四国お遍路

第1番 霊山寺 大山寺案内
石柱近く
大日寺にて
屈強おじちゃんと
恩山寺からの道 善人宿
橋本さん
城満寺にて
桂浜・坂本竜馬像 伊与木さん一家 四万十川 大岐浜
あしずりにて
野宿のご夫婦
四万十川の
仙人さん
堂山大師堂 45番 岩屋寺 61番 
香園寺ビル
第88番
大窪寺にて

2001年2月、3月の通信記録とお遍路リンク集へ

紀子のお遍路日記

2001年2月15日 西鹿児島駅〜宮崎駅〜宮崎港〜大阪南港
西鹿児島駅に皆で見送りに行く。とりあえずフェリーで大阪へ行って、明日四国上陸の予定。現在、大阪行きのフェリーの中です。鹿大山岳部さつま芋焼酎普及委員会(現在会員1名)より焼酎の差し入れがあった。四国にも芋焼酎を広く普及させてください。
2月16日 大阪南港〜和歌山〜徳島 @霊山寺〜D地蔵寺〜森本屋
もう5番目まで廻りました。四国の寺はいいですね、寺好きにはたまりませんよ。(←本人のコメント) 寺好きってなんだ?老けた趣味持っているなあと思いつつ、でもそんなのもおもしろいかもと思った。初日は、トシオと違って明るそうな声だったのでなんだか安心した。もっと四国88ヵ所巡りについて研究しなければならない。(←M.N.コメント)

2月17日 森本屋〜E安楽寺〜J藤井寺
(何度電話しても出ないので不思議に思っていたら、携帯のメールが届いた。)
すいません!おじさんと飲みに行ってました。今日は30キロほど歩いて11番までいきましたよ。天気がよくて歩きやすかったです。明日が山越えの難所ですが、三穂野さん級のおじさんと一緒に行くことになりました。左膝の後ろがすごく痛いです。なんなのでしょうか?でも、今夜おごってもらってウキャウキャ。お経もたたきこまれそうです。携帯がうきまくりの世界なのでこっそりメールいただけるとうれしいです。おやすみなさい。
(おじさま達に可愛がられているご様子。全国に紀子ファンクラブができそうですな。)

2月18日 J藤井寺〜K焼山寺〜神山町つじ荘
3つの山越えをしました。雪が積もっていて、靴がスニーカーなので大変でした。こんなに深い雪の中を歩くのも初めてなのに今日のコースは四国88箇所のうち一番の難所といわれる道のりです。でも、昨日のコンクリート道よりは足にやさしくて山岳部員としては楽にいけましたよ。しかも昨日の屈強おじちゃんと二人で話しながらだったので。雪の中の焼山寺にておじちゃんと初めてお経を上げて、ラーメンを二人でつつきました。今夜も一緒のお宿です。足の裏に豆が6個できました。しかも特大。一歩一歩に激痛がはしり、涙がでそうです。

2月19日 つじ荘〜L大日寺〜名西旅館
今日、17kmを歩き、13番目のお寺まで参りました。足にマメができまくり針の上を歩いているような激痛があるので、昼で打ち切り、お経の練習をしていました。美穂野級おじちゃんとは大日寺でお別れでした。本日より普通の旅人の格好から白装束を買って着替えました。通りがかりの人にお布施をいただいた。(とうとう紀子は解脱してしまったか…。)

2月20日 名西旅館〜Q恩山寺〜ちとせや旅館
19番の寺までいきました。今日は30キロ歩きました。一日に寺は1〜2個くらいがいいです。なぜなら、お参りが一つに30分ぐらいかかるから。白装束着てると、声をかけてくれるひとが急に多くなり、お接待で千円くれた方もいます。こりゃ、ちゃんとお経もとなえないかんと思うことでした。O観音寺での88歳のおじいちゃんの言葉。「若い人は自分の健康な体のおかげで生きていると思いがちだけど、おてんとうさまの恵みを忘れちゃ駄目だよ。人間、仏様に頼らなきゃ、やっていけないこともあるんだよ。」

