場所:フォレストパークあだたら 時期:2008年12月20日〜12月21日 晴・晴
 今回はエアストリーム(トレーラーハウス)泊ということで荷物が少ない楽チンキャンプです。3列目シートもたたまずに積み込み完了。
しかし、かみさんから重大発言『子供たちのスキーウェアが実家に置いたまま』うわ〜・・・高速ETC割引を使うつもりが、実家経由でスキーウェア探しとなると相当な時間ロスとなりそうです。

 まあでも仕方ないですね。忘れ物は我が家ではよくある事です。

 実家を経由するというならば、この日12月20日に開通する北関東自動車道にのって東北自動車道にアクセスする事にしました。
これが最大の判断ミス・・・。

実家近くの友部SAのETC専用入口から入り宇都宮方面へ。
マウスオーバーしてみて。
東北道・・・間違いないようです。
空いてますね〜、8時前に乗れたし、これなら遅れを取り戻せそうです。制限速度の範囲内で・・・。
ナビが古いせいでしょうか、道なき道を走ってます。
山林を突っ走っている模様です。

この後とある事件が・・・。

繋がっているはずなのに桜川筑西ICで降りろマークが出ています。
なんで・・・一般道へ誘導するの・・・。

ETCを過ぎて看板に注目・・・『鍬入れ式』って・・・

確認もしないで乗ってしまった私が悪いのですが、15時からの式典後に開通だそうです。
あ〜15時までは待てないし、一般道で宇都宮ICに向いました。相当な時間ロスです。(涙)
それでもなんとか那須高原SAにたどり着き、しばし休憩。
那須連山も雪景色いいですね〜。
トイレは大丈夫って言ってたのに、子供は分かりません。安達太良高原SAで、再度トイレタイム。こちらはまだ雪が少なそう。
SAで既に着替えをすませてしまいました。
マウスオーバーしてみて。
テンション上がってます。
暑いと言いながらも耳あてしてしてるし・・・。
マウスオーバーしてみて。
さらにテンション↑して、猿と化しました。
二本松ICで降りて岳温泉に入りました。
20年前に安達太良山に家内と登った帰りに、ここの温泉に入った記憶が・・・その頃はお互いにスリムでした。
ここをひたすら登っていくのですが、私としてはここの温泉で休憩がいいな〜。
所々に雪が見えてきたので、窓の外に夢中。 スキー場の駐車場まできましたが、道路は雪なしノーマルタイヤで問題なしの乾燥路面でした。
ゲレンデには雪がありますが、少ないですね。
気温も8℃スキー場らしくありません。
滑走可能なゲレンデは1コースのみ、リフトも1本のみ運行中。
土が見えてますが、子供たちは弾けてまた。
さっそく雪まみれです。
敵味方分かれて雪合戦。
マウスオーバーしてみて。
急な裏切りです。それにデカ過ぎだよ〜。(ボコッ)
ソリ遊びが出来るように小山の形に雪を集めてくれているので、安全です。マウスオーバーしてみて。
バランスを崩すとこうなります。顔面強打!
バランスを崩さず行くと・・・結局泥だらけ。(汗)
女の子らしく『キャアキャア』言いながら・・・。
マウスオーバーしてみて。
後ろ向きで滑ったりして。
滑りながら攻撃してくるようです。
マウスオーバーしてみて。当るかな〜。
ママもお尻を何とかソリに納めてチャレンジ。
マウスオーバーしてみて。この顔は危険です。(バキッ
危ない顔を見たときは雪ダルマで癒してください。(ボキッ
マウスオーバーしてみて。
本物はこんな感じでしょう。
撮影交替、お父さんも子供達とバカになって遊んじゃいます。
マウスオーバーしてみて。
子供用のイスになったりもします。安全な顔です。
ハルが何かを隠して目印を付けたようです。
マウスオーバーしてみて。

