Counter 韓国大使館張相九参事官(東亜友誼慈業研究会のNGO活動の一環)

 

韓国大使館張相九参事官。

Non Governmetel Organization - East Asia Friendly Charity Wark Research Society

東亜友誼慈業研究会(とうあゆうぎじぎょうけんきゅうかい)のNGO活動

関係者皆様が、日韓相互理解の親善大使です。!!

한국대사관 장상구 참사관
* 写真は、99年9月25日 張相九参事官家族と共に、
小渕恵三総理大臣生家を表敬訪問。
総理実兄の小渕光平中之条町長等と会談し、
同敷地内の地元事務所内での画像です。
(背景の写真は、小渕内閣組閣時の官邸1階西階段の記念写真)
其の後、俳優津川雅彦氏がイギリスからシベリヤ鉄道を利用して輸入、
移築した石のサンポウ経営の大理石村・ロックハート城
(斉藤部長の招きで視察)等を案内し、伊香保温泉で一泊しました。
此れが民間外交です。<参事官は、大使・公使の下です>

【張相九参事官との経緯】


 、99年9月11日ホテルニューオオタニにて、
   開催された「食用菌類医学薬学研究会」の設立パーティーで、
   駐日本大韓民国大使の代理として、出席の韓国大使館張相九参事官と同席する。
    「食用菌類医学薬学研究会」は、韓国政府と韓国新薬で共同開発の「抗がん剤」
   <MESIMA>の開発責任者兪盆東博士の開発経過の講演等の後、
   懇親パーティーが開かれ、「抗がん」に関する談話が会場内に充ちて居ました。

    私は、薬学では日本よりも韓国の方が、上だと思っているのですが、
   98年暮れ、母親が発癌し、病の床に付いた時、韓国の薬学関係者を探している内、
   私の関わった映画「愛の黙示録」のファンで、愛妻の遠縁に当る韓国新薬の洪南斗副会長と連絡が取れたのですが、
   時既に遅く、母親は、黄泉の国に旅立ってしまいました。
    其の後、このパーティーに招かれ、張相九参事官・兪盆東博士等の薦めも有り、
   この設立パーティー後、<MESIMA>を仕入れて、沢山の癌患者の方に提供しました。
    其の効果の為か?韓国内で、贋物が出回り、韓国政府は、処方箋無しでは、販売しない事に成り、
   残念ながら、今では提供致して折りません。、
    私が、マスコミ関係だった関連で、新聞等御世話に成りました事補足します。
    (<MESIMA>に関しては、夕方の「スーパーニュース」で、紹介されました。)
    小渕総理から頂いた弔電。

 、其の後、酒好きな張相九参事官に、当時販売していた二東マッコルリ等を贈ったり、
   何度かの電話の遣り取りの中、科学技術の専門家で、NASAにも、長期出張の経験の有る彼は、
   「科学技術庁長官の中曽根弘文参議院議員に面会出来ないだろうか?」との事で、
   中島源太郎後援会の時から、親交の有った、
   城代家老の新島章男第一秘書に電話した物のスケジュールが取れず、
   「其れなら、小渕総理に会いたい」との事で、「更に、無理だ」と答えた物の、
   小渕総理の高崎事務所は、遠縁の入内島一崇先生が所有のビルワンフロアを提供して居る事と、
   地元中之条事務所の田中邦雄秘書は、本会天田理事と親交が有るので、電話したが、勿論駄目で、
   小渕総理生家訪問、実兄で中之条町長の小渕光平氏表敬訪問と言う事で、折衝完了しました。

    同15日前橋に出たついでに、お見合い韓国に理解有る、前述のロックハート城に出向き、
   「25日韓国の政府高官を案内してくるので・・・」と御協力を御願いすると、
   民間の大きなレジャー施設は、懐が大きく、気軽に引き受けて戴きました。

    さて次は、温泉で、手軽な所で、「伊香保温泉何処が良いだろうか?」と本会茂木理事に聞くと、
   石坂旅館の田中憲太郎副支配人に直ぐ連絡して、特別室を抑えて戴きました。

    同25日、関越道赤城インターで待っていると、ブルーの外交官ナンバーを付けたローレルに乗って、
   張相九参事官家族三人が到着。息子は都合で来られず。
    先ず、小渕総理生家の有る中之条事務所を二台で、訪問する。
    田中邦雄秘書・小渕光平町長・町長夫人等に歓待され、面談した時の写真がトップの画像です。
   
    再会を約して、次に、石のサンポウ経営の大理石村・ロックハート城を訪問。
    斉藤稔事業部長に園内のダイアナ妃が使用していたロールスロイスやバンジージャンプを案内して戴き、
    地ビールの有る園内のレストランで食事。

    伊香保温泉石坂旅館では、約束通り最上階の特別室を用意して頂き、非常に感激していた様子でした。
    茂木・高山両理事が、挨拶に特別室訪問。私達は、高崎に用事が有る為、
   この晩は、家族水入らずにして、翌朝、再び石坂旅館へ、
   参事官は、埼玉でゴルフの予定が有るので、任永順夫人と其の愛娘恵恩ちゃんを榛名湖と榛名富士に案内。
    恵恩が、サイクルボートに乗りたいと言うので、私と一緒に榛名湖北岸往復。
    湖畔の天狗亭で参事官と待ち合わせをし、関越道渋川インターから高速で、上里SAで早い夕食。
    駒寄のオービスⅡ(速度取締機)通過は、かなりの速度だった様だが、
   治外法権の外交官ナンバーにピッタリ付いて走った為、県警からの呼び出しは無かった。
    私達は、本庄インターから帰宅。