2月21日 ちとせや旅館〜21大龍寺〜坂口屋
21番を過ぎて4キロほどの所までいきました。徳島第二の難所で山越えでしたが、アスファルトからすると歩きやすいことこのうえなし。小雨の降る中の深山幽谷一人歩きは気持ちがいいです。でも、少しおじちゃんが恋しい。昨日はお接待でみかんをたくさんいただきました。徳島みかんもかなりおいしいですよ。足のまめはつぶれて固くなってきたので、だいぶあるきやすいです。左膝はあいかわらず激痛で階段が地獄。杖ついて一段ずつ下りていると、じさまに笑われました。悔しい。

2月22日 坂口屋〜23薬王寺〜善人宿橋本屋 
山深い道から田んぼがひらけてきたところで、朝日にパア−っと照らされて、今朝は最高な気分でした。月夜というところで道をきくと、髪が紫色のおばちゃんがお昼に食べなさいとちらしずしをもたせてくださいました。すっきり晴れた青空のもとピクニック気分のお昼を食べて、ずーーーっと歩いて記憶も飛びそうになったところで薬王寺。善人宿の橋本さんはバスを改造して誰でも無料で泊まらせて頂けます。夜もすごいご馳走をたべさせてくださいました。

2月23日 橋本屋〜鯖大師〜城満寺
 昨日の橋本さんが禅寺の城満寺を紹介してくださり、今夜はお世話になることになりました。途中でまた美穂野級おじちゃんと再会し、お昼をまたまたご馳走になって海部駅でお別れ。すっかりお遍路さんスタイルの私に「女の人がきれいに見えるのは、遠目・夜目・笠の内というけど、ほんとだねえ」と。どういうこと?海部駅から迷い迷って日が暮れて、城満寺につくとすてきな住職様が迎えてくださいました。ほったて小屋の五右衛門風呂!本当に質素な生活をされていて、村の人たちから尊敬の的となっているお姿は神々しいかぎりでした。広いお堂にお弟子さんと二人で寝ました。

2月24日 城満寺〜まるたや
 今朝は5時から一時間、ご住職とお弟子さんとの座禅に参加させていただきました。軽い気持ちでさせてもらうと、正座だとばかり思っていた座禅がとんでもなく苦しい姿勢で、気を失いかけました。ろうそくだけが燈った本堂で、外はしとしと雨が降っていて、私は足の痛みしか考えられなくて…。永遠のような一時間の後、読経があったのですが、ほっとしたのと感動とがごっちゃになって涙がぽろぽろこぼれました。この瞬間、世界で一番安全な穏かな空間に導かれたような気がしました。すばらしい経験だったと思います。

2月25日 まるたや〜24最御崎寺
 今日32キロ歩いて、室戸岬につきましたよ。風は強かったですけど天気がいいので、海は最高にきれい!!今日はあんまり人に会えなくて、一人きりでさみしかったです。昨日頂いたぽんかん6個をひたすら食べていました。今夜は24番寺のYHに泊まっています。すごく快適。

2月26日 24最御崎寺〜26金剛頂寺〜ホワード
 今日は20キロも歩けなくて26番過ぎて七キロぐらいのとこまでです。昨日泊まっていけと言ってくれた人がいたんですけど、あんまり古ぼけた服のあやしいおじさんだったので、断ったんですよ。その人と今日あっちゃったので、家に寄ったら、なんと修行中の坊様でした。二時間ぐらい話して、いろいろ人生について教えてもらいました。おにぎりまでもたせてくださって、疑っていたことを後悔後悔。その人に、もっとゆっくりいきなさい諭されたので、ペースをおとそうかと思います。先を急ぎたくなりがちなので、これも修行かもしれません。そう思って休憩を長くとったり、ゆっくり歩いてみると、また話しかけてもらえたりしてなかなかいいです。びわの袋かけが、花みたいにきれいでした。

