電気代の節約  

        1.キッチンでの節約
          ■換気扇はなるべく使わない
            ktmn1000の部屋は、キッチンに窓があるため、なるべく換気扇を使わず
            窓を開けています。
            →これでどれだけ電気代が安くなるかは、疑問ですが。
   
          ■炊飯器の保温は使用しない
            みんなやっいるとおもいますが、一度になるべく、たくさん炊き冷凍しておきます。
            そして食べるときに電子レンジでチンします。
            →そのため、『とりあえず自炊日記』では、チンしたご飯が多く登場します。

            →あと、意外といいのが、ご飯を炊いてそのままにしておき、食事を作り出すとき
             『保温』にするとよいです。例えば昼食用にご飯を炊き、残りをそのまま炊飯器の
             中に残しておき、夕食を作り出すとき『保温』にすると、食事の準備が終るころ
             には、普通の温かさになっています。

          ■冷蔵庫の内側に透明の簾をつける
            いろいろ聞いた話ですが、冷気が逃げず、冷房効率が上がるようです。
            →効果はどうだろう?

          ■電気ポットは使わない
            なぜか一人暮らしの男の割にもっているのですが、使わないようにしています。
            →保温にも使わない。逆にもったいないような気もします。

       2.リビングでの節約
          ■エアコンの暖房は使わない
            石油ファンヒータを持っているのと、コタツを持っているから可能などでしょうが、
            ヤッパリ電気での暖房は効率率/金 がもっとも悪い。ちなみにコタツは『弱』
            石油ファンヒータは最低設定の18℃です(これは雪国の人はむりでしょうが)。

          ■使わない電気製品はコンセントから抜く
            テレビ、ビデオ、パソコンなどは使用していない時は、コンセントから抜く。
            →多少、電気代が安くなりました。

          ■パソコンは省電力モード
            パソコンは省電力モードにしておく。そうすると、暫くなにもいじらないと、
            画面が消えて『Enter』キーを押してから使っています。
            →あと、パソコンって起動時、2時間電源ON状態の電気を使うそうです。
              だから、直ぐ使う場合は電源断より、つけっぱなしにした方がいいみたいです。
              

        3.トイレでの節約
          ■夜以外はトイレの電気はつけない
            昼間は十分大丈夫
       
          ■トイレの換気扇は使わない
            一人暮らしだから、使わなくても大丈夫。そんなにくさくない。


        4.冷房代の節約(夏バージョン)
          ■窓を開ける
            真夏でも、朝とか深夜は窓を開けます。換気にもなっていいですよ。
      
          ■扇風機を併用する
            エアコンを使っている時は扇風機も併用しています。部屋の空気も循環する
            のでなかなかいいですよ。
  
          ■打ち水作戦を実行する
            打ち水大作戦 を実行しています。エアコンの室外機のあたりを中心に。
            水の気化熱の影響で、室外機の周辺の温度が下がり、そのため、エアコン
            の電気代も安くなるはず(多分)。 とおもって実行しています。
            でも、ベランダで打ち水をする場合は、隣の人や下の階の人の迷惑に
            ならないように実行してください。

       5.その他節約
          ■口座振替にする
           50円引きになります。以前は、払っているぞ〜ということを意識するため、
           無理と口座振替にしていなかったのですが、、やっぱした方がいいと思います

          ■ ラジオを活用する
           家でゆっくりする時とか、なんか料理を作っている時とか、掃除、洗濯している
           時とか、何気にテレビがついている時とか、ありませんか。
           そんな時、テレビではなく、ラジオを聞くことをお勧めします。
           ラジオの方が電気代安いし、案外雑学を含めた情報収集にも役立ちます。