Counter 映画「愛の黙示録」上映委員会

日韓合同劇映画「愛の黙示録
<사랑의 목시록>から弐拾数年。

映画「愛の黙示録」は、韓国の孤児院【木浦共生園
の田内千鶴子さんの物語で、
NTV系[知ってるつもり]でも紹介されました

東亜友誼慈業研究会(とうあゆうぎじぎょうけんきゅうかい)のNGO活動

映画「愛の黙示録」続編に期待。

* この映画「愛の黙示録」は、97年7月10日ソウルの映画振興公社で上映され、
     其の翌々年、大韓民国政府が日本大衆文化解禁認可第一号として上映を認可しました
* 画像は、左から映画「愛の黙示録」のチラシ表裏と会食を終えた原作者と上映委員会皆さんの写真です。

★映画「愛の黙示録」との出会い。

 映画「愛の黙示録」(注1)との出会いは、日韓親善協会中央会田中龍夫会長(注2)を通じて、「愛の黙示録」の原作者で、
韓国社会福祉法人共生福祉財団(注3)の尹基会長から、特に日韓親善に努力されて居る方に、
是非この映画を観賞して欲しいとの招待が有りました。
 中央会に内容等を問い合わせした処、尹基氏は在日韓国人等の老人ホーム「故郷の家」(注4)の理事長と言う事で、
お会いしていなかったのですが、「故郷の家」は「慶州ナザレ園」(注5)と共に、
韓国を勉強する者にとっては、有名な存在で知っては居ました。
 この映画は、須之部量三氏(注6)を会長とする映画「愛の黙示録」を世界に送る会が中心と成り、
製作に至った感動溢れる尹基氏自身の母親田内千鶴子さんの人間ドキュメントだと聞き、更に、NTV[知ってるつもり]を視て、
幾度も、資料送付や連絡を受け、95年12月18日三鷹の教会で、プライベート上映会にも拘らず、鑑賞させて頂き、
主演の石田えりさんの韓国語の発音の良さ・演技力等と、映画の構成の素晴しさに、わざわざ大阪から上京した尹基会長、
東日本上映委員会新田目健事務局長と長い時間談論した結果同感し、
私が主宰する東亜友誼慈業研究会の設立15周年記念事業として、協力を申し出た次第です。
 然し、当時上映中の群馬県民200万人突破記念映画「眠る男」の主演は、江南の現代アパートに住む、
知人で韓国のトップスター安聖基氏(注7)ですので敬意を表し、95年度中は上映を差し控えました。
 水面下で関係団体・個人を問わず、ご協力を御願いしたものの、理解する人は少なく、群馬県日韓親善協会の富里氏が協力を受託され、
国際交流母の会中島代表を紹介されて、群馬県・栃木県上映委員会を96年3月16日新田目事務局長をお迎えして設立。
委員を募り、上映する五つの目的(注8)に賛同した皆さんで組織され、「愛の黙示録」の感動と、
上映会場の興奮を下記の会場で、観賞の皆様に伝えました。

尹鶴子(田内千鶴子)氏は1963年の光復節に、
大韓民国政府から日本人初の文化勲章国民章を授与されましたが、
「孤児達に与える食品や衣料の方がどれだけ良かったか」と思ったそうです。


映画「愛の黙示録」の舞台木浦共生園を訪問した歴代の駐韓日本大使
 金山政英・後宮・須之部量三・前田・御生・柳井俊一・小倉和夫(青瓦台へ同行)・寺田輝介。
 其の後も、歴代の駐韓大使(大使は、閣下と呼ばれるのを喜ぶ)が赴任の度、共生園を訪問。
安倍首相特使として、文在寅・新大統領を礼訪した二階俊博幹事長も、17年6月11日此の「共生園」を視察

96年05月16日(木) 群馬県民会館小ホール 定員603人×二回 昼・夜上映 原作者(尹基)舞台挨拶
96年07月05日(金) 高崎市文化会館ホール 定員760人 夜上映 原作者(尹基)舞台挨拶
96年08月17日(土) 足利市民プラザホール 定員826人 昼上映 原作者(尹基)舞台挨拶
96年12月22日(日) 前橋市民文化会館大ホール 定員1268人 昼上映 ----------

* 此の映画の収益金は、全て在日韓国人等が暮らす老人ホール「故郷の家」に寄贈されました。

 各会場のアンケートを抜粋で10件ずつご紹介すると、次の通りです。

【県民会館小ホールでの感動と興奮】

◆今日は、素晴しい映画を観る事が出来、胸が一杯で言葉が思い浮かべず本当に有難う御座いました。
役員の方々本当に有難う御座いました。 
山田郡大間々町・森○キ○さん(57)

