右写真と下写
真は口傳展開
である球廻し
伝を演じてい
るのので親指
を立てた表現
となっている。
古伝型として
は親指を折り
畳むのが正し
い。
三戦輪受け
受けではある
が受けではな
い。そこに極
意がある。
●久米村の秘拳法
「那覇手」、それは琉球久米村に連綿と継承されてきた琉球拳法の核とも云
える古伝拳法である。明治以降は東恩納寛量師範によって現代にまで継承
された。一説では東恩納師範に依って中華福建省から輸入された南拳であ
ると言う論もあったが、実際的には既に那覇手の内容のかなりの部分は王
朝期に琉球において琉球拳士たちによって既に演武されていたと言う記録
があり、琉球王朝古伝の拳脈であることは間違いない。
伝えたは久米村武人と言われるが、同村はまた一説では十四世紀に中華
の帰化人によって形成された村落であるとも言う。しかしながら『万葉集』に
は既に久米村の記録があると言われ、琉球と宮中は神戸港(大輪田泊)を
中継地として通じていたとされているのである。
そしてこれは先師から口伝承として伺った話であるが、久米村拳士たちは帝
の神輿を担ぐボディーガードとしてさぶらい、帝を守護していたと言う。彼ら
琉球久米村武士が身につけていた最強拳法こそが那覇手の源脈なのであ
る。その驚くべき内容をみてゆこう。

●那覇手の核「三戦」
那覇手は琉球拳法の核であり、その那覇手の核とも云えるのが「三戦」であ
る。是は現代においては琉球、本土にそれぞれ伝承され錬磨されているが
それぞれのスタイルには異同があり、色々な形態で演じられている。
正面を向いたままで三歩前後する方式。三歩進み、転身して一歩後退。転
身して一歩前進、二歩後退で演じられる方式などがある。しかし琉球の一部
には三歩進んで転身、三歩後退、転身、一歩前進、一歩後退で演じられる
方式も残っており、これが最も古式の方式であるのではないかと考察するも
のである。当会も最も古式と思われる方式で「三戦」を錬磨している。

●古伝必殺技法の集積回路
「三戦」は一見短く、単純な型に見えるが内蔵する技法伝は真に深いものが
あり、正に古伝技法の集積回路とも云える驚異の拳法伝である。短い型の
中に「拳法伝」「柔術伝」そしてその両伝を繋ぐ極意手法までが盛り込まれ
た驚くべき技法伝となっている。
実際拳法極意は勿論、柔術伝の部分にはある意味では本土の合氣柔術に
おける殆ど全ての技術が内蔵されているのである。そしてなお一層貴重な
のては拳法を柔術で抑えてゆく本質的な極意伝までが手法の中に含まれて
いる事でこれは古代拳法における真に驚くべき驚異の遺法なのである。
これは日本の柔術伝においても本来含まれるべきものであるが、口傳として
継承され、現伝の古流柔術の伝承でも殆どみられなくなってしまっているも
のである。

●「虎口」の秘法
「三戦」の最後は「虎口」と言われる両手を陰陽に構えて差し出す独特の技
術で終わるが、これは那覇手のみに存在する技術であり、極めて深く複雑な
無数の技法伝が内臓された驚異の遺伝法なのである。しかしながら極めて
残念な事にその眞の手解きは今まで公開された事がなく、実際的にはその
技術は殆ど失伝状態である。よってこそ確かにその驚異の技法伝は琉球古
伝拳法の秘宝中の秘宝と云えるであろう。

●「永遠回帰」
那覇手「三戦」こそは首里手や泊手の複雑な技法伝を経た後に再び帰って
来るべき正に永遠回帰の古伝拳法型であろうかと思う。当会でも那覇手の
新古型を研鑽し、首里手、泊手を探究、教授し、また近代空手拳法の技法
伝までを追及したのちに再び元に戻って錬磨すべき技術であると捉えている
のである。
●空手着に就いて
現在用いられている空手着は明治以降柔道
着などを参考に工夫されたももので、琉球王
朝の古伝的なものでは決してない。現在伝統
空手系で用いられているものは型競技の意
味合いが少しあり、極めがド派手になるように
袖が長めに作られている。
これはこれでよいのであるが、組手において
は特に武術の本質である「合突き」において
は突き指したりする危険性ある。
琉球拳法独特とも云える蛇の捻じりの技術伝
が用いにくい事がかなり問題である。
本来の古伝的な琉球拳法、特に那覇手では
殆ど上半身裸で錬磨されたとみられる。現代
においてはそこまで古伝的になすことはない
と思われるが、現在の空手着は伝統派もフル
コン派も余り本来の武術空手としては決して
上出来と言うわけではない。それよりも本土
の剣道着的なものが余り袖も長くなく、稽古し
易いようである。
●三戦と釈迦伝天竺拳法の謎
三戦と言う古伝型において一つ悠久とも云える一つ
の神秘的な謎がある。それはその内容が釈迦の生
誕伝説の逸話とかなりの部分で重なっている事であ
る。と言うのは釈迦は誕生したとたん、「七歩歩んで
天地を指した」と言われているのであるが、この説
明は三戦の古伝型の動作に酷似していると言う事
なのである。正に三戦は七歩歩んで、最後に虎口で
天地を指して終わる型であり、この生誕伝説こそは
釈迦が琉球三戦と同質の型を幼少から錬磨してい
た事を暗示しているのである。
そして釈迦は天地を指した後、「上天竺と下天竺
(北印度と南印度)の中で我一人がミコト(日本人)
である(天上天下唯我独尊)」とのたもうたと古仏典
は伝えている。つまり「多数の印度人の中で自分独
りが日本武道(空手)を学ぶことが出来た」と宣言し
たわけである。
真に然りであり、加えて釈迦牟尼佛の今日に遺る仏
像をみると足は内股に近い平行足で、両手は正に
虎口に構えているのがスタンダードなのである。釈
迦が拳法の達人であったことは明確に史料にあら
われており、釈迦拳法こそは正に那覇手と同質の
拳法であったことが推察されるのである。
●三戦の錬功法
俗に三戦三年と称し、那覇手の基本三戦を最初に三年
は錬磨すると言う意味合いに使われ、実際現代の空手
道でも三戦は(剛柔流のみであるが)、重んじられて長
い時間をかけて錬磨されている。当会も同じ立場をとる
が、しかし注意しなければならないのは基本たる三戦の
みを延々と錬磨すると言うことではない。三戦は深く、重
く、また多彩な技術があるが、それは様々な分解や變化
法、付随する錬功法の多様性の中で三戦が存在してお
り、それらは現代空手道ではその殆どの部分が失伝し
ており、殆ど行われていないのである。それらの部分を
本当に施行してこそ三戦の深い部分を会得する事がで
きる。基礎型のみで奥伝を窺う事は殆ど不可能である事
を知らねばならない。


三戦