オヤツのグミでした。お前はリスか?
昼食を取るためロッジの中へ、土曜なのに空いてますね〜。
本来なら外でお湯を沸かすのが正統派キャンパーでしょうけど、ここは一つ大目に見てください。
私はとんこつラーメン&牛丼セット。
マウスオーバーしてみて。
ママは醤油ラーメン&カレーセットを注文。
子供達は注文なし。それぞれを少し小皿に分けます。
マウスオーバーしてみて。
あとは途中で買ったコンビニのおにぎり&お菓子。
名前を忘れましたが、あだたらスキー場のキャラクターと記念撮影。
さあ、もう少し遊んだらキャンプ場へ向おうね。
けして芝生滑りではありません。
思い思いに遊び方を見つけて、名残惜しいよね。
マウスオーバーしてみて。
子供達が作った落とし穴に、ひっかかると・・・。
マウスオーバーしてみて。
私の場合、髪が大変な事に・・・、修正しました。
今度はハルがイタズラ開始!?
マウスオーバーしてみて。
歩き出せるかな♪
雪を使って福笑いに挑戦!
マウスオーバーしてみて。

口を付けるとなんとなくそれっぽいかも。
冬のスキー場とは思えない陽射しです。
山の夕暮れは早いですし、15時からキャンプ場へ入れるので、ちょっと早めにスキー場を切り上げます。
ここがフォレストパークあだたらキャンプ場の管理棟です。 受付を済ませるとカードを貰えるので、それでゲート上げて入場すると、最初に見えるのが常設トレーラー群です。
.
今回お世話になるのはA−3エアストリームです。
(車内・場内の様子は2ページ目の最後からリンク)
マウスオーバーしてみて。正面写真。
早速、着替えを済ませて、子供達とケーキ作りを開始です。
今回は簡単にホットケーキミックスを使ってみます。
これなら子供達と一緒に出来るからね。
マウスオーバーしてみて。ボールに粉を溶いてかき混ぜて。
お姉ちゃんが調理中に、我が道を行く息子は塗り絵に夢中。
マウスオーバーしてみて。
折り曲げたら見えないでしょう。
熱したフライパンにチョット小さ目に生地を流して。
マウスオーバーしてみて。
プクプク泡が出てきたら一呼吸おいて裏返しましょう。
同じくらいの大きさになるように、どんどん焼いていきます。
小さいのを上に重ねて山のようにするから、多少大きさがバラバラでもOK、なれれば子供でもどんどん焼ける。
イチゴの準備、洗ってヘタを取ったらスライスしていきます。
マウスオーバーしてみて。車が外国製なんでしょう、子供には少しキッチンが高いようです。
ハルは車内を物色中、いろんなスイッチを押して遊んでます。
ホイップを手にして、イタズラしそうな顔になってます。
マウスオーバーしてみて。
ホイップの正体は、コレ!市販品です。絞るだけ〜。
イタズラされる前に、ケーキつくりに入りましょう。
ペタペタと塗って
マウスオーバーしてみて。
スライス苺を好きなだけ載せちゃおう。
時々摘み食いをしながら、楽しくやってます。
マウスオーバーしてみて。
指を舐めた手で、作るのはやめて〜。
一段目が終わったら選手交替です。
マウスオーバーしてみて。
お姉ちゃんは慎重派ですから・・・夢はケーキ屋さん。
丁寧に仕上げていきます。
マウスオーバーしてみて。職人技!?
だんだんと形になっていきます。
マウスオーバーしてみて。またまたハルの順番でどうなるか?
ぱんぱかぱ〜ん♪♪♪ 完成!  ちょっと型崩れしてますけどご愛嬌、子供達が楽しく作りましたからOK。
ケーキ作りを子供達に任せている間に、ママはシチュー作り。
パパはというと、いつも管理監督と味見するだけです。
市販のパイシートを準備して、何が出来るかな?
マウスオーバーしてみて。
半分に切っておきます。
備え付けの手頃なカップにシチューを入れて
マウスオーバーしてみて。
パイ生地で蓋をして、カップの縁をしっかり押さえます。
あとはオーブンに入れてっと。マウスオーバーしてみて。
外国製〜〜?摂氏?華氏?オーブン?グリル?・・・理解するのに時間がかかりました。(泣)
その2も見てね
その2へつづく。
トップページへ戻る キャンプレポートのトップへ