◆もっと沢山の方に観て戴きたかったと思います。 
前橋市・井○静○さん(77)

◆新聞で見て、興味を持ち、友人を誘い観に来ました。思っていた通りの感動でした。
一人の日本女性の生き方として素晴しい物でした。他の友人にも是非勧めたい。 
桐生市・下○美○子さん(40)

◆酷いことばかりしていた日本人の中に、この様な素晴しい女性が居た事を、とても嬉しく思いました。 
勢多郡大胡町・益○陽○さん(48)

◆自分の子よりも、他人を愛した主人公の心情に感動しました。この映画が日韓の架け橋と成るよう祈ります。 
新田郡笠懸町・中田○氏(36)

◆54歳に成る男性です。久しぶりに、涙・なみだ・ナミダです。
邑楽郡大泉町・魯○吉氏(54)

◆本当に、素晴しい内容でした。とても信じられない激動の時代を乗り越えて来られた千鶴子さんを素晴しく思いました。 
佐波郡玉村町・斉○義○氏(30)

◆原作者の尹氏の話は感動的で有る、身の引き締まる思いをしました。
国際理解には、座して得られる物ではなく、自分の、個人の、
出来る事を、先ず行なう事で有るとつくづく感じた。
「良い映画」は、其の感動は快い物で有ります。感謝して折ります。 
前橋市・清○弘○氏(62)

◆何とも言えぬ心の深さを知った、親子を分け隔てなく育てた田内千鶴子さんの姿と、
本当の子供なのにもどかしい気持ちを感じて来られた尹氏は、
心温かい人だと思った。どうも有難う御座いました。 
高崎市・藤○陽○さん(28)

◆昔に、こんな立派な人が居るなんて思わなかった。 
前橋市・韓○憲君(11)

♪♪♪사공의 뱃노래 가물거리면・・<船頭の船歌が遠く聞こえる・・♪♪♪>と言う
唄い出しで始まる「木浦の涙」をご存知ですか?(ハングル一部文字化けの為、貼り付け出来ず。)
光復直後に詩は公募の文一石で、曲は孫牧人<日本名久我山明>で唄われた、今でも韓国人に愛唱されてる唄ですが、
ソウルから湖南線で木浦駅に到着するとプラットホームにこの唄が流れます。
 歌碑は名山儒達山に有って、見下ろす海の近くに木浦共生園が有ります。

 * 動画で、呉乗根の<木浦の涙>等を御楽しみ下さい。
   此方から、楽譜も左クィックで入手出来ます。
 ♪♪♪海が割れるのよ~♪♪♪の天童よしみの珍島物語の珍島は、木浦から一時間半ぐらいでしょうか?
又、金大中元大統領が生まれ、木浦第一小学校入学前迄住んでいた荷衣島は、直線距離で34kmです。
 映画「愛の黙示録」をご覧に成って、是非木浦を訪ねて下さい。

* 毎日新聞の映画「愛の黙示録」96/5/4の12・13面の見開きpage。
そして、仝5/9の群馬版24面と下野新聞仝8/4の3面記事です。
* 仝上、見開きのpage右下上映日程一部拡大です。

【高崎市文化会館ホールでの感動と興奮】

◆日韓のもじどおり愛の架け橋と成った主人公の心の真実を、実に端正に抑制の利いた演出で、
流麗に映像化した名監督の技量に豊かな感動を味わいました。
木浦の海の漣の宝石を散らした様なシーンに暖かい心のトーンを感じた物です。 
館林市・野○村○夫氏(56)

◆日韓の違いが、判った様に思います。
私達に忘れている事を確認した様に思います。 
高崎市・市○玉○さん(40)

◆本日は、大変心温まる映画を鑑賞させて戴き有難う御座いました。
現在の日本の子供達は物の豊かな時代に生まれ不自由の無い生活をしていますが、
実際に豊かなのかと思うことが有ります。今心の中に何か欠けている面が多いのでは無いでしょうか、
私達大人が、もう少し子供に知らせなければ成らない事が有ると思います。
子供達にも是非鑑賞させてあげたいと思います。 
高崎市・神○ち○さん(44)

◆今年韓国に嫁の立場として渡韓します。千鶴子さんの精神を見習い、私も多くの方々に尽くして行きたいと思いました。
言葉が見つからず。・・・とても感動致しました。 
埼玉県児玉郡・東○枝さん(28)

