バス代の節約

         最寄り駅まで、バスの方は多いと思います。
         また、駅から遠い施設(競技場とか、学校、病院等)によく行く機会がある方
         も多いと思います。ktmn1000は最寄り駅まで比較的遠いので、よくバスを
         利用します。ここでは、バス代の節約について書きたいと思います。
         あくまでも実践しているものなので、ktmn1000の普段の行動範囲内のバス会社
         (小田急バス、京王バス、東急バス、川崎市営バス、横浜市営バス)に
         限らせてもらいます。


         ■定期券
           毎日、通勤や通学に使うのならば、やはり定期券を買うのが一番いいでしょう。
           ただし、バスの定期券は電車程割引率がよくないので、夏休みとかGWとかの期間
           は、必ずしも安くなる訳ではありません。
  
           ただし、上記のバス会社(市営含む)は、定期券が、○○区間乗り放題(○○
           営業所管轄下乗り放題)みたいな、方式なので、乗り方によっては大変安くなり
           ます。
           →最寄り駅までバスで行き、そこから別の施設(病院とか)までバスで行く。
             このような場合、定期券1枚ですみます。単純に考えて半額です。

         ■バス共通カード
           東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の「バス共通カード取扱車」または
           「共通カード取扱車」の表示のあるバス・都電でご利用いただけるお得な
           フリーパスです。

            ・1000円券(1100円分)
           ・3000円券(3360円分)
           ・5000円券(5850円分)
          
の3種類あり、5000円券を買うと、場合によっては(完全週休2日の会社)
           定期券よりも安くなります。



        ■深夜バス

           ココでは、22時以降の路線バスのことです。
           通常料金+200円と非常に高いのですが、タクシーよりは安いと思います。
           なるべく利用しないで、深夜バスにならないうちに帰宅するのがいいでしょう。
           
         
■高速バス(深夜高速バス含む)
           東京(新宿、新橋等)から地方都市を結ぶ、定期バス便です。大抵深夜バス
           ですが、新幹線や飛行機に比べれば、安く移動できます。
           ktmn1000は、何回か利用しています。

         ■空港直行バス
           最寄り駅、または最寄り駅の近くの駅に、この直行バスが来ているのならば、
           空港(羽田、成田)を利用する時は、便利です。
           乗り換えしなくていいので。

         電車以上にローカルネタでした。
         そもそも、路線バス代の料金体系は、前払いと後払いがありますよね。ktmn1000の
         地域は前払いです(実家のある地域は、後払いでした)。
         全国的(地方)には、後払いの方が多いんですよね。