・「なりたい色は?」と聞かれたら、「透明」と答えたい。見えないけれど、でも確実に存在しているような存在になりたい。
・安全性と危険性は同じものである。安全性が増した分だけ、危険性も増す。
・長所と短所は同じもの。長所は、同時に短所にもなりうる。
・「三大不必要物」は、「オートマの自動車」「携帯電話の通話とメール以外の機能」と「深夜営業」。
・目に見える「優しさ」は、本当の「優しさ」か?
・「優しさ」は、人を束縛する。
・優しくされるのは好きではない。自由に動けなくなるし、信頼されていない証拠だから。
・人は他人に迷惑を掛けなければ生きていけない。だから、いつも「人に迷惑を掛けている」と言う事実を分かっていよう。
・自分から自分をアピールしなくても、本物であれば自然と評価してくれる。
・人は、いつも自分の存在する居場所を探しながら生きている。
・「上手い」は、上から目線の言葉である。
・「可哀想」は、上から目線の言葉である。
・今必要でない事は、今はしない。
・「必要な無駄」は、大切である。
・プロとは、いつも完全な仕事が出来る人ではなく、いつもその時の状況に応じて瞬時に修正が出来る人。
・大切にしたい物、人の「思い」。
・好きな言葉、「自然のままに受け止める」。
・好きな言葉、「無言実行」。ごちゃごちゃ言う前に、先ず実行。
・好きな言葉、「日々進歩」。
・嫌いな言葉、「思い出を作る」。思い出は作る物ではなくて、将来に振り返った時に残っている物。
・嫌いな言葉、「勇気をありがとう」。勇気は人にもらう物ではなく、自分で奮い起す物。
・嫌いな言葉、「楽しんでおいで!」。楽しむ事が目的ではない。だが、一生懸命頑張った後に「あぁ、楽しかった」と言えれば最高。
・好きな人、一生懸命にがんばっている人。苦しみながら、あがいている人。
・好きな人、自分を飾らない人。
・嫌いな人、周りの物や人が見えない人、見ない人。
・嫌いな人、やりもせずに文句ばかりを言う人。
・嫌いな人、ルールを守らない人。
・嫌いな人、学習しない人。
・好きな所、人がいる所。
・好きな所、端っこ。全体の様子が見えるから。
・嫌いな所、暗い所、狭い所、動けない所。
・好きな事、物事を考える事。
・嫌いな事、「二度言われる事」と「二度言う事」。
・嫌いな事、自分を偽る事。