2月27日 ホワード〜27神峰寺
 快晴の朝!あまりにもきれいな海をみながら、幸せな気持ちで歩きました。こんなに穏かな朝にも母は私のことを心配してくれているのだろうな。ありがたいな。今日は神峰寺まで。山の上にあるこのお寺は庭園が美しいことで有名です。景色もすばらしくて、夕日をのんびりとみることができました。今夜はお寺の通夜堂に泊めていただけました。童顔の娘一人にびっくりされましたが、お寺の奥様がとても親切な方で土佐ブンタンをたくさんお接待してくださりました。通夜堂もとっても快適でもったいないくらいでした。

2月28日 27神峰寺〜住吉
 今日は28キロ歩いて夜須というところにいます。初めての大雨。トラックは水をおもいっきりとばすし、宣伝カーはガンガン鳴らすしで、うるさーい!!と叫んでたら、工事現場のあんちゃんがうまいもんでもたべーって千円渡してくださいました。ああ、申し訳ない。もっと心を広くして、ちょっとやそっとの雨・騒音に負けないようにします。「恋するにわとり」をひたすら歌って歩いたら、すごく元気回復。明日は晴れますように。

3月1日 住吉〜30善楽寺〜サンピア高知
 今日は30番の善楽寺をすぎて3キロいったところまで行きました。天気がなんとかもったので、快調にいけました。今朝、登校中の小学一年生三人組と、学校まで一緒の歩きました。「なにしとるがー?なんであるいとるがー?自転車でいけば?」まったく素直なご意見はオッシャルトオリ!!鹿児島を知らなかったので、いろいろ説明したけど、わかったかどうか怪しいです。なんか楽しい時間でした。高知市は桜が咲いていますよ。

3月2日 サンピア高知〜33雪渓寺
今日は33番までいきました。あまり天気がいいから、今日は観光しながらのんびり行きました。竹庭寺の有名な庭園は見るのに400円もとられた!けど、なかなか見応えあり。坂本竜馬の銅像で知られる桂浜にも寄り道しました。めちゃくちゃきれいな浜で、竜馬さんとも写真がとれて満足。しかし、若いカップルがいっぱいいるなかの遍路の姿の娘一人はかなりさびしかったです。

3月3日 33雪渓寺〜36青竜寺〜汐浜荘
36番まで行きました。次のお寺まで55キロあるので、二日かけていきます。今日は車に乗っていかんね、と声をかけてくれた人が四人もいました。断らんといけないのが、ひたすらつらい。土佐市にはいって、今まで以上に人がいいのにびっくりです。この環境にどっぷりつかっていたら、感覚がおかしくなってしまいそう。静岡のチャリダー三人組に会って、久々に若い人としゃべれましたよ。

3月4日 汐浜荘〜岩不動〜民宿ひかり
明日は岩本寺につけそうです。今日は風が強くて大変でした。岩不動という番外のお寺でちょうど住職さんにあったので、法話をほかの人たちに混ぜてもらってききました。霊魂のことをきかれたので私が、「霊魂はないと思います。」と答えると、もっと勉強してから来なさいと言われてしまいました。歩きながら考えてみたけど、全然わからんです。私は心のろうそくを自分で消してしまっているらしいです。今夜とまった民宿のおばあちゃんは、素泊まりの私にお芋をふかしてくださって、二人で食べてくれました。久々に一人でないご飯を食べられました。

3月5日 民宿ひかり〜37岩本寺〜伊与木さん宅
37番まで行きました。一昨日の出来事。「車に乗ってくね?」、「すみません。ずっと歩いているので」「なら、岩本寺に着いた日泊まりなさい」ということで、伊与木さんのお宅に泊めていただきました。おばあちゃんと息子さんとお姉さんとワンちゃんと、焼肉や珍しいのをたくさんごちそうになりました。最高においしくて、たのしかったです。こんないい思いして、いいのかなぁー。ふかふかのあったかーい布団で、ホロヨイ気分で熟睡させていただきました。ありがとうございました。今朝は大雪。雪ぶかい山道をいくとおばあちゃんが手作りの巾着をくださいましたよ。

3月6日 伊与木さん宅〜ビッグマリーン
 大方町という所にいます。足摺は明後日つく予定です。今朝、お弁当とお餞別までいただいて出発しました。お接待でいただいた食べ物なんかは、おなかのなかですぐ消化できますが、それに込められた気持ちに対して私は何ができるでしょうか?いろんな人があんまり親切にしてくださるので、逆に悩んでしまいます・・・。昨日は大雪。今日は快晴17度。このくるくるした天気にはふりまわされるー!!
 
