現代語訳
仏説父母恩重経

仏説父母恩重経


『一切の善男子・善女人よ、父に慈恩あり、母に悲恩あり。
そのわけは、人がこの世に生まれるには、その人が前世につんだ善悪の行為を直接原因とし、
父と母を間接原因として生まれるからである。
父にあらざれば生まれず、母にあらざれば育たず。

それは、いのちの気を父の胤(たね)に受け、母の胎内で育てられるのである。

この深い因縁があればこそ、悲母がわが子を思うこと、
世間で比べられるものはなく、
その恩は胎児が生まれる以前にも及ぶのである。



母は、受胎して十月(とつき)のあいだ、
日常の、歩く、坐る、寝るなど生活すべてに苦痛を受ける。
その苦痛はつねにやむことがなく、好きな食物や衣服を得ても楽しむこともなく、
ただ一心に、無事に出産することを祈るのみである。

 月日がすぎ、出産の時には、陣痛の嵐が吹き、身体の骨節(ほねぶし)がことごとく痛み、
汗と油がともに流れて、その苦しみは堪えがたいものである。

父も、心身おののきおそれ、母と子の無事を祈る。
親族その他の者も、皆ことごとく無事を祈るのである。

そして、子は産まれれば、父母(ちちはは)の喜びの限りなきことは、
貧女(ひんによ)が高価な宝物、如意宝珠(にょいほうじゅ)を得たような喜びである。

子が声を発すれば、母も自分がこの世に生まれたかのように喜ぶのである。



その後には、母のふところを寝処(ねどこ)とし、母のひざを遊び場とし、
母の乳を食物とし、母の情け(なさけ)をいのちとする。
お腹がすいた時も、母がいなければ食べず、のどが渇(かわ)いた時も、
母がいなければ飲まず。
寒き時に衣服を着るも、母がいなければ着ず、
暑い時に衣服を脱ぐも、母がいなければ脱がず。

母はお腹をすかしていても、自分の食物を子に与え、
母は寒さ厳しい時も、自分の着ものを子に着せる。
まことに母にあらざれば養われず、母にあらざれば育てられないのである。

揺り籠(ゆりかご)から離れるころは十指の爪に残るわが子の不浄物を食らう。

人が母親からもらう乳の量は、なんと180石にもなる。
(1石=180?、180石=32400?、ドラム缶162本分)

父母(ちちはは)の恩、重きこと、天の極まりなきがごとし。

母が、働きに出かけ、ある時は水を汲み、火を炊き、臼(うす)つき、
臼ひき、いろいろ仕事をしながらも、まだ家に帰る時間でないのに、
いまごろわが子は家で泣き叫び、母を恋い慕(した)っていると思うと、
胸さわぎ、心おどろき、両乳ながれ出でて、
しのび耐えることも出来なくなってしまうのである。



仕事を終えて家に帰れば、赤子は帰る母を見つけ、ゆりかごで頭(こうべ)を動かし、
はらばいして近づき、空泣きして母に向かうのである。
母は子のために足を早め、身をまげ長く両手をさしだし、子供の塵土(ちりつち)をはらい、
わが口を子の口につけつつ、乳房を出して子にふくませる。
そのとき母は子を見てよろこび、子は母を見てよろこぶのである。
母子(ははこ)はひとつにとけあって、恩愛(おんない)のあまねきこと
これにすぐるものはないのである。




二歳、母のふところを離れ、自分で歩けるようになる。

父によらざれば火が身を焼くことを知らず。母によらざれば刃物が指を切り落すことを知らず。

 三歳、乳を離れて、初めて食べる。父にあらざれば、毒で命をおとすことを知らず、
母にあらざれば薬が病いをなおすことを知らず。

父母が隣家に招かれて、美味しい食物をごちそうになるとき、自分で食べるは忍びがたく
懐(ふところ)に入れて持ち帰り、子を呼んでそれを与える。

十回のうちに九度(くたび)頂いても、残りの一度お土産(みやげ)のなき時は、
子はだだをこねて泣きじゃくり、父を責め、母にせまる。

やや成長して、子は友だちとまじわり遊ぶときには。
父は着物や帯(おぴ)を買い求め、母は髪をくしけずり、もとどりをなでて。

自分のきれいな着物はみな子に与え着せ、
自分は古くてやぶれた服を身にまとう。



やがて妻を求めて結婚すれば、父母(ちちはは)を疎遠(そえん)にして近よらず
、息子夫妻は部屋で共に語らい共に楽しむ。また兄弟には、怨(うら)み憎(にく)みきらう。

ところが妻の親族が、家に訪れ来るときは、座敷に通して歓待(かんたい)する。

 父と母は年をとり、気も力も衰えて、頼りとするのはただ息子夫婦のみである。

ところが頼みの息子夫婦は、朝から夜まで、一度も話しかけてこない。

父は母に先だたれ、母は父に先だたれて、一人寂しく部屋でくらす、
そのさまは、旅人が、孤独に一人で宿に泊まるようなもの、
常に恩愛の情はなく、談笑の楽しみもない。

夜半になると部屋が冷え身体のやすむことがなく、
蚤(のみ)や軋(しらみ)に悩まされ、明け方まで眠れない。

いくたびか寝返りしつつ、つらさのあまり、おのずとひとりごとが出る。

 「ああ私は前世に、どんな罪を犯したのだろう、このような不孝な子を持つとは」



何か用事があって息子を呼べば、目を怒らして怒りののしる。
嫁も子もこれを見て共にののしり共にはずかしめ、頭たれて笑いを含む。
嫁もまた不孝、子もまた不順。 夫婦和合して五逆罪をつくる。

