Counter 被災地支援・瓦礫仕分作業員を募集したが、騙される。

 

被災地支援高収入除染作業員②」を募集したが、騙される。

ワイアールテック株式会社
株式会社Guild
株式会社アムダック建設
中山雅博
を被告にしての戦い。

殺人犯以外は、厳しくない悪の蔓延る日本社会>
韓国で、重罪を犯し逃亡して来た
DNAがもたらす<恥ずかしい同和日本社会

★ 前回の安田&アイシン建設谷の事件を参考にページを作成中です。同和に犯罪をさせない為に!★

日本の恥韓国等に罪の償いすべき大罪人

罪に甘い社会が今正に、≪悪因悪果/あくいんあっか
(悪い行為には、必ず悪い結果や報いが有ると云う意味の仏教の語り。

* 左の画像は、私の法的バイブル「法律の抜け穴全集」と、
身の回りの法律と届出書式集」です。

田中真紀子・橋下徹の様に翌朝には、考え方を翻えしたり、
金を遣わず、手弁当で外出する老若男女の日本社会。
犬猫と同じ、近親婚で、病気や障害者が出るのに、保障を出す行政。
同和に味方する司法。

下記の様に、本会を信じ、応募された皆様に被害を与えた事を御詫び致します。


本会はボランティア的に、助っ人を駆って戴ける男女の皆様、
北海道から九州・沖縄の方、日本各地からの応募を御待ち致します。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 訴 訟 に 成 っ た 募 集 概 要 』


  ■ 期間        本年(2014)9月16日から来年現場終了迄予定。 終了後も同様現場就業可能。
  ■ 最低日当     1万6千円  危険手当込。
                オペレータ&職長は、別途手当有。
  ■ 実働時間     8時から17時位。
                7時40分より朝礼後、作業。 JVの労働条件に準ずる。
  ■ 支払        末〆翌々10日支払。  前借応談。
  ■ 待遇        日曜・祝日休日、雨天・降雪の場合稀に作業中止。
                二食千円から千五百円(給料天引)。 日曜・祝日は、提供無。
                ヘルメット・マスク・作業服・道具・工具貸与。 手袋・安全長靴等事前準備乞う。
                旅館等の宿泊施設提供(原則、始め二人部屋後に個室)。 下の画像は、アムダック建設の旅館の個室。

                  ★ 最低試算  1万6千円-食事代千5百円(自己負担分)=1万4千5百円
                             1万3千9百円×25日=36万2千5百円(宿泊を提供されますから、
                             無駄遣いしなければ、残せる事が出来ます。
                              そして、九ヶ月間326万円以上に成ります。

記載されていない事項は、上記に準ずる。


           被災地復興関連事業に関わっている方達は、非常に経済的に潤って居ます。
           社会貢献をして、経済的に潤おい、消費する事は、景気を良くする事に繋がります。


【本会は、業者では有りませんので、被災地支援以外の建設・土木等の業務は行いません。】

但し、刺青・指欠損等、派遣元・作業員に暴力団介入が多い為。
反社会的勢力関係者の応募は出来ません。


     現場でも、アベノミクスの影響で経費が高騰したのが原因で、
    被災地復興支援の為の日当は、月日を重ねる度に安く成っています。
     更に、今後、安く成る傾向に有りますので、早い決断が必要です。
     アベノミクスの円安傾向は、金持ち優遇政策です。
     食料品・石油製品等の輸入品は高騰を続け、益々生活が苦しく成りますので、
    収入を増やして、対応するしか方法が有りません。
     御協力を御願い致します。