3月7日 ビッグマリーン〜四万十川〜土佐清水 安宿
足摺まで28キロです!今日は強風。黄砂がすごかったです。久々に歩き遍路さんとしばらく一緒に歩きました。おじちゃん。おだやかーな観音様みたいな方で、話していて落ち着きました。瞬く間に置いていかれたけど。おじちゃんたち、歩くの早すぎ。あっ、今日四万十川を渡りましたよ。でっかい、きれい!もっと上流の方にいけたらいいんですけど。しおやんはもう鹿児島かなぁ?そう考えたら、すごくホームシックにおちいりそうです。

3月8日 安宿〜38金剛福寺〜あしずりYH
足摺岬につきました!おまいりして付近を観光したあとで、雪がふりだしています。ギリギリセーフ。しかし、この時期外れの天気は何だ?今日のビッグニュースは、ミホノさん級おじさんとの再再会です。なんか運命を感じてしまいますよ。もう、父さんと呼んでしまいそうな親しみが生まれました。3月にはいって、大学生チャリダーが多くなりましたが、仲間同士で楽しそうでうらやましいです。私はおじちゃん、おばちゃんとひたすらしゃべる毎日。若いエキスの補給が必要です。 

3月9日 あしずり〜安宿
足摺からは打ち戻りで一昨日の所まで戻ってきたところです。このほうが次に近いので。今朝は四国にはいって三回目の積雪でした。もう唖然。観音様おじちゃんに会いましたが、足を痛めて断念されるそうです。ここんとこの寒さもあってか、トラブルにあうお遍路さん続出らしいですよ。私のアスファルト対応の新型両足に感謝感謝。明日は39番までいくつもりです。高知最後のお寺です!

3月10日 安宿〜39延光寺〜へんくつや
延光寺までいきました。今朝は冷え込んで何もかも凍っていたので、氷を割りながら歩きました。たのしい。お昼にパンを食べていたら、近所の方がイノシシ肉をたいたものを持ってきてくださってえらいおいしかったです。高知も今日で終わり。明日から菩提の愛媛に入ります。元気にやっていますが、トイレが異常に近くなったのと静電気の異常発生に苦しんでいます。体中に電気をためこんでいるのか、バチバチするんですよ。私が馬なら絶対死んでます。    
3月11日 へんくつや〜40観自在寺〜磯や
愛媛にはいりました!40番の観自在寺までいきましたよ。今日はあったかくて歩きやすい日でした。菅笠が完全に壊れてしまって、帽子を買おうかなぁって思案していた今日この頃。不思議なことに山の中のお地蔵様の前に、新品の菅笠が置いてありました。菅笠だけ!ポツンと!これは私にもっていけといわんばかりだったので、しっかりかぶってきてしまいました。落とし主が現れたら、もちろん返しますけど。すでに非常な愛着がわいているので、現れてほしくないなぁ。 

3月12日 磯屋〜津島町 三好
津島町というところまでいきました。41番には明日つきます。明日は宇和島市を通りますよ。かなり大きな町みたいです。今日は大部分が山道だったんですけど、一人の山歩きはやっぱり怖いですね。イノシシがとびだしてくるんじゃないかとビクビクしました。私の一日前と一日後には歩き遍路がけっこういるらしいんですけど、私は全くの一人が続いてます。独り言が増えていそうな自分がイヤです。あーあ、誰かこーい。

3月13日 津島〜41竜光寺〜宇和島 金龍荘
41番までいきました。阿波で般若心経を知り、土佐で覚えたので、伊予では意味を理解しようと思います。今日はおだやかな気持ちで歩けました。いつもこうなら悟りも近いんでしょうけどね。雨が降れば雨を、風がふけば風を、道を間違えたら道標を恨んじゃいます。悟りの愛媛にはほど遠い自分が歩いてますよ。明日は一日遍路をおやすみします。どうしてもみたい景色と会いたい仙人がいますので、西土佐村にいってきます!

