HOME > 私のヘルニア物語

私のヘルニア物語

椎間板ヘルニア症状 レベル1

最初は腰痛だと思っていた。

忘れもしません。あれは学生時代、もともと腰痛もちだったのですがトレーニングジムでスクワットしているときに“ギクッ”って腰に痛みが一瞬走ったんです。これは“ギックリ腰”かなと勝手に判断して、患部を冷やして、腰部のトレーニングは休むことにしました。きっと数日、安静にしていたら治るだろうと思ってました。が、しかし・・・

椎間板ヘルニア症状 レベル2

最初は腰痛だと思っていた。

2、3日もすれば腰痛も軽減するだろうと楽観的に考えていたのですが、痛みは増すばかり。朝の起床が困難になり、時間をかけないと起きれない。せき・くしゃみでも腰からお尻、ひどい時は足に痛み・シビレが走り嫌な予感がしました。講義中も座って受けることができず、ヤンキースの帽子を深くかぶりながら立って講義を受けていました。しかもクーラーが効いている部屋なのに、冷や汗が顔から滝のように流れていました。さすがに、これは「ヤバイな!」って感じました

椎間板ヘルニア症状 レベル3

最初は腰痛だと思っていた。

車から乗り降りするのも辛くなり、ついに近くの整形外科で診てもらうことに。レントゲンの結果、「椎間板ヘルニア」の疑いあり。その後、MRIという特殊なカメラで腰の「椎間板ヘルニア」であることが断定されました。直ぐにお尻から太い注射を入れられ、鎮痛剤を渡され「これで様子をみてみましょう」と医者から告げられておしまい。「え!これで治るの?」って正直不安になりました。数回、腰を引っ張ってもらう牽引などのリハビリを受けましたが、腰の痛みは消えませんでした。レーザー手術でもしようかと、あきらめていた時に自分の師匠でもあります先生に整体で治した頂いたおかげで、治療家になった今の自分がいます。

コツコツメンバー紹介コツコツメンバー紹介
ヘルニア施術方針ヘルニア施術方針
私のヘルニア物語私のヘルニア物語
コツコツメンバー紹介コツコツメンバー紹介
椎間板ヘルニアとは椎間板ヘルニアとは
アクセス・料金アクセス・料金
ヘルニア施術経過報告ヘルニア施術経過報告
ヘルニアの予防・リハビリヘルニアの予防・リハビリ
提携整形外科病院提携整形外科病院
椎間板ヘルニアブログ椎間板ヘルニアブログ
関連リンク関連リンク