日記に記載した内容(2007/07/18)

子供用の歯磨き粉を使ってる方、すぐに安全な物に替えてください。 
子供用の歯磨き粉はどのメーカーの物も小さいですよね? 
何で小さいのか知ってますか? 
誤って一気に飲んでしまった場合、大人用サイズは致死量だそうです。 
ドラックストアに並ぶほとんどの日用品や化粧品には有害な化学物質が入ってます。 
ラウリル硫酸ナトリウムは発泡剤(泡がぶくぶくたつ成分)として入っている物質ですが 
主液が入ってるビンの裏に取り扱い上注意として 
「取り扱い作業場所には局所排気装置を設けてください 
取り扱い中は必要に応じ、防毒マスクや保護手袋を着用してください 
皮膚に付着した場合は、すみやかに多量の水で十分洗ってください 
試験・研究用以外には使用しないで下さい」と記載されている物質です。 
癌の新薬研究をする際、必要となるのが癌にかかってるラットですが 
どうやってラットに癌発症させるか知って驚きました。 
毛を剃って、このラウリル硫酸ナトリウムを直接塗るそうです。 
あっと言う間に癌が発症するらしいですよ。 
そんな物がシャンプーや歯磨き粉や洗顔クリーム、マウスウォッシュ等に入ってます。 
http://homepage3.nifty.com/~kaneko/rauriru/rauriru.htm 
 
プロピレングリコールは保湿剤として入ってる物質ですが 
防毒マスク、気密性の高いスーツ、ゴム手袋、ゴム長靴着用で取り扱う事に定められてる物質です。 
地下鉄サリン事件の時作業員が着ていたスーツと同じものを着用する事に定められてるんです。 
『保湿剤』って肌を保湿する為の物ではなく、製品を保湿する為に入ってたんですね・・・ 
歯磨き粉は100年経ってもフタさえ閉めてればニュルーっと今と変わらず綺麗な歯磨き粉が出てくるそうです。 
普通に考えたら気持ち悪いですよね(;′Д`) 
恐ろしい事にベビー用品にもプロピレングリコールはほとんど入ってます。 
お尻拭きや沐浴剤にもです。 
座薬は即効性がある事で解熱剤などに使われますよね。 
肛門は経皮吸収率が高い為です。 
知らずに私はお尻拭きを重宝してました。 
わざわざ吸収率の高い場所にせっせと毒性の物質を塗りこんでた様なもんです。 
http://homepage3.nifty.com/~kaneko/pg/pg.htm 
 
蛍光作用、蛍光染料(ジアミノスチルベンゼン系)は漂白剤や柔軟材に入ってる物質です。 
『食品衛生法』では食品はもちろん、その包装材料、紙コップ、台所用フキン、食器、紙ナプキンに使用禁止としてます 
『薬事法』では生理用品、紙おむつ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどに使用禁止としてます 
『薬局方』では生理用品、紙おむつ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどに使用禁止としてます 
「JIS規格」ではノート、便箋、封筒などに禁止としてます 
知ってましたか? 
またベビー服やベビー用品は蛍光剤が入った洗剤の使用を禁止とされてます。 
私も知らなかったし、周りの人もほとんど『初耳』と言います 
 
私は試してませんが、知人が某大手日用品メーカーのお客様センターへ電話をして聞いたそうです 
知人:「正しいシャンプーの使い方を教えてください」 
メーカー:「地肌に付かない様に洗ってください」 
無理ですよね(;′Д`) 
更に・・ 
知人:「プロピレングリコールは有害な物質と聞いたんですが?」 
メーカー:「動物実験してますので大丈夫です」 
動物実験の実態を知ってください! 
http://www.animato-jp.net/kodomo/yuugai2.html 
安全性を確認する為のものなのか? 
私には、危険性の限度を知る為の実験の様に見えますが? 
危険な物が入ってなければ初めから実験なんかする必要ないと思うが・・・ 
 
ここで出会ったたくさんの方に事実を知ってもらいたくて記載しました。 
近々コンテンツも作る予定です。 
どうか子供の為にも自分の為にも安全な製品を使ってもらいたいと願います。