ユーザーズルーム

皆さんからのメールは、 修正・省略される場合がありますのでご了承下さい。
青色の字は開発者からのコメントです。




感想フォーム
ゲームなどの質問、感想はこちらから
Mail&Letter
  皆さんからの感想などを紹介しています。
(2003.4.25更新分)

ゲームタイトル:怒首領蜂
■やっとクリア
怒首領蜂を初めて2年やっとクリアできました。
2周目はクリアさせる気ないんじゃなかってぐらい挑戦的でした。これでやっと怒首領蜂大往生に飛べます。
おめでとう、俺。
ありがとう、ケイブ
●開発からのコメント
怒首領蜂2周クリアおめでとうございます。2年という期間の中で、積み重ねてきた努力が遂に報われたのですね。超えられないかもしれない壁に挑戦し、練習と努力の積み重ねによってそれを突破したとき…。
そこには何ものにも代えがたい喜びがあります。本当におめでとう!

Mail&Letterへ戻る

ゲームタイトル:ケツイ 絆地獄たち
■2人同時プレイのED
2人同時プレイだと、エンディングはどうなるんでしょう?
●開発からのコメント
2人同時プレイでクリアした場合には、1P側→2P側の順序で両方のエンディングが流れます。
ただし、自機が同じタイプだった場合はそのタイプのものだけが流れます。

Mail&Letterへ戻る

ゲームタイトル:その他
■続編は
CAVEさんで、東亜プラン作品の続編を作る事って有り得るんでしょうか?…と言うより可能なんでしょうか?
●開発からのコメント
ケイブは東亜プラン作品の版権を持っておりませんので、続編を作るというのはかなり厳しいというのが本音です。個人的には「怒首ギュー領!」とか作ってみたいのですが(笑)。

Mail&Letterへ戻る

ゲームタイトル:怒首領蜂
■スペシャルバージョン基板
セガサターン版怒首領蜂のスコアアタックの優勝景品だった、「怒首領蜂スペシャルバージョン基板」って結局どういった内容だったのですか?
見る事は不可能だと思うので、どのような仕様だったのかだけでも教えて頂ければ幸いです。
●開発からのコメント
「怒首領蜂スペシャルバージョン基板(正確にはキャンペーン特別アレンジバージョン基板)」ですが、内容としては怒首領蜂大往生のプロトタイプ的なものといえます。
製品版からの大きな変更点としては次のようなものがあります(実際には変更点は多岐にわたっており、この限りではありません)。

●両方強化(エキスパート)の追加
  大往生と違う点としては、ボムが3個でスタートするかわりにミスしてもボムの最大保持数が増えない、レーザー時のスピードをショット強化タイプとレーザー強化タイプの2種類から選べるなどがあります。

●ダブルゲットポイントの追加
  ダブルゲットポイントメーターが新たに設置され、敵にレーザーを撃ち込むことで溜めることができます。ダブルゲットポイントとは、このメーターが満タンになると発動することができるボーナスモードです。
発動中は、一定時間コンボが全く切れない上にHITが2倍で加算され、更に弾消しのある場所(例:3面中盤など)で敵弾を消すと、その消した敵弾数が全てHITに加算されるという超大盤振る舞いな得点システムです。

●ハイパーマキシマムの追加
  マキシマム中にダブルゲットポイントを発動するか、ダブルゲットポイント発動中にマキシマムになることでハイパーマキシマムになります。
ハイパーマキシマムになると、マキシマムボーナスが1.5倍になる上、敵にレーザーを撃ち込むともの凄い勢いでHITが上昇するというメリットがありますが、敵の攻撃が激しくなるというデメリットもあります。

●蜂アイテムの得点方式の変更
  コンボ中に取得することで、そのときのHIT数が倍率として掛かります。

●各ボス及び中ボスの攻撃をアレンジ
  キャンペーン版では総敵弾数が増えた(245発→315発)こともあり、各面のボスや中ボスの攻撃が激しく且つ派手にアレンジしています。

●敵の配置の変更
  難易度の調整及び製品版との差別化も兼ね、敵の配置やMAPを一部変更しています。

●各タイプの自機ショット及びレーザーのバランス再調整
  イマイチ人気のなかったTYPE−AとB(特にそれぞれのショット強化)を強くするなど、各機体のバランスを再調整しています(概ねどのタイプも怒首領蜂より強くなっています)。

●全体的な難易度の上昇
  受賞者の方に合わせた高難易度のチューニングがなされています。つまり、受賞された方専用のゲームなのです。

Mail&Letterへ戻る

トップページモバイルアーケードコンシューマカイシャアンナイプレスルームユーザーズルームミニゲーム(おまけ)