3月14日 宇和島〜江川崎〜口屋内〜いなり
今日は約一カ月ぶりに遍路から離れました。41番近くの駅から電車に乗って、江川崎でおりて自転車を借りて四万十川沿いに下ること一時間半。四万十川の仙人を訪ねていきました。テレビで特集をくんでいたおじいさんなんですが、知ってますか?ほんとに仙人みたいな方なんですよ。トントン拍子に会えることになり、今日訪ねたんです。テレビのままの本当に素敵な方で夢みたいな時間を過ごしてきましたよ。四万十川も満喫して、いい休息日でした。明日はまた41番から歩きます。さぁ!がんばるぞー!

3月15日 いなり〜43明石寺〜大洲 寿
43番をうって、20キロほどいった所までいきました。一日ずれたからか、急に歩き遍路さんにたくさん会って、60才のおばちゃんと四時間くらい一緒に歩きました。ペースが落ちるかな、と思っていたらとんでもなくて危うく置いていかれそうな早さでした。おばちゃんは区切り打ちで43番がすんだら帰ってしまわれたんですが、今日はそれから何人にも会いましたよ。今年は遍路が多いらしいです。しかし元気な人の多いこと!20才・山岳部の肩書が泣いてますな。

3月16日 大洲〜堂山大師堂
32キロほど歩いて小田町まで行きました。大江健三郎の故郷、大瀬を通りました。きれいな川と森の間の小さな村です。古びた商店街が素敵で、散策してみたい路地がたくさんありました。愛媛はほんとにひかれる町並が多くて、退屈しません。今夜は大師堂の通夜堂に泊まらせていただいています。弘法大師の像とふたりきりですが、不思議とさびしくも怖くもないです。明日の予報は雨。一番いやなのが大雨。次が風。小雨なら全然かまいません。あんまりひどく降りませんように。

3月17日 堂山大師堂〜44大宝寺〜笛ヶ滝
44番までいきました。今日は雨も風もさんざんでした。本当は45番まで行くつもりだったんですが、こりゃひどいと思って切り上げた途端にやみましたよ。タイミングの悪い日はとことん悪くて、道は間違えるは泊まるつもりの所からどこも断られるは本当にくたびれました。それでもやっぱり道の間違いを走ってきて教えてくださる方、宿さがしを最後まで心配して手伝ってくれる方が必ず現れるのが不思議です。かなり予定が狂ってしまって地図とにらめっこしてるところに、家から電話があって、父の転勤のために帰ってくるように言われてしまいました。 

3月18日 笛ヶ滝〜45岩屋寺〜46浄瑠璃寺〜長珍屋
46番までいきました。通し打ちをあきらめなきゃいけない事態になって一晩なきました。今朝歩いていても、突然ゴールを失った気がして魂が抜けた感じでした。そしてたどり着いた45番岩屋寺。一目みて圧倒されて、「これは帰れない。」と思いました。家族には本当に申し訳ないんですが、このまま鹿児島に帰っても私は何も手につかない確信があります。四月三日までには必ず帰るようペースをあげるので、遍路を続けさせていただきます。

3月19日 長珍屋〜53円明寺〜みやもと
53番をすませて、北条市までいきました。ごたごたしたあとだけに歩けること自体
が幸せで、ルンルンいきましたよ。加えて最高の天気!歩き遍路のおじちゃんたちをつかまえては一緒に歩いて、楽しかったです。願わくばもう40歳ほど若い方が現れてほしいですけど。今日は香川さんの故郷、松山。道後温泉・御幸寺山・通学路しっかり見てきました。なんだか香川さんっぽい人がたくさんいて、熱く語られました。新興宗教の勧誘でした。スミマセン、今私は外見・中身とも完全に仏教に染まっています。