同和とは士農工商の下の身分で有る穢多・藤内・非人の被差別部落出身者を指す。

被告人③アムダック建設とのメール遣り取り

  被告人③アムダック建設の求人広告を見て、2014年7月1日14:50メール送信したら、
  担当の樟山070-5326-3098から、仝7月4日 18:54作業員名簿が欲しい旨の返信有。
  仝7月5日 6:4910人の作業員名簿を送信。
  仝7月6日 12:58樟山和也から、連絡先が欲しいと返信有。
  仝7月6日 13:10更に、「名簿以外の資料が必要で、今月中旬~下旬の現場配属を目標とさせて下さい」との事。
  仝7月12日 17:33樟山和也から、<飯館除染仕様書>届く。
  仝8月21日 11:30鈴木(女)より、メールにて、宿舎の部屋画像三枚届く。

---------- 【 訴状の請求原因 】----------

    <3月5日15時頃&3月12日16時頃の二回提出したが不備返され、3月18日13時半頃、漸く受け取って貰う。(佐藤正和書記官)>

    平成26年7月4日飯館村除染作業の業務依頼を被告③㈱アムダック建設より受け、
   作業員を送ったものの、飯館村には、入場出来ず、話の聞いて居ない、条件の全く異なる、
   被告③㈱アムダック建設副社長を名乗る被告②㈱Guild代表取締役大内康博の契約する、
   本宮市荒井字山ノ神46-14栄荘102号室にタコ部屋状態で、中島誠司・加藤美千代・大坂佳巨・金沢良勝の4人は、
   寝起きさせられ、福島市内の道路除染に従事して居た為、9月27日午前仝栄荘を訪問し、
   大家の佐藤照栄氏に状況を聞き、101号室に居た、被告③の社屋で、面識の有る被告④中山雅博に会い、
   被告③㈱アムダック建設統括部長&被告②㈱Guild工事部主任として、作業員の管理をしている等の更なる状況を聞き、
   被告③代表取締役山田順二と被告②大内康博に電話したら、間違い無く金をやる(支払う)し、出勤表も月曜日9月29日に出すと云う。
   仝上作業員4人が現場から戻るのを待って、食事をしながら、話し、4人は雇用条件等異なる為、仝月29日付けで、辞職。
    仝道路除染作業は、㈱Guildの上に、被告①ワイアールテック㈱が有り、書面・内容証明で、善後策を乞うたが、
   何の反応も無い為、仝4人分143,500円を被告②被告③被告④と共に、連帯して、支払え。
   残り、関村啓祐・加藤崇・小林洋輔・藤枝正己の仝26年8・9月分と、
   契約書明記の三年分損害賠償額分8,548,500円内1,256,500円を被告①ワイアールテック㈱を除く、
   被告②被告③被告④が連帯して、支払え。
    後者の4人も、飯館村の約束は破棄され、原発内作業他色々な仕事を転々とさせられて居る様子で、
   被告③とこの4人に電話しても、埒が明かず、原告は、状況を把握出来て居ない状態。
    尚、支払日は、当該翌月末なので、11月1日からの請求とする。
    被告③に、面接数人を向けたが、一日で退去等多く、業者間の評判も頗る悪く、
   WEBの求人pegeに主要取引先を二社掲載して居るが、
   何れも、問題ありきで、二社共解約したとの文書と証言を得て居ますが、代表取締役山田順二は、
   電話にも出ず、削除されて無く、迷惑千万と云う話で、此れを機に改心を求む。
---------- 【 訴状の添付書類 】----------

   飯舘村除染仕様書&メール受信写(1号証)
   飯舘村除染請負&メール受信写(2号証)
   コンサルティング契約書(3号証)
   作業員名簿(4号証)
   求人票(5号証)
   請求書(6号証)
   作業員募集のWEBpege写(7号証)
   ワイアールテック㈱宛内容証明(8号証)
   仝宛て配達証明等写(9号証)
   ㈱Guild宛内容証明(10号証)
   仝宛て配達証明等写(11号証)
   ㈱アムダック建設宛内容証明(12号証)
   仝宛て配達証明等写(13号証)
   被告①②③登記簿謄本写(14号証15号証16号証)
---------- 【 訴状訂正申立書 】----------

