場所:大子グリンヴィラ広域公園 キャンプ場 予約電話 0295-79-0031 H25.3.31.記載
URL http://www.greenvila.jp/
住所:319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1 住所:319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
主な料金 個別サイト:5,250円(通常期)、4,200円(冬季)
フリーサイト:3,150円(通常期)、2,100円(冬季)
キャンピングカーサイト:6,300円(通常期)
               5,250円(冬季)
キャビン:16,800円〜
トラベルトレーラー:18,900円
BBQサイト:3,150円(1棟)〜
温泉「ふれあいの湯」大人400円、小人200円
場内設備 大子広域公園内にあります。
・オートキャンプ場(左記の通り)
・斜面利用型アスレチック
・多目的運動広場
・テニスコート
・フォレスパ大子
≪トピックス≫
 大子広域公園内にあって、周辺施設も充実しています。我が家ではキャンプで利用することはもちろん、プールや温泉を利用するために遊びに行くこともあります。娘は、部活の合宿(テニス部)で何度か利用しています。昼間はテニスコートで練習して、お昼と夕飯をキャンプ場に戻ってみんなで調理も楽しんで、そしてキャビンに宿泊して中学合宿を楽しんでおります。
 茨城を代表するキャンプ場と言えると思います。(個人的感想)人工的な印象を受けるかもしれませんが、施設・設備は整っていますし、なんといっても清潔的で衛生的に保たれているのが素晴らしくて安心です。この日も清潔な炊事場でお湯も出るので寒い日でも助かりました。
 年間を通して、いくつものイベントが企画されているようですので、キャンプ場のホームページでチョックしてみてはいかがでしょうか。
グリンヴィラにて周辺の自然散策の巻
 
今回は、ぱんくさんからお誘いを頂いて、息子と2人でイベントキャンプに参加です。芽吹きの時期には、ちょっとだけ早かったのですが、それでもベテラン講師の説明を聞きながら散策路を楽しみながら歩いてきました。
 イベントでは、テントやタープの設営方法、そして撤収の仕方、テントやタープのたたみ方そして収納方法までを、初めてのご家族もベテランキャンパーの方々と一緒に頑張って楽しみながら実践して学んでおりました。私も中堅キャンパーとして、そっと見学しながら皆さんの良いとことを学んできました。やっぱり自由で自分なりに楽しむのがアウトドアのベースにあると思っているので、キャンプの楽しさを知って、型にハマらず枠にとらわれず周りに左右されず家族で楽しく過ごしちゃいます。

では本編へ・・・。
場所:大子広域公園グリンヴィラ キャンプ場 時期:2013年3月23日〜3月24日 晴れ
待ち合わせ時間に余裕をもって出発したら、早く到着してしまったので、林間散策路を見学がてら登ってみました。
登ると公園内の球技施設を一望できます♪。
それでも時間が余ってしまい、アスレチック広場で遊んじゃいました。
そんなこんなで時間に集合してのご挨拶。 イベント自然観察会に参加です。
頂いた説明資料も手作り感が何ともいい感じでした。 みんな知り合いの中でハルはちょっと可愛そうだったかな。
説明役の講師さんが、子供たちの質問に親切丁寧に回答してくれました。私はこっそり咲いていたタンポポを発見
散策路を進むと、昔の城跡に建つ展望台に到着・・・ここではキャンプ場が良く見えました。
今回は、ワカサギスペシャルのコールマンタープとMSRテントのオレンジカレーで統一してみました♪。
子供達がつまづいたりしないように、ハルに手伝ってもらってペグをしっかりと奥まで打ち込んでもらいました。
お母さんに習って子供達は並んで野菜を洗うお手伝い。  お父さんたちはダッチオーブン料理の準備中。
豪快に、スペアリブをダッチオーブンで炒めていきます。 野菜や醤油、そしてコーラを投入して柔らかく。
お母さん達により、ゆで卵もいつの間にか完成してました。 ゆで卵も加えたら、白さが映えて出来上がりが待ち遠しい。
こちらも、お母さん達が作ってくれた朝食用スープ。 出来上がりを待っている間に、ミニフランク作り体験。
ダッチオーブンの蓋を裏返して使用し、余ったキジを使ってホットケーキのオヤツ作り。
セッティングしていただいたランタンの光量そしてセッティングとも素晴らしいものでした。今後の参考にしたいです。
トントゥさんたちも、お腹が空いてきたかな? 我がサイトもランタンを灯して、少し部屋を暖めておきます。
スペアリブも、柔らかく仕上がって、美味しく頂きました。 みんなが集まって夕食タイム、でも少し寒かった。
ハルは寒かったせいでしょうか?食欲が無くダウン。普段も食が細くあまり食べません。早めに寝せて復活に期待。
子供を寝かせて集まり焚火を囲んでのトーク。寒さでタープに移動しまたまたキャンパーのトークをお聞きできました。
ここから2日目です。
昨夜殆んど食べずに寝たハルに「パパお腹が空いた」と起こされ、皆での朝食前にハルはフライング朝食。
手作り温かスープは大変美味しく頂きました。 こちらも差し入れしていただいた肉巻揚げ・・・旨い。
ハルも寒いと言いながらも元気を取り戻してくれました。 図書館で借りてきた本を読んでいる間に、サイト撤収中。
ハルはトントゥ作りは3回目かな?でも絵心は相変わらず。 全員が揃っている時に、記念撮影。
子供達の中心には何があるのかな? ちょっと見えてますけど、正解は下記の通りです。
子供達が作ったそれぞれ個性のあるトントゥさんが勢揃いしてました。ハル画伯の作品は一番左側。
人間の足と比べると、可愛らしいですね。 私は、また風船おじさんと呼ばれて嬉しかったりして・・・。
お昼は、BBQ施設に移って焼肉を楽しみました。ハルも楽しみながら火熾し♪
最後は、焼きそばを食べて片付け、そして解散のご挨拶。 子トラ家は、お土産に美味しい「舟納豆」を購入して帰宅。
以下場内散策
管理棟 BBQ場
フリーサイト。   奥は常設のトレーラサイト。
キャビン群
キャンピングカーサイト 個別サイト
トップページへ戻る キャンプレポートのトップへ