3月20日 みやもと〜55南光坊〜松里
55番までいきました。遍照院でおばあちゃんの一言。「遍路道は人生と同じ。アスファルトの平坦な道ばかりはつかれるの。山道で峠を超えなきゃいけなかったりするから、楽しいんだよ。何事もいい方へ考えなさい。」納得!今日は尼さんと(若い方二人と少しお年をめした方の三人。托鉢をしながらのお遍路さんです。)歩いて話をうかがったり、テントウ虫がとんできてひっついて離れなかったり、それはすばらしい一日でした。菜の花もきれいですよ。へんろ道は今、春満開です。

3月21日 松里〜59国分寺〜丹原 栄屋
59番を打って、丹原町までいきました。暑いぐらいの天気です。今朝、三日間着かず離れずだったおじちゃんが、お別れに俳句を贈ってくださいました。「菜の海や娘へんろの春舞台」もったいないぐらい素敵な句です。私ぐらいの遍路はやっぱり少なくて珍しいので、ここまで来ると誰からも「すごい、えらい」を連発されます。私も愛想よく受け答えするもんですから、過大評価されっぱなしです。その時は気分よくなっても、やっぱり外見だけだということは自分が一番知っているんですよね。すごく周りをだましている気分です。

3月22日 丹原〜64前神寺〜西条
64番を打って五キロ進みました。60番は石鎚山の中腹にあるので、登山気分でのぼれました。61番まで下って下って着いたお寺はなんと近代的ビル!寺好きの夢を砕かれて一気に脱力。やっぱりお寺は木造であって欲しいですね。もういいやと思いながらグテーっと次のお寺へ行きました。すると63番で若いかっこいいお坊様が「一人?歩き?」と聞いて下さり、お菓子をくださった上に納経代まで受け取られませんでした。ハイ、寺好き復活!こんなお坊様は本当に珍しいです。なんだか仏様の掌でもてあそばれている気分になりました。西条で偶然会ったおばさまが、歩き遍路さんはお大師さまに思われてならないの、と夕食をご馳走してくださって、宿代まで払っていてくださいました。私にはおば様こそがお大師様です。 

3月23日 西条〜伊予三島 ろんどん荘
35キロ歩いて伊予三島市にいます。今日は国道をひたすら歩くのみ。意識が遠のいて、くたびれたくたびれたがずっと頭の中をまわっていました。体重計があったので荷物をはかったら12キロもあってびっくりです。テントも持ってないのになんでこんなに重いんだ?ちなみに私は全く体重に変化なしでした。こんなに運動しているのに・・・。またまた余談ですけど昨夜、森総理と二人で歩き遍路している夢をみました。なかなか優しくていい人でしたよ。

3月24日 伊予三島〜67大興寺〜おおひら
ウッキャー!香川です!!67番まで行きました。雲辺寺は八十八中一番高いところにあり、難所で有名なんですけど東京の方(なんと私の報告を読んでくださってました!)と一緒だったので楽しく歩けましたよ。今夜の宿も一緒で名古屋の元気なおばちゃんもいて、にぎやかな日です。地震も揺れたらしいですが、私はのんきに山を下っていて全く気づかないぐらいだったのでご心配なく。いよいよ香川です。素直にとってもうれしい。早くみんなに会いたいー!西村さんのリンク作戦は効果大みたいですね。

3月25日 おおひら〜71弥谷寺〜門先屋
72番のすぐそばにいます。今日は雨。もうなされるままに、ボーっと歩いていました。お寺もなにも今日のことはあんまり覚えてないくらいです。ただ、いろんなことを思い出して、笑ったり怒ったりしてました。ハタからみればかなり不気味だったはず。20年の言動を思い起こせば、申し訳なかったこと、恥ずかしいこと、情けないこと色々で急に叫びたくなりますが、ここは涅槃の香川。涅槃とは死ぬこと。生まれ変わるために死ぬということです。まっさらな自分になって帰ります。