◆国や人種を越え深い愛情で、子供達を育てた、愛した千鶴子。・・・
自分の体にこんなにも涙が有ったのかと思うほど泣けました。
映画を観て、優しい気持ちに成れました。私も何かしなくては、と言う気持ちに成りました。 
前橋市・丸○泰○さん(39)

◆沢山のこじを育てて、嫌に成らなかったのだろうか、・・・つらいい戦争の中を生きぬいてきて、とてもかんどうした。 
高崎市・工○典○君(13)

◆田内千鶴子さんの息子さんの人柄が素敵だと思います。
兄妹皆んで、社会福祉の仕事に人生を捧げて居るのは、素晴しいと思います。
高崎市・佐○一○氏(47)

◆ただ、感動、涙、此れからも、この様な活動を続けて行って下さい。有難う御座いました。 
富岡市・柳○秀○氏(39)

◆千鶴子さんの生涯は、本当に良い事無しだと、可哀相に思って観て居ましたが
最後の最後に三万人が葬儀に参列したと言う処で、此れがこの人の価値の大きさなのだなぁと思いました。 
高崎市・井○裕○さん(17)

◆日本人の中にも、マザー・テレサの様に素晴しい人が居た事を知り感動しました。
田内千鶴子さんの存在を多くの人に知って欲しいと思います。
魂を揺さぶられた感じの映画でした。
原作を読ませて戴きます。私達は、もっとエゴを捨てた生活をしなくてはいけないと思いました。 
安中市・徳○弘○さん(50)

* 画像は、左上から三枚が私が発行したこの映画のパンフレットと、季刊の「こころの家族」会報誌です。

【足利市民プラザホールでの感動と興奮】

◆人間の大きな心と歴史の運命を感じた、良かった。 
足利市・木○徹氏(30)

◆日本人の心温めて呉れて有難う。本当に良かった。 
足利市・茂○○太○氏(73)

◆とても良かった。多くの人に観て貰いたいと思いました。
人の痛みの判る、又、国を越えた映画だと思いました。 
栃木県安蘇郡・八○洋○さん(37)

◆高知で三年程暮らした事が有り、田内さんの事は多少知って折りましたが、
又違った視点で田内さんの事を知れて良かったと思います。
直接息子さんのお話を受ける事が出来良かったと思いました。有難う御座いました。 
埼玉県北葛飾郡・崎○み○りさん(33)

◆一人の日本人の悲しく、そして逞しい生き様を感じます。
戦争の悲惨さから本当に多くの涙を誘う事が多い事を思います。
足利市・牧○稔氏(45)

◆映画もとても良かったが、原作者のお話でこの映画の持っている意味・重要さが良く判りました。
もっと、多くの人達に観て貰い、日韓の関係がもつと良い方向に行く事を願って居ます。 
足利市・岡○忠○氏(60)

◆情の問題が大きい事を感じますし、日韓問題も一般も市民レベルでしか解決出来ないと痛感しました。
栃木県安蘇郡・須○利○さん(38)

◆自分の生活環境と、とても似て折りましたので、とても感激致しました。 
足利市・○京○さん(79)

◆TV知ってるつもりの紹介で観させて戴いた時も、
そうでしたけれど、日韓の嵐の中で生き抜いた内容には、只驚きと感動でした。 
足利市・○浦○氏(49)

◆今の日本の若い人達に是非観て頂きたい映画であると、感動して観させて戴きました、有難う御座いました。 
太田市・新○○香○さん(50)
* 画像は、96年5月28日上毛新聞読者投稿欄記事と印鑑・原作者の電報。そして原作本。

  【前橋市市民文化会館大ホールでの感動と興奮】

◆親子とか、夫婦とか、人間の基本的な愛情を感じる事が出来ました。
日本人は豊かさの中で忘れてしまっていると感じた。 
前橋市・○原○成氏(30)

◆36年間も日本の圧力下に有った事等、歴史に付いて余りにも、
其の事実を知らないで、(教えれれず)教育課程を終えてしまっている事に、
もう一度文部省は見直す事が必要なのでは無いでしょうか。
前橋市・○方正○さん(40)

◆どうにも成らない時代だった。悲しかった。
現在本当に良い時代に過ごせて、つくづく幸せに思います。
私も父を戦争で亡くしています。子供の頃は、大変辛い思いをしました。
良い映画でした。有難う御座います。
前橋市・木○陽○さん(53)

