png
sign05.pngsign05.png
sign06.pngsign06.png
sign07.pngsign07.png
sign08.pngsign08.png
sign09.pngsign09.png
sign10.pngsign10.png
sign12.pngsign12.png
sign13.pngsign13.png
sign14.pngsign14.png
sign15.pngsign15.png
sign16.pngsign16.png
sign17.pngsign17.png
sign18.pngsign18.png
sign19.pngsign19.png
sign20.pngsign20.png