   館林簡易裁判所 御中

   事件番号  平成27年(ハ)第52号
   原  告  NGO 東亜友誼慈業研究会 こと 三宅■■
   被  告  ワイアールテック株式会社 株式会社Guild
         株式会社アムダック建設 中山雅博
   
   訴 状 訂 正 申 立 書
   平成27年4月3日

   原告 NGO 東亜友誼慈業研究会こと三宅■■

   本年3月26日付け、館林簡易裁判所よりの事務連絡に関する回答書面。

   (1) 訴状記載の請求の趣旨第1項に付いて。
     「被告等は、原告に対して、連帯して、金1,400,000円(内、ワイアールテック含み、143,500円。
   残りを三者で残金1,256,500円)及び、
   平成26年11月1日から支払い済みまで年5%の割合による金員を支払え」をどんな請求か?
   請求内容が明確でないとの御指摘なので、下記の様に、訂正します。

    被告等に宛てた請求書は、被告等で相談の上、金額を決めてくれの意味と原告に対しての相談等を考えて、
   明確な金額を提示しなかった訳ですが、143,500円に付いての内訳は、ワイアールテック45,000円、
   Guild45,000円、アムダック建設45,000円、中山雅博8,500円とし、残金1,256,500円に付いての内訳は、
   Guild600,000円、アムダック建設600,000円、中山雅博56,500円とします。

    従って、「被告等は、原告に対して、連帯して、金1,400,000円(内、ワイアールテック45,000円、
   Guild45,000円プラス600,000円の合計金645,000円、アムダック建設45,000プラス600,000円の合計金645,000円、
   中山雅博8,500円プラス56,500円の合計金65,000円)及び、
   平成26年11月1日から支払い済みまで年5%の割合による金員を支払え」と変更しますので、
   訴状記載の請求の趣旨第1項の御訂正を御願い致します。
                                    以上。
---------- 【 上 申 書(1) 】----------
   

    事件番号  平成27年(ハ)第52号
    原  告  NGO 東亜友誼慈業研究会 こと 三宅■■
    被  告  ワイアールテック株式会社 株式会社Guild
           株式会社アムダック建設 中山雅博

          上 申 書(1)

    館林簡易裁判所 御中
    平成27年4月27日
    原告 NGO 東亜友誼慈業研究会こと三宅■■
   
    被告③株式会社アムダック建設の住所に付いて。

    表題の表題の件に付いて、上申致します。
    <株式会社アムダック建設の求人詳細>として、https://www.jobingo.jp/detail?id=678 に、
    「面接地 319-1543茨城県北茨城市磯原町豊田1207 採用担当者山田 順二 (ヤマダジュンジ)
   本社 320-0041宇都宮市松原2-5-8 レンシャル松原103」と有りますので、
   何れかに、再度、呼び出し状を御送付下さい。
    尚、上記<株式会社アムダック建設の求人詳細>の写しを準備書面(1)「甲30号証」として、
   準備して居ますので、5月28日出頭期日持参致します。

                                               以上。

長文の為、タイトルのみで、詳細を掲載して居無い号証も有ります。
---------- 【 準 備 書 面(1) 】----------
   

    事件番号  平成27年(ハ)第52号
    原  告  NGO 東亜友誼慈業研究会 こと 三宅■■
    被  告  ワイアールテック株式会社 株式会社Guild
           株式会社アムダック建設 中山雅博

          準 備 書 面 (1)

