四国88箇所遍路旅 のページ


旧アドレスからご訪問いただいた方は、恐れ入りますが新アドレスへの変更をお願いします。

新アドレス : http://www.geocities.jp/kouamaru/henro.html

自家用車(トヨタハイエース)による四国八十八箇所遍路旅(8日間、走行距離:1,650km)
に行ってきました。 カーナビを持たず、地図と案内標識だけによる遍路旅でした。
限られた期間でしたが、いろいろな人と出会い、助けられ、無事に結願することができました。
次の機会には、時間をかけて、観光も含めてじっくり参拝したいものです。        

目次(クリックでジャンプします)

1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

高野山

持ち物

リンク


行程・遍路日記

第1日目 平成14年10月14日 (月) 晴れ  【11寺】

ページトップ

第1番 霊山寺 ⇒ 第2番 極楽寺 ⇒ 第3番 金泉寺 ⇒ 第4番 大日寺 ⇒ 第5番 地蔵寺 ⇒ 第6番 安楽寺 ⇒
第7番 十楽寺 ⇒ 第8番 熊谷寺 ⇒ 第9番 法輪寺 ⇒ 第10番 切幡寺 ⇒ 第11番 藤井寺
 朝7時30分に出発。午前9時15分に1番札所(霊山寺)に到着する。明石海峡大橋ができて、四国が近くなった。いよいよ8日間(予定)の遍路旅の始まりである。観光バスも数台止まっていた。今日は11番札所(藤井寺)までの予定である。
 山門で一礼をし、本堂に向かう。線香とロウソクを供え、納札を納め、南無大師遍照金剛と願意を唱える。その後納経所へ行く。
 「真念法師の道しるべ」の絵地図は正確である。道路地図と案内看板を併用して順調に7番札所(十楽寺)まで行く。
 7番札所でバスツアーによる区切り打ちをしている母と出会う。旅の無事を願いつつ次に向かう。
 本日の予定である11番札所を打ち終えたのは午後2時30分であった。このまま12番札所(焼山寺)に行こうかと思ったが、初日であることから早めにチェックインした。
【鴨島町泊】
第2日目 平成14年10月15日 (火) 晴れ  【12寺】 ページトップ
第12番 焼山寺 ⇒ 第13番 大日寺 ⇒ 第14番 常楽寺 ⇒ 第15番 国分寺 ⇒ 第16番 観音寺 ⇒ 第17番 井戸寺 ⇒
第18番 恩山寺 ⇒ 第19番 立江寺 ⇒ 第20番 鶴林寺 ⇒ 第21番 太龍寺 ⇒ 第22番 平等寺 ⇒ 第23番 薬王寺
 朝6時30分出発。
 インターネットや本では「梨の木峠越えはなるべく止めた方がよい」となっていたが、あえて挑んでみる。
 峠の頂上までは比較的余裕を持って運転していたが、峠を越えてしばらく行くと、だんだんと道が狭くなってきた。助手席側は谷(ガードレールや縁石もない。路肩も緩そうである。)、運転席側は山(といっても岩が車道側に張り出していて威圧感を受ける。)、道幅はほぼ車の幅、道路の両端に白線が引いてあり、教習所の運転に戻ったようであった。「対向車よ。来ないでと祈りながらの運転。時間が早かったせいか、幸いにも対向車はなく無事に通り抜けた。さらに、狭く急カーブの道を通り12番札所(焼山寺)に無事到着。「感謝!!
 このあとは19番札所(立江寺)までは平坦である。
 20番札所(鶴林寺)までの道は、「え〜?」と思うほど強烈なものだった。(ハンドルを目いっぱい切って、やっと曲がれるほどの急カーブ。しかも急勾配。)
 20番札所の納経所で「21番札所(太龍寺)までの県道が工事で通行止めになっていて迂回する必要がある。」と教えてもらう。戸惑いながらも狭い迂回路を通り、21番札所下に到着。
 太龍寺ロープウェイに乗り21番札所へ。ほぼ貸切状態。風が強くて心配であったが、思ったほど揺れなかった。
 本日の予定である23番札所(薬王寺)を打ち終えたのは午後4時50分だった。
【日和佐町泊】
第3日目 平成14年10月16日 (水) 晴れ  【11寺】 ページトップ
第24番 最御崎寺 ⇒ 第25番 津照寺 ⇒ 第26番 金剛頂寺 ⇒ 第27番 神峰寺 ⇒ 第28番 大日寺 ⇒ 第29番 国分寺
⇒ 第30番 善楽寺 ⇒ 第31番 竹林寺 ⇒ 第32番 禅師峰寺 ⇒ 第33番 雪渓寺 ⇒ 第34番 種間寺
