welcome to Koropokkuru's page






本サイトは、比較的低予算型個人旅行者のサイトです。皆さんの今後の旅行の参考になればと作成しておりますが、
 実際の物価や宿などの情報は流動的であり、出来事などの記述はすべて主観的なものです。あくまで参考程度にご覧ください。
各旅行記のデザインがすべて異なっています。それはHP作成当初の無計画性ゆえですが、最近はそれを逆手にとって
 個性豊かということにしています。ご了承ください・・

本サイトはリンクフリーです。相互リンクも受け付けておりますのでよろしくお願いします。広告、宣伝等のリンクは受け付けて
いませんのでご了承ください。
メールはこちらからどうぞ。旅行に関する質問等お待ちしております。

news: 次なる目的地は未定。おそらく来年の2月3月あたりの旅がラストとなるでしょう。

・旅のスタイル、考え方  どうやって渡航先を決めるのか、どういうスタイルなのか など

・旅の持ち物
   旅行に持っていくものを紹介。参考にどうぞ。

・旅のアドバイス 
思いついたことを適当に。お勧め旅行会社とかも。

・旅に役立つ書籍
  私が旅で参考にしている本や雑誌、愛読書を紹介します。


2008年 マダガスカルの旅    すこしずつ製作中

旅行時期:2008年8月15日〜30日(16日間)
訪問地:アンタナナリボ、アンチラべ、ベタフ、ムルンベ、ムルンダバ、
キリンディー保護区、ペリネ保護区

初の南半球、初のアフリカ圏、初の一人旅。
「マダガスカル」というなんともコミカルな雰囲気の漂う名前の国は、
想像を超えた景色、そこに住む素朴な人々の暮らしなど、
旅人を魅了する要素満載でした。
ここは面白い!
・2008年 イラン・ペルシャの旅  完成しました!

旅行時期:2008年3月10日〜24日 (15日間)
訪問地:エスファハーン、シーラーズ(ペルセポリス含む)、ヤズド、マシュハド

圧倒的建築美。日本とどこか似た美意識、慣習。
清潔感のある、美しく洗練された文化をもつ国、イラン。
それをとりまく人々もやさしく、旅人を温かく迎え入れてくれました。
かなり期待していった自分を全く裏切らない、最高の国でした。
情勢が問題なければ、迷うことはない、イランへ行ってください。
・2008年 インド、ネパールの旅   

旅行時期:2007年12月15日〜2008年1月10日 (27日間)
訪問地:デリー、アグラ、ブッダガヤー、バラナシ、
ポカラ、アンナプルナトレッキング、カトマンズ、パタン、ボダナート、バクタプル

2国をまたぐ、27日間という過去最長の旅でした。
2国とも期待を裏切らない素晴らしさ、面白さを見せてくれました。
同時に、深刻な大気汚染や環境破壊も肌で感じます。
そんなことノープロブレムな空気の大国インド、中途半端な発展が明らかに
首を絞めているように見えた小国ネパール。その対比も興味深いです。
・2007年 タイ 北部エコトレッキング

旅行時期:2007年3月(9日間)
訪問地:バンコク、スコータイ、チェンマイ、北部少数民族トレッキング

9日間と短いながらも、ハードスケジュールで挑んだタイの旅。
今回は北部の少数民族を訪ねる
エコトレッキングがメインでした。
昔ながらの素朴な生活の中に確実に浸透していく近代の文化。
経済性、利便性を追求した世界に生きるわれわれの、彼らの生活に与える
影響の大きさを知るとともに、その責任の重さも思い知りました。
今回も、様々に考えさせられる旅になりました。
2006年 幸福のアラビア イエメンの旅

旅行時期:2006年12月18日〜12月31日(14日間)
訪問地:サナア、マナハ、ハジャラ、ホデイダ、ベイトルファキーフ、
ザビード、タイズ、イッブ、ジブラ、サユーン、シバーム、ターリム、ワディ・ドアン、シャハラ


アラビア半島の南端に、かつて「幸福のアラビア」「緑のアラビア」
と呼ばれた地域がありました。現在のイエメンはそこにあたります。
アラブの最貧国と言われる故経済発展は遅れていますが、
それが独自の古きよき文化を残す結果となっています。
古都、人々、絶景・・・旅人を魅了する要素がいっぱいつまったこの国、
やはり期待を裏切りませんでした。素晴らしい。
・2006年 中国 雲南四川の旅

旅行時期:2006年8月25日〜9月8日(15日間)
訪問地:昆明、麗江、香格里拉、成都、
楽山、峨眉山、九寨溝、黄龍

雲南省、四川省。一般の人々が思い浮かべる中国のイメージとはちょっと違う、
少数民族が暮らす地域を旅してきました。観光地化されているところは
多々ありましたが、ちょっと田舎に入れば美しい自然、素朴な人々。
ダイナミックな自然と文化にも触れたし、感慨深い旅になりました。
・2005年 冬のトルコ旅行

旅行時期:2005年12月21日〜30日(10日間)
訪問地:イスタンブール、カッパドキア、サフランボル

トルコの冬は寒く、晴れが少ないです。
間違いなく夏の方が快適に旅することができただろうけれど、
それでも十分に素晴らしくて楽しい場所でした。
なんといっても歴史が深い!
寒かった分、トルコの人々の暖かさをより一層実感した旅でした。
・2005年 ミャンマー旅行

旅行時期:2005年8月28日〜9月8日(12日間)
訪問地:ヤンゴン、バガン、ポッパ山、
インレー湖、カックー、バゴー、チャイティーヨー

これが本格的個人旅行デビューです。
あまり知られていない国でしょうが、見所は多く、人々は素朴で優しい。
敬虔な仏教国であることを感じさせてくれる数々の遺跡や人々の祈りの姿。
忘れられない旅になりました。



北海道の風景

僕が現在住んでいる場所なので、なにかと行く機会が多いです。徐々に徐々に撮影技術アップしてます。

・2007年11月 ミュンヘンクリスマス市 in Sapporo
大通りのホワイトイルミネーションの一角でやってます。写真少ないですがどうぞ。
・2007年7月 富良野・美瑛

またいってきました。去年よりは撮影技術がアップしている!はず
・2006年 10月 函館  写真豊富?
1泊2日でお決まりのスポットを周ってきました。函館の夜景は噂に違わず素晴らしかった!
街も静かでのんびりできます。

・2006年 6月 知床
   旅行記です
世界遺産知床。曇りでしたが、静かな美しさ、荘厳さを感じてきました。素晴らしすぎた夕陽も是非。
以下、主に写真です

・2006年 11月 大通ホワイトイルミネーション

2006年 10月11月  北海道大学 イチョウ並木と紅葉
2006年 9月 札幌市 藻岩山

2006年 7月 富良野
2006年 7月 美瑛
2006年 6月 初夏の北海道大学
2006年 5月 桜満開のモエレ沼公園
2006年 1月 冬の北海道大学
2005年 12月 札幌市大通ホワイトイルミネーション
2005年 10月 紅葉の層雲峡
2005年 7月 利尻島

北海道以外の旅行記


2006年 6月 初夏の東北旅行

部活の遠征の途中で軽く寄った青森県、岩手県。
奥入瀬渓流、龍泉洞、八幡平にいってきました。





Counter  

                          Copyright (C) Sho Nakakubo 2005-2008

 Yahoo!JAPAN カテゴリ「バックパッキング」に登録されました。

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み