最終更新 2011.02.28

日本語の学習  (Let's Learn Japanese!)

助詞の練習
― Particle Practice ―

助詞の練習をしましょう。
助詞が苦手な方のために、基本的なものから少しずつ練習します。

※ Java Scriptを使用しています。Netscape Navigator 3.0 以上 または Internet Explorer 4.0 以上でご覧下さい。


Step0-1 動詞といっしょに覚える助詞
日本語能力試験4級レベルの動詞で、基本的な助詞の使い方を練習します。
動詞と助詞をセットでおぼえましょう。
 れんしゅう!
 Note0-1: 問題の中で使われている動詞
Step0-2 場所(place)を表す助詞 (1) 「に」「で」
場所を表す助詞「に」「で」の使い分けを練習します。
 れんしゅう!
 Note0-2: 使い分けのポイント
Step0-3 場所を表す助詞 (2) 「に」「を」
場所を表す助詞「に」「を」の使い分けを練習します。
 れんしゅう!
 Note0-3: 使い分けのポイント
Step0-4 場所を表す助詞 (3) ―まとめ―
場所を表す助詞「に」「で」「を」の3つを使い分ける練習をします。
 れんしゅう!
Step0-5 時間(time)を表す助詞 (1)
時間を表す助詞「に」の使い方を練習します。
 れんしゅう!
 Note0-5: 使い分けのポイント
Step0-6 時間(time)を表す助詞 (2) 【準備中】
時間を表す助詞「に」「から」「まで」「までに」「で」の使い分けを練習します。
Step0-7 目的・原因・手段・材料・原料 【準備中】
目的・原因・手段・材料・原料を表す助詞「に」「で」「から」の使い分けを練習します。

Step1 基本の助詞 ―総合練習―
基本的な助詞の使い方を練習します。100点を目指してください。
 れんしゅう!
Step2 補助動詞などがついた場合の助詞の使い方
「〜たい」「〜てある」のような補助動詞などが付くと、助詞が変わる場合があります。Step07までの動詞を使って、練習しましょう。
 れんしゅう!
 Note2: 問題の中で使われている文型
※ WEB問題作成ツールを使用させていただきました。