保険会社でこれほど違う

後遺障害認定

同じ事故、同じ診断書、同じ資料で
三井住友海上、全労災は後遺障害等級 10級
損保ジャパンは後遺障害等級 非該当
損保ジャパンには文書管理に問題有、この件に関し国土交通省自動車交通局保障課に確認済

アクセスカウンター
三井住友海上保険による交通障害保険にて後遺障害等級第10級10号認定 三井住友海上保険のHP
三井住友海上保険による後遺障害保険にて後遺障害等級第10級10号認定
全労災共済金センターにおいても後遺障害等級 10級9号認定 全労災のHP
指定紛争処理機関
財団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構では第14等級9号の認定
自賠責保険・共済紛争処理機構のHP
損保ジャパンより送られてきた書類では後遺障害等級は非該当 損保ジャパンのHP
損保ジャパンの文書管理の問題点
損害保険料率算出機構大阪第二自賠責調査事務所名の後遺障害等級認定表別紙は損保ジャパンの担当者が作成し課長が決裁する。なお両名とも医師の資格なしとの回答

後日損保ジャパン 部長より訂正の文面が来るが
損害保険料率算出機構のHP

損保ジャパンの担当者によれば
      「自賠責保険と任意保険では、認定基準が違う」とか
つまり 金を払った客には、基準がゆるく
       金を払ってない人間には基準はシブクということでしょうか