場所:朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 時期:2010年8月22日〜8月23日 曇り・霧・曇り
いつもの様に野菜を収穫してから出発です。
マウスオーバーしてみて。ヘッドライトでピーマンも収穫。
このトウガラシも採りたて新鮮なんですが、後々痛い目に。
5時前に出発、ハルは後ろで寝ていますが、高速走行なのでシートベルトをしたままで横になっていました。 きれいな朝日が昇ってきましたがした。
マウスオーバーしてみて。東京に近づくほどに明るなって・・・。
東京に近づくと心も躍って、ユウは早速双眼鏡(おもちゃ)で東京のイケメン君を探してました。

マウスオーバーしてみて。

実は始めて見たスカイツリーに子トラ家大興奮♪

この後、う○ち似のオブジェがあるビルの隣を通るんですが、以前高速バスで東京に遊びに出たときに、ハルが『う○ち・うん○・○んち』を連発発言して、バス中を笑いの渦にしたことがあります。あの時は恥ずかしかったな〜。


キャンプは13時からなので、富士サファリパークに寄り道。
マウスオーバーしてみて。2人で誕生日の子トラをゲット。
前回に引き続きウォーキングサファリで入場します。
ジャングルではないですが、ずっと日陰が続いています。 エアコンの効いている見学室は快適ですが、外のライオンは暑さでダレてました。日陰を見つけてお昼寝です。
ライオンさんも食事のときは元気になっちゃいます。 ハルもお腹を空かせたライオンの声にビビッていましたが・・・。
子トラのオブジェを発見。4人姉弟だったら楽しいでしょうね。 キリンさんがハルの帽子を狙っていたのかな?。
抽選に並んで、前回は年齢制限でライオンの赤ちゃんを抱っこ出来なかったハルも今回は記念撮影をすることが出来ました。
サファリパークで遊びすぎちゃって、スーパーを見つけられずに買い物できたのは道の駅でのご当地食材のみ。 ぎりぎり制限時間30分前に到着しましたが、指示されたNサイトはキャンパーが少なく、サイトは選び放題でした。
遅れてきたので、少し離れた場所にて設営開始です。 ワイワイガヤガヤのうるさい設営でも、離れていれば大丈夫。
子供たちの協力もあり完成、広々と利用させて頂きました。 お椀とお箸を持って、オープニング会場に集合だそうです。
キャンプファイヤーも準備されていましたが、昨日までのスターキャンプで残った丸太も一緒に燃やすんですね。 昼間はどんなイベントをやっていたのでしょうね。
マウスオーバーしてみて。お絵かきコーナーには作品も。
今回の責任者の方がご挨拶。『皆さん楽しんでね〜♪』 マウスオーバーしてみて。豚汁があるからお箸持参なんだ。
こちらはトウモロコシ。 そしてネギ焼き・・・ビール飲みたくなるね〜。
子供たちにはジュース、大人にアルコールフリー・・・・・。 ん〜、子供にもアルコールフリーに並んでもらえば良かった。
点火合図を待ってマウスオーバーしてみて。ファイヤー!。 皆さん、なぜか焚き火の周りよりも、食べ物の方へ・・・。
そうか〜肉もあったのね・・・。急いで並びました。 子供たちにはお肉だよっと言って豆を食べさせ・・・。
ビンゴゲームも参加費無料です。ただし1家族1枚限定配布。 リーチの後がなかなかビンゴになりません。
明るいうちは元気なんですけどね。 少し暗くなると、甘えん坊に変身です。2年生なのに・・・。
子トラ家代表のユウもやっとビンゴです。
マウスオーバーしてみて。月球儀を選んだようです。
しばし焚き火を楽しんで、大食いの我が家は夕食準備へ。
危険な場所はライトアップされています。 目に優しく乾電池式ランタンにザルが被せたありました。
光るブレスレットでハルは静かにしていてもらいます。
マウスオーバーしてみて。
静かにするどころか、逆効果ですよね。模様になってないよ♪
形にならないのは、子供たちのせい?私のカメラの腕のせい?
その2へすすむ。

トップページへ戻る

キャンプレポートのトップへ


場所:朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
三菱自動車協賛キャンプイベント『グランOFF』
予約電話 0544-52-2066 H22.8.28記載
URL http://www.asagiri.net/
418-0108  静岡県富士宮市猪之頭1162-3 アクセス:東名富士ICから約30km
主な料金 今回は参加費、サイト代など無料でした。

通常料金
入場料大人:1.000円、
子供 500円
オートサイト:1500円〜2500円
フリーサイト:500円〜1,500円
バンガロー:5,000円〜10,000円
デラックスバンガロー:15,000円〜20,000円
場内設備 ・売店、飲食店
・洋式水洗トイレ、シャワー
・ランドリー、乾燥機
・遊具
周辺施設
・釣り、カヌー、MTB
・味覚狩り
・ハイキングコース
≪トピックス≫
 朝霧高原の数あるキャンプ中でも、場内は広いほうだと思います。広大なサイトにテントを張って、少し離れたところから富士山をバックにしたサイトの眺めは最高だと思います。各サイトに点在しているトイレは新設されたのだと思いますが、木で作られた清潔な水洗トイレでした。シャワーが少ないのが残念ですが、近くに温泉もありました。
 周辺の観光スポットへのアクセスも便利だと思います。(牧場や富士風穴・氷穴、富士五湖、白糸の滝など)
朝霧ジャンボリーオートキャンプ場にてカレーアートの巻
Gran>Offスターキャンプ」キャンプは2年前に参加した時にイベントが豊富で家族みんなが楽しく過ごせたので、絶対に次も応募しようと決めたいましたが、HPには昨年からずっと中止の案内が出ていました。今年も不景気だし中止だろうな〜と思いながらもHPをチェックしておりましたが、一向に開始案内は掲載されませんでした。もう開催されないだろうと何気なくHPをチェックしたら開催案内が出ていて既に応募締め切り間際でした。既に前半の募集は締め切っていて、後半の締め切り間際・・・、前半の抽選にもれた方も後半の抽選に回れるということで、さらに前半に比べて後半は抽選組数が少ないため倍率アップ!。そんな中で運良く当選できたので良かったです。2年前は2泊3日でしたが、今年は3日間の開催をそれぞれ1泊2日に組数を割り振られていたので、月曜日の平日に絡めたので当選できたのかもしれません。
 2年前と比較すると規模は縮小されていましたが、(予算の関係とお聞きしました。)自動車メーカー主催だけあって安全面などへの配慮は前回同様完璧です。ただ2日間通して曇りだったため富士山が顔を出してくれなかったのが残念です。その分日差しが和らいで過ごすのには幾分か楽でしたけれど・・・。
 サイト料やイベントが無料でしたし、豚汁をはじめジュースやアルコールフリー、おつまみ等も無料で振舞われ無料大好きの子トラ家にはもってこいのイベントでした。場内は殆ど95%以上がが三菱の車だったと思います。他社やキャンカーも数台。
 食事の方は途中でスーパーが見つからずに、あるものでカレーを作りました。ご飯でお皿に絵を描いて、周りにカレーを流し込んでカレーアートを作ってみました。息子がまたアートな才能を発揮して、凡人の家族には理解できない絵を描いておりました。

では本編へどうぞ・・・。