熊本県漢詩連盟

   Eメール  keisen.takako.hayashi@gmail.com  keisen.takako.hayashi@docomo.ne.jp  (@を全角文字で表示してあります)


ようこそ熊本県漢詩連盟のホームページへ


TOPページ


会長挨拶


設立総会 NEW


会報


会則


フォトギャラリー


漱石記念漢詩大会


会員の活動状況

熊本県漢詩連盟について


 熊本県漢詩連盟は、熊本県における漢詩の啓蒙・普及・発展に資するために、平成27年7月12日に設立された漢詩連盟です。

そもそも、わが熊本の地肥後には、天下にその名を轟かした藩校時習館があり、そこで幾多の漢詩文の学者と実作者を生み出し てきました。幕末には頼山陽もやって来て、阿蘇と天草などの漢詩を残しました。地元出身では、政治思想家として、 江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の政治顧問の一助を務めた横井小楠(平四郎)も多くの漢詩を残しています。そのほか、 明治になってからも、熊本の漢詩人として有名な人に、兼坂止水(諄次郎)、行徳拙軒(文卿)、竹添井々(進一郎)、 津田楳溪(静一)、佐々克堂(友房)、徳富蘇峰(猪一郎)、落合東郭(為誠)、古城坦堂(貞吉)、狩野君山(直喜) 、宇野哲人ら、多士済々です。

 これまで漢詩を作ってこられた方、漢詩が好きな方、これから漢詩を作ってみようと思われる方、老若男女一堂に会し、 切磋琢磨し、相互友好を温めるなど、漢詩の普及・発展に寄与するように設立されたものです。