 朝7時30分に出発。
 今日から高知県に入る。24番札所(最御崎寺)までは約80kmである。途中から左手に太平洋の青い海が見えてくる。車も少なく快調に走る。室戸岬付近の海は磯も多く、いい釣り場のように見えた。
 25番札所(津照寺)では見上げるほどの階段に驚いた。(後にもっとすごい階段に出会うことになる)
 走りながら気づいたが、漁港に設置されているコンクリート防波堤の高さが異様に高い。台風の備えるためだと思われる。
 高知市内では分かり辛い道もあったが、何とか打つことができた。
 このあたりから、袖ヶ浦ナンバーの若いにいちゃんと前後しはじめる。車の後ろに自転車をぶら下げて巡礼している。また愛媛ナンバーの家族連れ?とも前後する。自然にあいさつを交わす。
 32番札所(禅師峰寺)への道は、農道のようであった。「カーナビで来られる方は、たいてい迷います。」と納経所で教えていただいた。
 時間があったので、春日町の34番札所(種間寺)まで足をのばし、午後4時50分に打ち終え、高知市にもどりチェックイン。
【高知市泊】
第4日目 平成14年10月17日 (木) 晴れ  【6寺】 ページトップ
第35番 清瀧寺 ⇒ 第36番 青龍寺 ⇒ 第37番 岩本寺 ⇒ 第38番 金剛福寺 ⇒ 第39番 延光寺 ⇒ 第40番 観自在寺
 朝7時40分に出発。
 今日は長距離を走る予定である。狭い、急カーブ、急勾配にも驚かなくなってきた。車で巡礼できることに感謝する。
 昨日の愛媛ナンバーの家族連れと前後する。「区切り打ち? 通し打ち?」と聞かれ「通し打ち。今日で4日目。8日間で結願する予定。」と答える。「このペースなら大丈夫。気をつけて。」と励まされた。38番札所(金剛福寺)を打ったのちおみやげを買う。来週は高知国体である。国体パッケージの土佐鶴をゲット。
 40番札所(観自在寺)では、少し前から前後している姫路ナンバーの夫婦と挨拶。
 本日の目標であった40番札所を打ち終えたのは、午後4時であった。
【宇和島市泊】
第5日目 平成14年10月18日 (金) 晴れ  【11寺】 ページトップ
第41番 龍光寺 ⇒ 第42番 仏木寺 ⇒ 第43番 明石寺 ⇒ 第44番 大宝寺 ⇒ 第45番 岩屋寺 ⇒ 第46番 浄瑠璃寺 ⇒
第47番 八坂寺 ⇒ 第48番 西林寺 ⇒ 第49番 浄土寺 ⇒ 第50番 繁多寺 ⇒ 第51番 石手寺
 朝7時45分に出発。
 42番札所(仏木寺)では、姫路ナンバーのワゴン車が止まっていた。聞けば、学生時代に歩き遍路を経験し、その後も車遍路を何回かされているとのこと。「天気がよければ60番札所(横峰寺)から少し歩いたところにある「星の森」から石鎚山がきれいに見えるよ。」と教えてもらう。
 44番札所(大宝寺)までは狭い道、急カーブが多い(ダンプや大型トラックも結構走っている。)ものの順調に打つ。45番札所(岩屋寺)は駐車場からがすごかった。「20分ほど頑張ってとの声を背中に受けて歩く。階段、坂道を歩く。途中、荷物を運ぶ簡易式のロープウェイが追い抜いていく。「乗せて」 途中で休むとしんどいので、一気に登る。約15分で本堂へ。岩肌に食い込むような本堂の屋根を見る。昔の人はすごい。よくこのような場所に建てたものだ。
 この後は順調に打ち、本日の予定であった51番札所(石手寺)を打ち終えたのは、午後4時だった。チェックイン後、道後温泉本館で湯につかり、体を休める。
【松山市泊】
第6日目 平成14年10月19日 (土) 雨/曇  【14寺】 ページトップ
第52番 太山寺 ⇒ 第53番 円明寺 ⇒ 第54番 延命寺 ⇒ 第55番 南光坊 ⇒ 第56番 泰山寺 ⇒ 第58番 仙遊寺 ⇒
第57番 栄福寺 ⇒ 第59番 国分寺 ⇒ 第61番 香園寺 ⇒ 第62番 宝寿寺 ⇒ 第63番 吉祥寺 ⇒ 第60番 横峰寺 ⇒
第64番 前神寺 ⇒ 第65番 三角寺
 朝7時40分に出発。
 天気予報では午前中に雨が降るとのこと。あたった。今治市に入ったころから降り始めた。56番札所(泰山寺)までは駐車場と本堂が近いこともあり、順調に打つ。