 、其の後、10月5日韓国大使館表敬訪問日韓親善協会中央会の康周鳳理事経営の「ソウル赤坂店」で、焼肉の食事。
    江原道出身の参事官に、「江原道は、確か松茸の産地だが、
   韓国の松茸は、日本産よりも水気が少なく上手いねぇ」と云ったら、現地から送って来て、美味しく戴きました。

 、年が開けた00年1月9日、西早稲田のマンション訪問。
    夫人が風邪気味と言うので、見舞いを兼ね、
     約束していた進道のサガーミンクのハーフコートとバンダヂ(箪笥系家具)をプレゼント。
    参事官と二人早稲田通りの店で、昼食。

 、同2月4日、前述の日韓親善協会中央会の康周鳳理事経営の「ソウル赤坂店」で、
   参事官を招き、本会理事二名と焼肉の食事。後から、中央会の康周鳳理事一時同席。

 、同4月24日、参事官から電話が来て、
    「息子がインターナショナルスクールに通学しているのだが、本国に帰国した時、
    就学の事実にカウントされないので、外国籍で入学出来る高校を探してくれ。」と依頼有り、
    白根開善高校を紹介したのだが、後日、千葉県内で受け入れしてくれる学校が有ったと連絡有りました。

 、同5月16日、上野の韓国料理店に参事官を招き、本会理事一名と焼肉の食事。
     帰国の予定が出来たので、其の挨拶を受ける事に成りました。

【張相九氏本国帰国後の経緯】
     2001~2003 国立中央科学館ソウル科学館官長
     2003~2005 国立中央科学館研究センター所長代理
     2005~現在 韓国エンジニアリング振興協会常勤副会長  張相九氏其の他の詳細。
    【画像解説】
 左上から、右に◆ 「食用菌類医学薬学研究会」の設立パーティーで、意気投合。
           ◆ 「大理石村・ロックハート城」バンジージャンプ下で、斉藤稔事業部長と三人。
           ◆ 外交官ナンバーのローレルをバックに、斉藤稔事業部長と四人。大理石村入り口。
 左下から、右に◆ 「石坂旅館」に、茂木・高山両理事が、挨拶に特別室訪問。  ◆ 上里SAで早い夕食。
           ◆ 2007.07.05. 大韓民国建設技術賞授賞式の際、 授賞式に先立って来賓達が談笑を交わしている画像。(張相九氏は、右側中。)
      ★ 上記掲載の個人・法人・団体等の皆様、御協力と御理解に感謝申し上げます。★

    2012年7月8日(日)大泉町文化むら大ホールに於いて、 被災地支援映画「フラガール」上映会上映会に続き、
   第二弾から、第八弾迄、「除染作業」等の支援をしたが、被災地の悪徳業者①被災地の悪徳業者②ブラックリストの個人・企業が多い為、
   国家も、被災地には、税金を使わない方針に、変更の為、被災地支援から、撤退し、
   現在は、双葉郡の一箇町村を「世界貢献テーマパーク」として、地域繁栄し、住みたい街・行きたい街づくりをします。
大熊町役場会津若松出張所を訪問、交通整理の赤井光清氏との出会いと被災地復興計画
双葉郡復興は、社会貢献する事業計画しないと再び、災害を受けます。★
復興の核は、山本信人博士のGcMAFHIV等感染症難事病患者を短期 完治させます
双葉郡の一行政に GcMAF工場病院設置、病に悩む皆さんを救済。★
水脈探査した母なる大地に、栄養分が有る我々の遺体を還す<土葬霊園>を山腹に造成。
自然災害が多いのは、山に埋葬しない事で、遺体を燃さず、大地還す。★
大熊町役場を再訪と木幡ますみ町議と面談後、竜田駅視察。力強い助っ人中村守保博士。
★協力戴けない方が、多い中で、水耕栽培高齢者施設等の御協力を得る。★

万能薬 &食べる化粧品「厚岸草함초」を尋ねて、 仁川江華島訪問2015.6.1.
万能薬&食べる化粧品厚岸草鹹草/함초貴女に、御提供します!!。★

日韓親善NGO活動34年国際協力団体 東亜友誼慈業研究会
総務大臣届出政治団体  三宅藤原氏族会 (旧 児島高徳公直系同族会)
会長 三宅英雄 [児島高徳公陰陽直系二十四世裔]

〒370-0516 群馬県邑楽郡大泉町中央2-10-19
    電話&Fax 0276-61-0560
      公開2008年06月14日   更新2016年10月01日
 
お見合い韓国   愛車単独3000キロ韓国周遊の旅

児島高徳と増位山の三保ヶ関部屋   親戚 三保ヶ関部屋訪問記

저작권(C) 동아우의자업연구회 회장 미야케 히데오   
Copyright (C) 2005-Permanence Hideo Miyake. All Rights Reserved.