    館林簡易裁判所 御中
    平成27年5月28日
    原告 NGO 東亜友誼慈業研究会こと三宅■■
    
        甲17号証から甲34号証追加提出。
    甲17号証 <ディスクダイヤリー9/24水曜及び、9/25木曜>の写一葉。
    甲18号証 9/2511:25着信被告③山田順二社長080-3631-0739 06-38「樟山和也辞めた。
           宇都宮には居ず、小名浜に居る。加藤美千代から聞いた」の携帯電話履歴画像。
    甲19号証 被告②が契約し、中島誠司・加藤美千代・大坂佳巨・金沢良勝の宿舎<栄荘 >の画像写一葉。
    甲20号証 <ディスクダイヤリー9/26金曜>及び、9/2615:24着信被告③山田順二社長080-3631-0739 06-38
          「資金面でごたごたして居るので、
           明日来て貰っても困る」の携帯電話履歴画像。
    甲21号証 <ディスクダイヤリー9/27土曜及び、9/28日曜>の写一葉。
    甲22号証 9/2710:37着信被告③山田順二社長080-3631-0739 00-00出切れの携帯電話履歴画像。
    甲23号証 9/2710:37着信被告②大内康博社長090-7339-4772 00-00運転中不在着信の携帯電話履歴画像。
    甲24号証 9/2710:37着信被告②大内康博社長090-7339-4772 00-36原告「運転中折り返す」の携帯電話履歴画像。
    甲25号証 9/2710:46発信原告05-36被告③「間違い無く遣る出勤表も月曜日に」の携帯電話履歴画像。
    甲26号証 9/2710:52発信原告12-03被告②「便宜上被告③の副社長」の携帯電話履歴画像。
    甲27号証 9/2809:47着信被告③05-18「残念な結果に成ったけど」原告「原因は被告 ②被告③と会えなかった事」、
          被告③「支払いは必ず他のメンバーに関しても、信用してくれ」の携帯電話履歴画像。
    甲28号証 10:23着信被告④中山雅博080-5558-0784 05-55「四人の退職届は被告③に送る。
          被告③の対応が遅かった。何か有ったら、電話する」の携帯電話履歴画像。
    甲29号証 <ディスクダイヤリー10/1水曜>及び、10/111:13発信原告00-54「如何なって居るか?」、
          被告③「今、遣って居る直ぐWBC退場させる」の携帯電話履歴画像。
    甲30号証 被告③が求人サイト<ジョビンゴ>に掲載した求人情報2pege目上部に、
          主要取引先と株式会社イー■■・合資会社■橋■■■■などと有り。
           又、9/2511:25着信被告③の電話では、「宇都宮には居ない」と云って居るのに、
          本社は、宇都宮市松原2-5-8レンシャル松原103と掲載し、
          中央下には、小名浜では、不都合なのか?面接地を北茨城市にしている。
    甲31号証 甲30号証の取引先に中島誠司・加藤美千代・関村啓祐・加藤崇・大坂佳巨・ 金沢良勝・小林洋輔・藤枝正己8名の雇用確認と、
           被告③を下請契約が有るかの問いを御協力依頼書として送付。
    甲31号証の①=株式会社イー■■宛て。
    甲31号証の②=合資会社■橋■■■■宛て。
    甲32号証 甲32号証の1=株式会社イー■■の3月5日付文書回答「平成2 5年9月から4か月のみの取引で、8名の雇用は無い」
    甲33号証 甲32号証の2=合資会社■橋■■■■の現場代理人(姓を名乗ったが、聞きそびれてしまった)より、
          3月6日9:40電話080-5745-05■■着信回答03-13「13年7月 1日から、被告③を使って居たが、8月24日に元請からの指示で、退場にした。
           被告③に電話しているが出ない。4人は名簿に無い」原告「被告③の求人pegeから、諸橋建設の名を削除させろ」被告③は、
          素行が悪い為、取引が続かず、この様に既に取引の無く成った会社を取引先と掲載し、騙して、人材を得ようとして居るので、改悛が必要。
    甲34号証 甲17・20・21・29・33号証に係る1981年からのディスクダイ ヤリー表画像。

---------- 【被告③株式会社アムダック建設を除く、三被告答弁書 】----------



長文の為、タイトルのみで、詳細を掲載して居無い号証も有ります。
---------- 【 準 備 書 面 (2) 】----------

    事件番号  平成27年(ハ)第52号
    原  告  NGO 東亜友誼慈業研究会 こと 三宅■■
    被  告  ワイアールテック株式会社 株式会社Guild
           株式会社アムダック建設 中山雅博
    