◆久しぶりに感動の映画を見せて頂き、有難う御座いました。
荒れ放題のこの世の中に、この様な素晴しい、実話は恥ずかしながら、私は知りませんでした。
唯感動有るのみです。是非この様な企画が有りましたら、御案内下さい。
前橋市・樋○○美子さん(56)

◆韓国だけで無く、彼方此方の国を旅行する時に日本人で有る事が、
誇れないと言う事を何時も悲しく思っています。
出来る限りの場面で、子供達に本当の話をして行きたいと思います。
前橋市・○藤○子さん(48)

◆字幕を読むのが忙しかった。日本の事・韓国の事、少しは理解出来た。感動した。
前橋市・○暮清○君(12)

◆戦争時代の本当を、実際には知らないので、ショックを受けた。
日本人に対する悪感情は、当然の事と感じた。
難しい情勢の中で、子供に力を尽くした主人公に感謝する。
前橋市・新○て○さん(48)

◆感動しました。もっと広く、皆に見て頂きたい。街の映画館では、上映しないのですか、残念です。
前橋市・金○正○氏(60)

◆映像が奇麗だった。戦争とは言え、日本が犯した韓国人に対する弾圧をどうして償ったら良いか、考えさせられた。
日本人と韓国人の出演者がいらっしゃった事で、特に味わい深く、伝わって胸に沁みた。
前橋市・○上○子さん(43)

◆国境をこえた愛が、とてもよかったと思う。
ちづこさんのように、どんなにつらいことでものりきる人になりたいと思う。
前橋市・○部○子ちゃん(12)

 [凡例] 氏は成人男性、さんは成人女性、君は未成年の男子学生、ちゃんは未成年の女子学生。括弧内は年齢です。
  皆様のコメント通り表記記載しました。住所が平成の合併に依り、表記と異なる場合も有ります。

 注1映画「愛の黙示録」は、旧文部省選定、旧厚生省児童福祉特別推薦。監督・金洙容、脚本・中島丈博、撮影・鄭一成他のスタッフ。
 石田えり(孤児院に居た経験から、「釣りバカ日誌」辞めて出演しました)、
吉用佑他のキャストで、光復(韓国の独立)以来初めての日韓合作映画で、ソウルで上映され日本文化解禁の切っ掛けに成った云わば、
逆韓流映画です。

 注2、日韓親善協会中央会田中龍夫会長は、98年3月30日心不全の為都内の病院で死去。
 田中義一元総理の長男で、貴族院(参議院の前身)議員を経て、47年山口県知事に当選。
 在任中韓国動乱(1950.6.25開戦した為、625육이오ユギオと云う。
 安聖基/안성기氏は、육이오の中、ソウルを追われ、釜山へ逃げる途中の列車の中で運命的に生まれました)が勃発し、
 大韓民国政府は戦況悪くソウルから釜山に移転後、最悪山口県に政府を移す約束を田中知事と交わしたのですが、
マッカーサー元帥の仁川上陸作戦で事無きを得た貴重な経験を持った人でした。
 53年に衆議院議員初当選後13回、通産大臣・文部大臣・自民党総務会長等を歴任しました。
 私が日韓親善協会中央会でお目にかかる前に、中島源太郎代議士が勉強会の講師に招かれた時お会いした事を話したら、
とても喜んで居た事を思い出します。
 子息素夫氏とは、中央会事務局で何度もお会いしました。
 町村金五(町村信孝元官房長官の父親・現町村派会長)日韓親善協会中央会会長の後を受け、
 84年5月から97年6月迄、三代目会長として日韓親善に寄与しました。

 注3、韓国社会福祉法人共生福祉財団は、木浦共生園・共生再活院・木浦障害人療養院・木浦一時保護施設・共生家庭相談所・
 済州希望院・済州療養院・漢南女子職業専門学校・上渓職業専門学校の福祉的事業を行なって居ます。
 (漢南女子職業専門学校は、2011.12.13 表敬訪問時<ソウル市立漢南職業専門学校>と改称していました。이영배氏が対応)

 注4、「故郷の家」は、社会福祉法人 こころの家族のホームページへ。

 注5、「慶州ナザレ園」は、yahoo!検索へ。

 注6、須之部量三氏は、元駐韓大使・元外務事務次官・杏林大学名誉教授で、06年2月14日死去。

 注7、韓国のトップスター安聖基氏は、私の「自己紹介」のページ或いは、安聖基氏と会食を御覧下さい。

 注8映画「愛の黙示録」を上映する五つの目的。      ①希薄に成った人間関係の回復。
       ②更なる日韓両国の理解と交流等。         ③真実の歴史を次世代に伝える。
       ④差別と偏見を捨て、尊敬する気持ちを養う。   ⑤この感動と興奮を一人でも多くの人に伝え合う。