十回のうち九度(たび)は素直に応ぜず、嫁ともども怒りののしり親に言う。
  『老いぼれて世に残るよりは、早く死んだ方がましだよ』と

父母はこれを聞いて胸ふさがり、瞼(まぶた)に涙があふれて、
目がくらみ、心まどい、悲しみ叫んで言う。

 『ああ、おまえが幼少の時、私たちがいなければ養育されず、
成長することはなかったであろう。
それなのに成人となり、親にこのような言葉をはくとは、
ああなさけない、おまえを産んだのはまちがいであった』

もし人の子として、父母に対しこのようななげきを言わせることがあるならば、
その子は、その言葉と共に地獄・餓鬼・畜生の世界に堕ち、
一切の仏や金剛天、五神通を備えた仙人でも、救いあげることはできないであろう。

それというのも、父と母の恩の重きこと、天に極まりがないほど大きいからである。





善男子・善女人よ、父母(ちちはは)に十種の恩徳(おんとく)がある。

第一懐胎守護(かいたいしゅご)の恩
・・・懐妊中、母はお腹の子を思い、身も心もくだいてお守りくださる恩である。

第二臨産受苦(りんさんじゅく)の恩
・・母は子の出産の時、陣痛の苦しみに耐え忍び、我が子をお守りくださる恩である。

第三生子忘憂(しょうしぼういう)の恩
・・出産し赤子の顔を見るときは心身の苦しみを忘れ、お喜びくださる恩である。

第四乳哺養育(にゅうほよういく)の恩
・・・自らの血液、180石もの母乳を与え、養育してくださる恩である。

第五廻乾就湿(えけんじゅしつ)の恩
・・・・母は汚れた所に寝て、乾いた所へ我が子を寝かせてくださる恩である。

第六洗濯不浄(せんかんふじょう)の恩
・・子が排泄(はいせつ)した不浄物を、洗い浄めてくださる恩である。

第七嚥苦吐甘(えんくとかん)の恩
・・・・・自らはまずい食物を口にして、子にはおいしい食物をくださる恩である。

第八為道悪業(いぞうあくごう)の恩
・・・・・子供に代って、地獄におちても子の幸せを念じてくださる恩である。

第九遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩
・・親を離れて子が旅をするとき、我が子の無事を念じてくださる恩。

第十究竟憐愍(くぎょうれんみん)の恩
・・・父母は我が身に代えて子を守り、死んだ後もお守りくださる恩である。

善男子・善女人よ、父母の恩、重きこと天に極まりがないほど広大なものである。』



亡き父母への孝養と供養の意味


父母が生きておられるうちに,父母孝養の大切さに気づけた人は幸いです。
しかし、すでに親が他界した後、気づく場合が多いでしょう。

それでは亡き父母にどう孝行したらよいのでしょうか。

親が死ぬ時に一番心を残すのは,子どものことです。
それも,体の弱い子どもほど,将来を心配して亡くなるのです。

息を引き取る最も苦しいせつない状態にあっても,わが子を案じ、
霊界に行っても父母の魂はわが子を見守り続けているのです。

ですから、子孫がご先祖の霊に対し真心のご供養をし,父母やご先祖の心を受け止め、
善行を積むようになったら,どんなに喜ぶか計り知れません。

正しいことをしているなら,その本人を,陰で見守っている父母やご先祖がおられるのです。

その父母やご先祖に感謝し、少しでも喜んでいただこうと善行に励み、その功徳をご先祖に回向する。
そこに信仰の意義があり、人間が生まれ変わってしまう程の不思議な功徳力が生まれるのです。

また,生前に苦しみ亡くなったご先祖がおられても、その方に功徳を回向するとしたら,
どんなに喜ばれるか知れません。
そして、私たちを守護してくださるようになるのです。
これこそが、亡き父母への最高の孝養になるのです。

 

供養の意味

 
供養には,〈利供養〉〈敬供養〉〈行供養〉の三種があります。

〈利供養〉は香・華・飲食をたてまつる供養,
〈敬供蕃〉は仏さまを敬い,賛歎する供養,
〈行供養〉は仏の教えを受持し実行する,人さまを幸せに導く菩薩行。これが最高の供養とされています。

しかし,〈利供養〉〈敬供養〉も大切なことであって,たんなる形式と思ってはなりません。
ほんとうに帰依と感謝の念が起これば,それは必ず行ないに現われるもので,行ないに現われない感謝は,まだほんものとはいえないのです。

われわれが,ご宝前に,お水やお茶やお花などをあげるのは〈利供養〉で,読経するのは〈敬供養〉にあたります。
 
『日蓮聖人ご遺文』

孝養に三種あり,
衣食(えじき)を施すを、下品(げぽん)とし,
父母の意に違(たが)わざるを中品(ちゅうぼん)とし,
功徳を回向するを、上品(じょうぼん)とす。
存生(ぞんしょう)の父母にだに、尚(なお)功徳を回向するを、上品とす。
いわんや亡き親に、於てをや。
         
 『十王讃嘆鈔』



法華経と申すは、手に取ればその手やがて仏になり、
口に唱うればその口すなわち仏なり。
たとえば天月(てんげつ)の東の山の端(は)に出づれば、
その時、即(すなわ)ち水に、影の浮かぶがごとく、
音とひびきとの同時なるがごとし。 
      
『上野尼御前御返事』

法華経という教えは、手に取ればその手が仏となり、
口に唱えればその口が仏になるという教えである。

たとえば東の山の端に月が現れたら、水面にはその姿が映るが如く、
音と響きが同時に生まれるようなものである。という意味

私たちが手を合わせ目の前の物事を有難いと受け止められたときは、

自身が仏であり、宇宙の真理(本仏釈尊)の不可思議な生かす力

仏の大慈悲と一体となる
。という教えです。