 今まで大きく道に迷わず、順調に打ってきたが、57番札所(栄福寺)がわからない。地図を頼りにするが、現在位置がまったくわからない。「歩くカーナビ」を自負していた私だったが、雲が低く垂れ込め、山も見えなくなり、方向感覚がなくなっていた。
 困って車を止めていると、地元の方が歩いてこられたので伺った。「ここまで来ているなら、58番札所(仙遊寺)が近いよ。先に58番を打ってから57番に戻るといいよ。」といって丁寧に道を教えていただいた。感謝
 教えていただいたとおりに58番札所を先に打ち、57番札所に戻るが、逆に走るのもなかなか難しい。
 また、57番札所から59番札所(国分寺)への道も、激しい雨の中、標識もあまりなく心細い状態で、地図だけを頼りに走った。
 59番札所を打ち終えると、60番札所(横峰寺)を後回しにして、先に61番札所(香園寺)から63番札所(吉祥寺)を打つ。
 61番札所は「これがお寺?」というほど近代的なビルであった。本堂の中は、まさに大ホール。600余りの椅子(市民会館の大ホールにあるような椅子)があった。
 63番札所まで順調に打ち、いよいよ60番札所(横峰寺)へ。
「天候によっては通行止め」と聞いていたが、このころには雨も止んでいた。何とか行けそう。
 しかし、雨は止んでいるものの雲が低く垂れ込め、周りがまったくといってよいほど見えない。昨日教えていただいた「星の森からの石鎚山」も諦めざるをえなかった。(次回は見るゾ〜)
 明日のことを考えると、65番札所(三角寺)までは打ちたい。そう考えて松山自動車道を飛ばす。65番札所に着いたのは午後4時50分。間に合いました。
 同じことを考えている人が多いのか、駆け込みで来られる方が多かった。
【川之江市泊】
第7日目 平成14年10月20日 (日) 曇/雨  【14寺】 ページトップ
第66番 雲辺寺 ⇒ 第67番 大興寺 ⇒ 第68番 神恵院寺 ⇒ 第69番 観音寺 ⇒ 第70番 本山寺 ⇒ 第71番 弥谷寺 ⇒
第72番 曼荼羅寺 ⇒ 第73番 出釈迦寺 ⇒ 第74番 甲山寺 ⇒ 第75番 善通寺 ⇒ 第76番 金倉寺 ⇒ 第77番 道隆寺
⇒ 第78番 郷照寺 ⇒ 第80番 国分寺
 朝7時45分に出発。
 今日から香川県に入る。
 最初は66番札所(雲辺寺)。ロープウェイで山頂へ。寒い。雲に囲まれ、周りは何にも見えない。雨も少し降っている。昨日の60番札所(横峰寺)といい、どうも雲に景色を奪われる。
 68番札所(神恵院)、69番札所(観音寺)は同じ敷地にあるが、道中、祭礼の神輿巡行のため、迂回路を強いられる。標識もないためどうしようかと思っていたところ、他県ナンバーの車が数台、前を走っている。中にはお遍路さんの白衣を着た人が乗っている。思わず後について走る。無事に到着。
 今回の遍路旅で唯一観光をしたのが「銭形砂絵」。これを見ると、長生きし、お金にも不自由しないと言われているとか。
 71番札所(弥谷寺)の階段には驚いた。事前に調べていたので、中腹まで車で走った(有料道路)が、そこからでもすごい。行けども行けども階段。このまま天まで続くのかといったほどであった。
 75番札所(善通寺)では、その敷地の広さに驚いた。観光バス、観光客もたいへん多い。平坦であるが本堂までは結構距離があった。
 78番札所(郷照寺)を打ち終わったのは午後4時すぎ。明日を考えれば先に80番札所(国分寺)を打っておくのがよいと考え、80番札所へ。
 80番札所を打ち終えたのは午後4時45分であった。瀬戸大橋の夜景が美しい。
【坂出市泊】
第8日目 平成14年10月21日 (月) 晴/雨/晴  【9寺+1寺】 ページトップ
第79番 天皇寺 ⇒ 第81番 白峯寺 ⇒ 第82番 根香寺 ⇒ 第83番 一宮寺 ⇒ 第84番 屋島寺 ⇒ 第85番 八栗寺 ⇒
第86番 志度寺 ⇒ 第87番 長尾寺 ⇒ 第88番 大窪寺 ⇒ 第1番 霊山寺
 朝8時に出発。いよいよ結願を迎えようとしている。
 79番札所(天皇寺)を打ち、81番札所(白峯寺)へ。道中、白峯山から見える瀬戸内海が美しい。
 84番札所(屋島寺)を打ったのち、四国村入り口にある
「わら屋」へ。ここの讃岐うどんは格別である。
 午後3時、小雨の中、結願(88番)札所(大窪寺)を打つ。 感激!! そして 感謝!!
 