* 画像の左は、経過報告の私です。
 中は、食事会の様子で、挨拶が司会担当の宮沢英蔵、其の右側が原作者の尹基、
更に右端が私で、向側に群馬県居留民団の有志、他委員の皆さんです。
 右は、原作本御買い上げの方に、サイン中の尹基氏。(96/5/16 於 群馬県民会館小ホールと仝レストラン)
 映画を世界に送る会は、全国数百箇所の会場へ、「愛の黙示録」を配給したのですが、五箇所で、四度の上映会を催したのは、私達だけです。
 写真が沢山の立派なパンフレットを来場の皆様に配布したのを見た原作者は、贅沢だと叱りましたが、
 私の指示で、パンフレットの巻末の協賛の皆様の御支援で作成した物です。
  そして、97年新春の寒い日曜日に、約30人の委員・ボランティアの皆さんに集まって貰い、打ち上げとして、
 私の18番(自慢)韓国料理「コプチャンチョングル」(牛の小腸すき焼き)に、舌鼓を打って貰いました。
  ソウルの専門店「新亭」には負けますが、皆さん旨い・美味しいと食べて、この映画「愛の黙示録」上映委員会を無事に解散しました。

  観客の皆様が余りにも涙を流されるので、高崎会場からハンカチの販売もした程でした。

    12年10月より、[冬のソナタ][秋の童話][夏の香り][春のワルツ]の四季シリーズの尹錫瑚監督で、
   映画「愛の黙示録」続編クランクインの予定でした。

劇中、富岡市出身の風見章子さんがお母さん役で登場するのですが、
群馬県記念映画「眠る男」にも出演している為、藤倉博プロデューサーに頼み、
舞台挨拶を御願いしたのですが、残念ながら断られました。

【映画「愛の黙示録」主要スタッフ】 監督:金洙容 撮影:鄭一成 脚本:中島丈博
中島丈博氏は、田内千鶴子と同郷(高知県)の縁から、シナリオを担当。
更に、映画「トラック野郎 故郷特急便」(1979年東映)を手掛けている関係から、
俳優菅原文太氏も、この映画「愛の黙示録」の製作に協力した。

  ◎パンフレットに掲載の<後援>
  毎日新聞社    上毛新聞社    群馬テレビ    下野新聞社
  ◎パンフレットに掲載の<協賛>
  ホンダプリモ新生太田西店       (有)牧野情報センター      日本と朝鮮半島を考える会  
  (有)清水自動車商会          ロマン(株)             (有)佐藤製作所
  アルファ芸術協会            (有)ユー&ユーシステム     稜和解析設計事務所
  渡良瀬将棋教室             ファッションとみた         (有)丸山鉄工
  ウチダメガネ               世一観光(株)           金柄秀
  ジンセンアップの神川工場       ワタビキミート(株)        (株)コスモフーズ関東支店
  (株)吉田マネージメント        新栄緑化               高橋自動車(株)
  豊泉産婦人科医院           (株)セイロモータース関東   (株)フロンティア商会
  いえさか産婦人科医院         (有)上毛薬品            (有)優美堂
  高橋米穀店                (株)べックコーポレーション   (有)ホシカワサービス
  藤岡商店                  昭和金属(株)            (財)少林寺拳法連盟群馬前橋支部
  東邦病院

  ◎パンフレットには掲載出来なかった
   (財)群馬県国際交流協会(土屋洸専務理事・勅使河原司郎常務理事・清水弘志理事・小阿瀬達哉業務課長)
   東日本旅客鉄道(株)[高崎駅]         高崎市役所[松浦幸雄高崎市長&秘書課&福祉課]
   高崎映画祭事務局               群馬県庁[映画「眠る男」製作委員会事務局&生活協同組合]
   映画「眠る男」藤倉博プロデューサー     (株)藤田ビジネスプロモーター
   (株)ロイヤルホテルプランニング       (株)サウンド・エコー
   群馬県警察大泉署                 在日本大韓民国民団群馬県地方本部
   中曽根康弘事務所                 群馬県手話通訳派遣事務所
       他各位の皆様方の御協力を感謝致します。  감사합니다. 미야케 히데오 (掲載は順不同)
        (左の画像は、96年6月2日 上毛新聞「ぴーぷる」覧記事)

