光愛病院について

箕面市障がい者市民の会

光愛病院

母子家庭

人間理解を前提とした疾病理解を追及します。

健康な主体性の維持・回復を追求します。

社会の変化への理解を追求します。

光愛病院 評判

社会全体・国家全体が共同体的感性を失う一方で、現在、茫漠とした不安の中に漂流しています。 そういった状況のまっただ中にあって、各個々人の力では対処・解決できない苦悩が増えてきています。また、過剰適応・反応から来る過労・ストレス障害等も増えつつあります。

精神障害も増え続けているように思えます。共同体制の崩壊は共同体性の喪失を呼び、それぞれを孤立させ、それぞれの疎外感を強めているのでしょう。

旧精神衛生法」の制度的運用に改革をもたらしながら、患者様個々人の意思と快復力を大切にする医療を展開。その典型が開放・解放医療となっていました。その蓄積された経験を活かしながら、また新たな挑戦を試みたいと考えています。

精神障害のみでなく、老人を軸とした器質性精神障害、薬物依存症、多様な人格障害にも取り組んでいます。当然それは、1つの医療機関で完結するものではなく、様々な機関との連携のもとに根気よくなされます。まさに患者様も参加した「共同・協働作業」です。

その連携と継続的関与・援助を確保する援護寮、地域生活支援センター、訪問看護ステーションを設立し。障害者が町で生きる体制を整える1つの試みです。 急性期治療病棟、老人認知症疾患治療病棟、外来病棟(思春期・老人相談等を含む)、といったように新たな治療・療養空間を整えています。 共同体性の回復に寄与できるばかりでなく、ノーマライゼイションや心のバリアフリーを実現し、地域共同体性の快復の一助ともなるでしょう。 絶えず精神医療改革の初心を忘れることなく邁進する所存です。

開放医療と地域社会との連携をすすめてきました。 患者様が地域でいきいきと生活できるように、医療面で直接バックアップするだけでなく、 地域の診療所や作業所などとの協力関係を築き上げるなど、これからも幅広い取り組みをすすめていきます。

母子家庭



・・・母子家庭の精神障害者の障害年金申請・・・

 

障害年金申請用 診断書 (精神の障害用)PDFファイル

厚生労働省

厚生労働省法令等データベースシステム

厚生労働省 障害者福祉 障害程度区分について 平成18年3月17日付け通知等

障害程度区分認定概況調査調査票ワードファイル

障害程度区分認定医師意見書ワードファイル

厚生労働省 障害者福祉

厚生労働省審議会、研究会等

厚生労働省 障害者福祉 自立支援医療について


心身に負担がかからないように、専門的な手続きのことは、お医者様やスタッフ及び関係機関と連動をとってもらい、任せましょう。

 


・・・大阪府 精神障害者保健福祉手帳申請・・・

 

大阪府 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられた方は

大阪府 精神障害者保健福祉手帳の各種申請・届出様式ダウンロード

大阪府 福祉の手引き

心身に負担がかからないように、専門的な手続きのことは、お医者様やスタッフ及び関係機関と連動をとってもらい、任せましょう。


・・・精神保健福祉士法・・・

 

第1章 総則(目的)

第1条 この法律は、精神保健福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって精神保健の 向上及び精神障害者の福祉の増進に寄与することを目的とする。 精神保健福祉士(PSW)は医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する役割はますます重要になってきています。

精神保健福祉士の仕事

医療機関で精神保健福祉士が担う業務は、単科の精神科病院、総合病院の精神科、精神科診療所、医療機関併設のデイケアなど、 配属先によって違います。 しかし、精神障害者の生活を支援する立場であり、医療と地域生活の橋渡しをすること、常に権利擁護の視点を持つこと、 医療機関にあっても治療を担うのではないことは共通しています。

これらの活動に関連して、主治医や看護師、作業療法士や臨床心理士など、機関内の他職種とのチーム医療を展開します。 精神保健福祉士法には他職種との連携を保つことが義務づけられています(精神保健福祉士法第41条)。

なお、精神保健福祉士は医療職ではありませんので、医師の指示によって業務を行うものではありません。 ただし、「主治医がいれば、その指導を受けること」もPSWの義務として定められています(精神保健福祉士法第41条第2項)。 つまり、主治医の意見を聞き、指導を受けますが、PSWとして独自の専門的な視点に基づく判断と、 それによる支援を行う職種となります。

◆また、病院の外の他機関との連携による援助活動を展開する視点も必要です。

地域生活の支援を主目的とする施設では、利用者に電話や対面、訪問による相談や日常生活にかかわる各種サービスを提供します。

また、各種情報の発信や、居場所提供も行います。関係機関相互の連携の中心となり、 ネットワークを活用して精神障害者のよりよい生活を支援する立場でもあり、

ボランティアの養成や身体・知的障害者や高齢者、児童など地域住民を幅広く対象にすることもあります。

精神障害者は地域で生活する一人の人であり、その生活がより豊かなものとなるよう精神保健福祉士の立場で支援する視点は共通しています。

福祉行政機関では、行政機関では、法律に基づいた各種支援事業や手続きの実施を担うほか、 今後の地域における精神保健福祉の充実発展のために、現状分析や将来を見通した計画立案などにも関与します。

また、精神障害者の生活支援のために、関係機関のネットワークを作るコーディネートや就労支援事業、退院促進支援活動、 地域住民への普及啓発活動などの企画、実施とそのための調整なども担当します。


高槻市 精神科系 一覧

吹田市 精神科系 一覧

池田市 精神科系 一覧

箕面市 精神科系 一覧

茨木市 精神科系 一覧

豊中市 精神科系 一覧


坂元クリニック

 

スポンサー リンク

癌がん治療費用が安い病院 癌、がん治療の費用や料金の相場をわかりやすく解説。さまざまな癌の症状・原因・治療法・予防法などについてわかりやすく解説しいます。癌治療、がん治療の最新情報。

 

▲▲▲ 光愛病院についてTOPに戻る ▲▲▲