          準 備 書 面 (2)

    館林簡易裁判所 御中
    平成27年6月30日
    原告 NGO 東亜友誼慈業研究会こと三宅■■
  
      甲35号証追加提出。
    甲35号証 <株式会社アムダック建設樟山和也・仝&株式会社Guild中山雅博・アパート栄 荘大家>の名刺の写一葉。

      株式会社アムダック建設を除く、被告人答弁書<請求の原因>等に付いて。

    1、 ワイアールテック株式会社 → 第3 甲8号証記載の様に、ワイアールテック宛て、
       今回の問題に付いての善後策を乞う<御願い>と云う表題の文書を昨年12月9日送付したが、
       何の返事も無く、甲8号証の内容証明送付後も、無しの礫で、真面名会社なら ば、
       甲31号証の1・甲31号証の2<協力依頼書>及び、甲32号証・甲33号証の 様に、
       株式会社イーエムエックスと合資会社諸橋建設工業の様に回答が有り、各々、作業 員名簿で確認出来るが、
       ワイアールテックに、4人の実績が有るから、返事を無視したと判断し、訴訟に至ったのですが、
       除染作業等は、スーパーゼネコンの下、五次請け・六次請け位迄有り、作業員に給料を払わず、偽装倒産する等の事例が多く、
      フジテレビのスーパーニュース等で、大きく報道され、作業員は、二次請けの管理下と成った事は、
      関係者なら、御存じのはずで、社会通念上でも、会社が倒産すれば、親会社が保証するのは、人間としても、当然で、
      下請けも同じ事。況してや、ワイアールテックの登記簿写しを見ると、除染バブルを狙っての設立と思われる。
       原告が、準備した当該4人が、アムダック建設に提出した<退職届>雛形と、
      ワイアールテックの現場(福島市松川町の道路除染)に従事した4人の委任状を得て居ます。
       以上が、発生原因で、原告は、残念ながら、法律を学んだ事が無く、法的根拠が、判 らない。
       法律以前の問題で、4人を使った事で、利益を得て居るのは、明白です。
       何もかも、法律なのは、付き合いの出来ない、話し合いの出来ない、同和社会だから で、日本は、G7に出た安倍晋三も、相手にされず、
      物造りは上手だが、世界に物が売れないのは、同和だからで。被告等は、海外に何人友人が居るだろうか?。

       我が祖児島高徳は、長慶天皇と共に東北巡幸の際、蝦夷陸中の国和賀郡妙見寺を訪れ、
      彼の地の佐竹・南部両氏の南朝方への力添えを乞うたが、既に、同和系多く、兵として 使えないとの理由で、果たせず、
      <有待>(うたい・頼みをする処が有るの意味)の文字の懸額を残し、此処に帰りました。
       <有待>の書は、盛岡藩の学塾に掛けて有ったが、現在は行方不明ですが、此の様に、
       人間として、生まれたのに、人間で生きられ無い白河の関等から、北側の同和系に与えた罰が、3・11なのです。
       中韓から、歴史認識を問われるのは、此の同和問題が根拠です。

       甲36号証の1&甲36号証の2 ワイアールテック株式会社宛、<御願い>写二葉目。
       甲37号証 下記4人がアムダック建設に提出した<退職届>雛形写一葉。
       甲38号証 中島誠司<委任状>写一葉。
       甲39号証 加藤美千代<委任状>写一葉。
       甲40号証 大坂佳巨<委任状>写一葉。
       甲41号証 金沢良勝<委任状>写一葉。

    2、 株式会社アムダック建設から、受けた契約内容 → 甲1号証の1・甲1号証の2・  甲2号証の1・甲2号証の2に元付、
       甲3号証の1・3号証の2・3号証の3<コンサルティング契約書>を作成し、アムダック建設樟山和也が、プリントし、
       アムダック建設代表取締役山田順二の捺印の有る契約書を8月6日得て、契約成立。