ここでもおみやげをゲット。一路1番札所(霊山寺)へ。
 納経所で「おめでとう」の言葉をかけられ、お茶のお接待を受ける。
 午後4時50分、1番札所をあとにして帰路につく。

ページトップ


高野山

高野山奥之院 平成14年10月28日 (月) 曇/雨
 朝9時に出発。
 加古川バイパス〜第二神明〜阪神高速(神戸線)〜阪神高速(環状線)〜阪神高速(松原線)〜国道309号〜国道170号〜国道371号〜国道24号〜国道370号〜国道480号を経て高野山に向かった。
 国道170号を走っているころから雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと。
 国道480号は急カーブの連続であったが、四国の道で修行してきた(安全運転に心がけることを修行したのであって、決してカーブを高速で走り抜けるという訓練をしてきたのではありません。念のため。)ため、抵抗感はなかった。
 高野山「中の橋」の駐車場に着いたのは、午後1時だった。
 昼食を済ませ「奥之院」へ。多くの観光客やお遍路さんとともに歩く。途中には「前田利長」「豊臣家」「織田信長」「法然」の
墓碑が、樹齢何百年と思われる杉の大木に守られながらあった。
 「利家とまつ」にハマっている私は大感激であった。
 88箇所を満願したことがそうさせるのか、奥之院が近づくと、何か身が引き締まっていくのを感じた。
 参拝後、納経を済ませ、
墓碑を見ながら歩く。「千姫」「明智光秀」「石田三成」「伊達政宗」「武田信玄」「徳川頼宣」「大岡越前」「薩摩島津家」「山口毛利家」など。
 午後4時、高野山をあとにして帰路につく。

ページトップ


準備(持参)したもの

地図・ガイド類

COMPANION21
四国道路地図
(ワラヂヤ) \1,429+税
 縮尺=1/100,000で、1cmが1kmなので分かりやすい地図です。
 国道だけでなく、県道にも路線番号が入っています。
真念法師のみちしるべの絵地図
ようこそ四国霊場への境内図
走れ!快速へんろ〜四国八十八ヶ所自転車の旅の絵地図
四国遍路へでかけよう まっぷる (昭文社) \838+税

遍路用品類


納経帳、金剛杖、御影札保存帳、納札
 
事前に表装の詠智会の通販で入手しました。
 御影札保存帳は大きいものが良いと思います。(高野山の御影札は88箇所の倍以上の大きさ(約9cm×約21cm)があります)
 納札は事前に記載されているのが良いと思います。(日付は、平成○年○月吉日とすれば良いでしょう)
ローソク、線香
 各霊場でも販売していますが、少々高いです。
 できれば持参されるのが良いでしょう。

ページトップ


大変お世話になったHPです

真念法師の道しるべ
 
各霊場間のルートが詳細に描かれている絵地図です。
 国道や県道の路線番号が正確に示されており、大変役にたちました。
走れ!快速へんろ〜四国八十八ヶ所自転車の旅
 
コンビニやレストランなど沿道の施設が詳細に描かれた絵地図です。
 昼食や買い物に役立ちました。
掬水へんろ館
 
遍路旅の紹介等、遍路全般について詳しく紹介されています。

  リンク集 - 体験記(車)に紹介していただいています。
(相互リンク)
雲辺寺ロープウェイ割引券
 
第66番札所 雲辺寺のホームページです。
 ロープウェイの10%割引券、しっかりと使わせていただきました。
四国八十八ヶ所遍路道
 Mapionとの連携による地図。札所近辺の情報などが示されています。
ようこそ四国霊場へ club88
 車遍路の注意箇所、境内案内図、遍路の心得など役にたちました。
リ ン ク 集
四国お遍路クラブ  
 各ページに流れるBGMを聞いていると心が和みます。
 お遍路だけでなく、さまざまな情報があります。


 
四国八十八ヶ所霊場巡り(リンク集)に紹介していただいています。(相互リンク)
車遍路八十八〜1400kmの旅〜(旧 くるまdeお遍路88)  
 車で周る、四国八十八霊場巡礼のホームページです。1400kmの道程を、空海と共に…走行データやエピソードもUPしています。

 リンク集に紹介していただいています。(相互リンク)


Counter

ページトップ