3月26日 門先屋〜78郷照寺〜川久米
78番までです。お接待でいただいたお金で、輪袈裟を購入しました。白衣の上につけるんですが、これをつけるとピシッと引き締まってみえます。弘法大師誕生の地、善通寺で買いました。遍路見習いからお遍路さんへやっと昇格した気分です。残りの分は、必要としている方に渡してきました。今日はすっきり晴れて最高!お茶にあちこちで呼ばれて、寄り道ばかりでした。明々後日には88番に着けると思います。それから1番へお礼参りに行くものだとか行かなくていいとか。今の所、行くつもりです。

3月27日 川久米〜82根香寺〜尾上さん宅
 83の手前までいきました。昨日あったにいちゃんと、童顔コンビで歩きました。へんろころがしの山道もおかげで楽楽。宇和島で別れたきりだったご夫婦との再会もあり、ミホノおじちゃんとの再会もあり、総決算ムードが高まってきてます。おじちゃんが高松の人なので、一晩泊めていただき親子の杯をかわしてきました。のみすぎた。 

3月28日 尾上さん宅〜84屋島寺〜岡田屋
85番までいきました。明日の夕方には88番です。なんだかしんみりしているとこです。早かったなぁー。今日は歩き遍路に会えず一人でトコトコいきました。天気は晴れたり曇ったり。お接待でみかんやジュースをいっぱいいただいて、あまりの荷物の重さに半泣きでした。今頃になってまたマメもできました。今日は高校生の男の子に「中学生?」と言われてしまって大ショックなことも起こりました。明日はどんな気持ちで歩くのか、自分でも楽しみです。それじゃ、おやすみなさーい。

3月29日 岡田屋〜88大窪寺
終わりました。最後の山越えで雨が降り、風も吹き、おまけにかなり寒くて、88番についたときはお参りどころじゃなかったです。今やっと落ち着いて、うれしいというよりは明日歩かなくていいことが不思議な気分です。本当はあと40キロ、一番まで歩きたいのですが、無理言って通し打ちさせてもらったので一日でも早く帰ります。明後日の午前中には着くと思いますよ。今夜はお赤飯を食べさせていただきました。なぜかでも、全然おめでたい気持ちにはなれなくて、さびしいです。終わっちゃいました。本当にたくさんの方に励まされ、支えられ、守られて、歩かせていただきました。ありがとうございました。もう、四国に足をむけては寝られないです。応援してくれた山岳部のみんなと友達と、最後までやり遂げさせてくれた両親に感謝しています。私は幸せだということが身にしみてわかりました。帰るところがあります。元気な顔で、会いましょーう!!合掌

感想
 中学生の頃、四国の88ヶ所をまわって人格が180度変わったという建築家の特集がテレビでありました。そのころから「いつか四国を歩いてみたい」と漠然と思っていたのが、山岳部での2年間で少し自信がついて、この春、実現できることになりました。父母も大反対だったのが、野宿をしない・ヒッチハイクをしない・毎晩電話をする、という三条件のもとで応援してくれることになり、自分でも信じられないうちに出発の日を迎えていました。予備知識がまったくない状況で四国に飛びこんで、本当にたくさんの方々に教えをうける形で少しずつお遍路サンになっていく自分を感じることは、非常に楽しかったです。42日間、毎日ひたすらに自分と向き合って歩きましたが、すべてを打ち終わった今、私の人格が180度変わったとは思えません。四国での日々は、私には夢の日々でした。幸せなベールに包まれていて、現実のことだったのかと怪しんでしまうほどです。
 四国の道端にはたくさんのお地蔵様がいらっしゃっいます。お地蔵様を作った人、運んだ人、そして拝んできた数限りない人たち。そんな人たちを支えてきた四国の方々。素敵な旅でした。(法文学部 法政策2年 藤尾紀子)

2001年2月、3月の通信記録とお遍路リンク集へ

TOP