* メディア文化社大我喜代志が作成のHomePage(2011/6/10)(中)。
<絶版貴重本>李栄一と佐藤忠男の共著「韓国映画入門」(右)。
   ソウル特別市立職業専門学校訪問記

  尹鶴子が宿願だった、孤児達が立派に社会で暮して行ける為の施設をソウル市内に<漢南職業専門学校>として設立。
  其の後、<漢南職業専門学校>は、<漢南女子職業専門学校>に改え、<上渓職業専門学校>も設立。
  現在、<漢南女子職業専門学校>は、共生福祉財団の手を離れ、<ソウル特別市立職業専門学校>に改編・改称されています。

  ソウル市内に滞在しても、この職業訓練校を訪問した事が無いので、「こころの家族」に連絡して、ソウルの連絡先を聞き、
 中断していた板門店ツアー再開初日の渡韓の際に、2010年12月13日、梨泰院・이태원の宿から歩いて、訪問する。
  前日迄に電話連絡して置けば良かったのだが、ソウル市内にも公衆電話の設置が少なく成っている為、
 出来ず、アポ無し・電撃訪問なので、学校の職員室に居た二人の男女は、対応・反応が非常に悪く、
 訪問理由と其の経緯を説明して、漸く、校内を案内して戴いたものの、印象は極めて悪かった。
  学校前の漢南路で、タクシーを拾い、漢南大橋・한남대교を渡って、汝矣島・여의도に行く。

  帰国後、「こころの家族」に状況を伝えたら、尹基会長から御詫びの電話を戴き、感激した。
  人間の価値は、如何に他人に対して、気を遣うかで、尹鶴子のDNAを受け継いだ人なんだなぁーと実感した。

      本会は、2012年7月8日(日)大泉町文化むら大ホールに於いて、
     被災地支援映画「フラガール」上映会上映会に続き、第二弾から、第八弾迄、「除染作業」等の支援をしたが、
     「被災地の悪徳業者1」  <被災地の悪徳業者②>等、酷い目に遭い、ブラックリストの個人・企業が多い為、
    国家も、被災地には、税金を使わない方針に、変更の為、被災地支援から、撤退し、
     現在は、双葉郡の一箇町村を「世界貢献テーマパーク」として、地域繁栄し、住みたい街・行きたい街づくりをします。
大熊町役場会津若松出張所を訪問、交通整理の赤井光清氏との出会いと被災地復興計画
双葉郡復興は、社会貢献する事業計画しないと再び、災害を受けます。★
復興の核は、山本信人博士のGcMAFHIV等感染症難事病患者を短期 完治させます
双葉郡の一行政に GcMAF工場病院設置、病に悩む皆さんを救済。★
水脈探査した母なる大地に、栄養分が有る我々の遺体を還す<土葬霊園>を山腹に造成。
自然災害が多いのは、山に埋葬しない事で、遺体を燃さず、大地還す。★
大熊町役場を再訪と木幡ますみ町議と面談後、竜田駅視察。力強い助っ人中村守保博士。
★協力戴けない方が、多い中で、水耕栽培高齢者施設等の御協力を得る。★

万能薬 &食べる化粧品「厚岸草함초」を尋ねて、 仁川江華島訪問2015.6.1.
万能薬&食べる化粧品厚岸草鹹草/함초貴女に、御提供します!!。★

日韓親善NGO活動35年国際協力団体 東亜友誼慈業研究会
総務大臣届出政治団体  三宅藤原氏族会 (旧 児島高徳公直系同族会)
会長 三宅英雄 [児島高徳公陰陽直系二十四世裔]

〒370-0516 群馬県邑楽郡大泉町中央2-10-19
    電話&Fax 0276-61-0560
      公開2006年09月10日   更新2017年06月21日

愛車単独3000キロ韓国周遊の旅   yahoo blogs 日韓親善韓国の知識

お見合い韓国(無料紹介)   韓国歌謡界進出支援&韓国歌手招聘事業

チ・ジニ(池珍熙)ファンイベント全国開催   ドラマ「悲しき恋歌」ロケ地探索記①梨泰院洞編

児島高徳と増位山の三保ヶ関部屋   親戚 三保ヶ関部屋訪問記

저작권(C) 동아우의자업연구회 회장 미야케 히데오
Copyright (C) 2005-Permanence Hideo Miyake. All Rights Reserved.



ー 完 끝 The end ー