警察学校

警察学校と聞きますが、何をするところなのだろうか? それは 採用試験 採用選考と面接を突破したものだけが、入校できる学校で警察官の卵を育成する学校です。


では どういったことをやっているのだろうか?

訓練内容

肉体訓練⇒肉体を鍛える訓練は、熱血なところが結構みられ 結構脱落者も出るらしいです。

法律学の学習⇒法律学の学習で、六法全書を使うときもあります。

刑事学(犯罪学)の学習⇒犯罪心理学や原因の検証と学習 警察の在り方等学習するはずです。

護身術の訓練⇒剣道 柔道 場合のよっては空手を行う


学校の体制

警察学校は1次試験 2次試験を突破したものは必ず入校しなければなりません 期間は6か月間(現在は不明)でこの間に警察官としての知識や術を身に着けられるかを視ていきふるいにかけます

起床⇒自分で起きないとたたき起こされることがあります。

合宿部屋⇒訓練生共同で合宿するため、3人から4人で1部屋と振り分けられる(女性がいる場合は女性同士で振り分けられる) なぜ そうするのかは伺ってませんが 多分 お互いが不正を働いたとき告げ口しやすい環境を作っているのでしょう。

ご飯の時間⇒ご飯は何分間 ちゃんと食べる時間を決められています 時間が過ぎて食べてると叱られます。 健康管理のためです。

授業⇒何時間やるのかは伺ってませんが かなり長い時間であることは事実です。

就寝⇒決められた時間帯に寝させられます 寝ないと 叱られます。


警察学校の教科書

これを参照、昇進試験の問題集もありますのでほしい方 購入してみてくださいね。(採用試験の問題集は、ありませんが 親戚に警察官がいると模擬問題を裏ルートから入手してくれるかもしれません 私の親戚は上官に掛け合ってもらって 出してもらったこともあるらしいですがおそらく 左のリンクの昇進試験問題と同じだと思われます。)