    3、 作業員の条件と雇用・従事先 → 甲1号証の1<飯館村除染作業員募集>(甲1号証の1E-メール添付7月12日)に、
       基く条件と従事先が、契約出来ず、甲2号証の2<飯館村除染工事>(甲2号証の1E-メール添付8月12日)も、
       基く条件と従事先が、契約出来ず、甲4号証の<飯館村除染作業員名簿>で、6月から、
       待機の中島誠司・加藤美千代を「条件が劣るが、飯館村作業が見つかる迄、我慢してくれとの事だから・・・」と云う事で、
       小名浜に送り、中島誠司は、7月29日から従事。加藤美千代は、8月25日から従事。
       大坂佳巨と金沢良勝は、9月8日から従事。上記二名と合流。条件に付いては、甲5号証の<求人票>。

    4、 中山雅博への請求の根拠と経緯 → 8月6日アムダック建設を訪問し、樟山和也と面談。
        其の際、現場監督だと紹介されたのが、中山雅博で、名刺交換しようと出したが、
      「伊勢市から来た、名刺は未だ無い」と云うので、くれただけだった。
       アムダック建設は、割烹旅館の跡なので、他の女事務員二人共、其の店舗で話す。
        甲4号証の塚沢与蔵は、生活保護を受けていたが、原告を信じ、保護を辞めて、来たのだが、話が違うと云う事で、
       昨日辞退・退去したと云う。中山雅博は、アムダックGuild双方の関係者で有ると云い、 大家も同じ事を云う。
        又、答弁書では、「アムダックに、Guildからの出向」と有る。
        又、派遣だと云うが、現場に行き、作業をする心算で、職長の資格を取得して居る。4人を使った事で、
       中山雅博も、現場監督として、賃金に反映して来るので、関係無いと云えない。「何か有ったら、TELする」は、協力するの意味。
        甲2号証の2<飯館村除染工事>の担当中山が、中山雅博で有る。
        甲21号証 <デスクダイアリー>9月27日十時半前迄、中山雅博と栄荘101号室で、状況を聞き、
       名刺二枚を貰い、更に、4人が戻った夕刻、中山雅博と話す。
        9月28日10:23中山から電話が来て、「4人の退職届は、小名浜に送る。
       山田順二社長の対応が遅かった。何か有ったら、TELする」との電話。
        甲28号証 <携帯着信履歴>2014/09/28(日)10:23 5分55秒
        甲35号証 <株式会社アムダック建設株式会社Guild中山雅博>の名刺二枚を使って居る。(9月27日受け取った名刺二枚)
        甲42号証  <デスクダイアリー>8月6日アムダック建設訪問等記録写一葉。
        甲43号証  <特別教育安全衛生教育等修了証>(職長資格)写一葉。

    5、 株式会社Guildワイアールテック株式会社の関係 → 中山雅博は、アムダックGuild双方の関係者で有ると云い、大家も同じ事を云う。
       又、中山雅博の答弁書では、「アムダックに、Guildからの出向」と有り、Guildの答弁書では、「アムダックワイアールテックとの契約」と有るが、
       栄荘101号室と102号室は、Guildとの契約と大家は話して居るし、中山雅博の名刺二枚が関連有と物語っている。
        「副社長と云って居ない」「自分も、債権が有る」等、同和姓は、自分本位なので、平気で嘘を云う。
        栄荘の大家佐藤氏に、Guildとの契約の写しを御願いする事の可能だろうが、不利益を被る恐れ有、断念。
        4人を使った事で、利益を得て居るのは、明白です。
        甲17号証 <デスクダイアリー>9月24日19:06加藤美千代からの電話で、「 Guildと云う会社に使わられて居て、15500円。
       飯館も同じか、16千円。中山雅博は駄目だ本宮に7人で、泊まって居る」と聞き記録有り。
        甲21号証 <デスクダイアリー>9月27日10:52Guild大内康博社長に電話したら、
      「便宜上、アムダック副社長と名乗って居る」と聞き記録有り。
        甲26号証 <携帯着信履歴>2014/09/27(土)10:52 12分03秒