場所:ふくしま県民の森
    フォレストパークあだたら
予約電話 0243-48-2040 H20.12.24記載
URL http://www.fpadatara.com/
福島県安達郡大玉村玉井字長久保68 東北道 本宮ICより車で 約20分
主な料金 基本料金:大人(高校生以上)630円/人
       小人(小・中学生)315円/人
       幼児・・・無料
フリーサイト1,575円
グループサイト2,625円
個別サイト3,150円
コテージ17,850円
常設トレーラー16,800円
入湯税150円
場内設備 温泉:内風呂、露天風呂
サウナ(低温・遠赤外線)
図書館
カフェ
ショップあり

フォレストパークあだたらには、この時期
サンタさんトナカイさんが来るようです。
≪トピックス≫
 ふくしま県民の森に隣接していますので、ハイキングコースなども周辺にありますし、場内に流れる川も水がきれいで自然豊かなキャンプ場でした。それでいて施設の充実具合から高規格のキャンプ場といえると思います。初めての方や女性・子供にも安心でしょう。ベテランキャンパーにはちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが、フリーサイトを利用すれば素晴らしい景色を前にしてコスト面では満足されるのではないでしょうか。また、男女別の温泉がキレイで広くて露天風呂あり期間中何度入っても良いというのは嬉しいサービスですね。事実今回は温泉で温まった体を林間散歩でクールダウンして、もう1回風呂へのパターンでした。ツルツルした泉質で身も心もリフレッシュ出来るのではないでしょうか。
 イベントも多く実施されていて、ホームページから情報を入手できます。特に地元の方の手作り教室やネイチャーガイドなどの時に参加してみたいと思いました。安達太良山の雄大な自然に触れてみるのはいかがでしょう。
子供達と楽しく過ごせるといいね♪
フォレストパークあだたらキャンプ&ソリ遊びの巻
 
今回も子供たちの意見が最優先!『大きな車に泊まった所でまたサンタさんに会いたい』との娘のリクエストに、私も妻もそれもいいなって感じで即予約。娘は、以前の会ったサンタさんが本物がどうか確認したい様子・・・ん〜いろんな意味でどうなんでしょう。
 この日はとても暖かな日だったので、降ってくる雪は期待できそうになかったのですが、ホワイトクリスマスにはならなくてもスキー場まで行けば雪遊びが出来そうなので、近くの『あだたらスキー場』に直行しました。キッズゲレンデにはまだ雪はなく、滑走できるコースも1本だけ、当然リフト1本のみ運行でした。私も娘に教えるためスキーを準備していったのですが断念。ゲレンデに人は少なくても限られた狭いエリアでは危険もあるし迷惑にもなりますからね。隅っこでソリと雪合戦で遊んできました。久しぶりの雪という事で息子はハッスルし過ぎて、その後・・・夜のサンタさん待ちが眠さとの戦いになったのでした。
 なんでも揃っているエアストリーム(トレーラーハウス)はとても快適でした。なにより荷物が少ないというのが楽チンです。持っていった物といえば食料・ダッチオーブンと焚き火台セットくらいで、あとは着替えとスキー道具少々。
 家族でケーキ作りをしていると、どこからか鈴の音が・・・鈴の音がだんだんと大きくなってきます。エアストリームのドアをノックする音が・・・サンタさんじゃないか・・・子供達に緊張が走ります。2人とも内心ドキドキでしょう。一生懸命サンタさんにお手紙を出していたようですから。勇気を出してドアを開けます・・・・・はたして2人の思いは如何に・・・。