上傳書/無双直伝英信流和極意巻[1668年]
中傳書、下傳書/荒木流捕手[1688年]
傳書は全て飯嶌文夫先生所蔵
信州無双直伝流と上州荒木流は系統的に深
い関係がある。それは無双直伝流の資料『和
根元之巻』の中に荒木流の元祖荒木夢仁の
名が見えることで窺うことができる。そして実
際的内容を傳書から監査すると五大思想を顕
す色玉図が共通、「是一手極意(荒木流では
是極一手心)」の書き込みもほぼ一致、また無
双直伝流の「不力達者」荒木流の「無力之達
者」が一致している。問題は何方が親かと言
う事であるが、系脈的には荒木流から無双直
伝の流れがある。ただ荒木流も余り古い資料
がなく、この部分に関しては無双直伝資料を
荒木流がコピーした可能性も考えられる。
なおここに五大思想を顕す図が出ている事に
は大きな意味があり、これは宮本武蔵の五輪
書との関係を証左している部分でもあるわけ
である。

※ 武蔵と荒木夢仁斎との関係は「武蔵二刀剣法無双会
『信家の謎』」ホームページ参照の事
●和根元之巻[1732年]
信州無双直伝流の資料の中に
ある秘伝書である。
この秘伝書系図の中に驚くべ
きことに綱秀荒木夢仁の名前
がある。前代は勝真藤原叶斎
とあるが、これは藤原勝真から
伝を受け継いだ荒木流の元
祖、荒木夢仁斎秀綱のことに
間違いないと思われるのであ
る。
ただ「荒木流」ではなく「無双捕
手始祖」となっている事が注目
点であり、これは深い意味合い
があるが、又の機会に詳説しよ
う。
ともあれ無双直伝流の系脈に
荒木夢仁斎が関わってくる事は
間違いないと云えるだろう。
無双直伝英信流と荒木流の関係に就いてはい
ま一つ驚くべき資料がある。『柔道体景図』とい
う荒木流にも無双直伝流には関わりない資料
であるが、その中に荒木無人斎から夢想流の
夏原八太夫の系図が記載されている。荒木氏
の門人に夏原某が存在することは重要であり、
土佐居合では無双直伝和義の事を驚いた事に
「夏原流」という名称で伝承しているのである。
これは大変な事であり、荒木無人斎から夏原を
通した系脈を無双直伝和義が引いている可能
性を示唆していると解釈されるのである。


無双直伝和義と荒木流捕手
トップへ
トップへ
戻る
戻る