    6、 14万3千5百円は、中島誠司7月29日から38日分+加藤美千代8月25日から 26日分
       +大坂佳巨9月8日から16日分+金沢良勝9月8日から16日分の合計96 日分×1,500円=144,000円ですが、
       甲6号証<請求書>の中島誠司8月分15日分22,500円を22,000円と間違えて居るので、
       143,500円をワイアールテックを含む請求額とし、内訳は、4月3日付け<訴状訂正申立書>の通り、
       ワイアールテック45,000円Guild 45,000円アムダック45,000円中山雅博8,500円で、残金1,256,500円も、
       <訴状訂正申立書>の通り、Guild 600,000円アムダック600,000円中山雅博56,500円の請求とします。
        本来は、甲6号証<請求書>の金額8,692,000円の請求訴訟の心算でしたが、
       物事を大きくしたくない為、1,400,000円上限の簡裁で、本人訴訟とした訳です。

    7、 Guildアムダック中山雅博請求が、関村啓祐9月12日分18,000円・加藤崇8・9月32 日分48,000円
       ・小林洋輔9月12日分18,000円・藤枝正己8・9月分27日分40,500円の合計124,500円は、報酬としての請求で、
       契約書通り、継続して、三年間仕事をしたら、得られたであろう損害賠償額8,424,000円の請求を1,132,000円とし、
       上限1,400,000円<143,500円+124,500円+1,132,000円>に合わせました。
        三年分請求の根拠 → アムダックの噂悪く、商取引の時効は、一年なので、時効前の請求。
        甲3号証の1 <コンサルタント契約書>の対価 → 一日当たり一人1,500円以上。
        甲3号証の2 <コンサルタント契約書>の有効期限 → 三年間。
            仝    <コンサルタント契約書>の損害賠償 → 原告に一度も、報酬を支 払わず損害を与えた。
         請求の趣旨<上記金額に対する平成26年11月1日から支払済みまで、
        年5%の割合による金品を支払え>を3月18日訴状等を提出の際、佐藤正和書記官の指導に依り、其の日3月18日にする。
        訴状等提出は、3月5日木曜・仝12日木曜持参したものの不備と云われ、持ち帰り、やっと此の日受理された。

                                                        以上。

---------- 【 上 申 書(2) 】----------
   

    事件番号  平成27年(ハ)第52号
    原  告  NGO 東亜友誼慈業研究会 こと 三宅■■
    被  告  ワイアールテック株式会社 株式会社Guild
           株式会社アムダック建設 中山雅博

          上 申 書(2)

    館林簡易裁判所 御中
    平成27年4月27日
    原告 NGO 東亜友誼慈業研究会こと三宅■■
   
    株式会社アムダック建設の所在は、添付書類の通りです。

    添付書類1、 栃木県宇都宮市長佐藤栄一発行<山田順二住民票>写一葉。
             宇都宮市松原2丁目5番8号レンシャル松原103号から、平成26年5月
            23日福島県いわき市小名浜字隼人41番地7に転出。(仝27年8月3日発行)

    添付書類2、甲45号証 福島県いわき市長清水敏男発行<山田順二住民票>写一葉。
            福島県いわき市小名浜字隼人41番地から、平成27年6月1日福島県郡山
            市富久山町久保田古担130番地の1レオパレスSUNNYSIDE104号
            に転出。(u)左右斜線が引いて有る為、「郡山市に住所が無い」と思って居たのです
            が、大泉町役場住民課に問い合わせた処、いわき市役所の回答は、<斜線が有
            るが、山田順二は存在する>と確認済。(/u)       (仝27年8月6日発行)

     添付書類3、福島県郡山市長品川満里発行<山田順二住民票>写一葉。
             福島県いわき市小名浜字隼人41番地から、平成27年6月1日福島県郡山
            市富久山町久保田古担130番地の1レオパレスSUNNYSIDE104号
            に転出。仝6月29日届出。           (仝27年8月20日発行)

     添付書類4、前橋地方法務局太田支局登記官生形勝亮発行<株式会社アムダック建設履歴
            事項全部証明書>写二葉。
             登記上、被告③株式会社アムダック建設代表取締役山田順二の住所は、変更
            して居ず、甲16号証と同じです。        (仝27年8月27日発行)

                                              以上。
上の画像は、株式会社アムダック建設山田順二宇都宮市・いわき市・郡山市の住民票。
上の画像は、株式会社アムダック建設履歴事項全部証明
甲16号証と変わらず、変更登記されて居ず、会社法違法


     * 8月27日出頭時に、準備書面(3)として、提出したのだが、上申書に替え、履歴事項全部証明も、添付して欲しいとの事で、翌日提出。



 * 第三者の傍聴人も裁判所に行き、判決を聴く事が出来ますので、公開する次第です。

 * 裁判所は、口頭での口約束契約とホームページの写しを渡して説明した時、
  陳述書も無視した。
   裁判官は、日記を付けているだろうか?殆どの人が付けて居ないだろう?
  況してや、私が付けているのは、卓上ダイヤリーで文字数は少ないので、
  書き切れない。紙を加えたら、裁判官は意図的に足したと言うだろう?・・・  
   裁判官は、社会情勢が解らず、判例集等で判断するのだろうが?審理の終わった後、
  二度とも、代理人と話しているのは、所謂身内の話をしたのだろうか?
   この正本内には、記載していないが、提訴した事が原因で、被告が白血病に成ったと言う事で、

   社会経験豊かとされる司法委員も度毎同席しているが、余りにも年配や関心が無い様な人だった。
   裁判所も司法委員もインターネット関連は無知で、
  証拠提出したヤフーブログの写しの広告が一部違うのを視て、
  何故違うのか?と質問された。調停員の調停が良かったのか?共、後悔している。

   被告との友好的かつ個人的なつながりがあったから、
  システムに縛られず、紹介してものである。

   控訴しても、70%は勝てないと言うし、罰が当たり、
  さんを此れ以上追い込んでも仕方無いので、止めにした。
   此れは同和の姓氏だと思う。

   裁判所は、素人の自己訴訟を極端に嫌い、余計な仕事が増えたと思い、素人が勝てない様に仕組んで居る。
   其の証拠に、控訴手続きには、第一審提起の手数料の1.5倍の印紙を用意しなければ成らない。

   同和と在日が増える程、トラブルが増え、金を貸しても返さず、
  最近は、事故っても逃げてしまい、至る所に目撃者を探す警察の看板が立っている。
   こんな事は昔は無かった。悪い奴をヤッツケル裁判所が、正義感を失っているからだ。!!

 * 悪い奴をヤッツケ様としている皆さんに参考になればと、
  今後、この事件の全ての準備書面等を公開します。

      本会は、2012年7月8日(日)大泉町文化むら大ホールに於いて、
     被災地支援映画「フラガール」上映会上映会に続き、
     第二弾から、第八弾迄、「除染作業」等の支援をしたが、
   被災地利用の悪徳業者との戦い→  「被災地の悪徳業者1」

      此れ等は、人で有っても、人間では無い。
      人間とは、沢山の人の中で生活をし、考え・悩み・きちんと生きて行く人を云うが、
     他人は、御構い無で、酷い目に遭い、ブラックリストの個人・企業が多い為、
    国家も、被災地には、税金を使わない方針に、変更の為、被災地支援から、撤退し、
     現在は、双葉郡の一箇町村を「世界貢献テーマパーク」として、地域繁栄し、住みたい街・行きたい街づくりをします。
大熊町役場会津若松出張所を訪問、交通整理の赤井光清氏との出会いと被災地復興計画
双葉郡復興は、社会貢献する事業計画しないと再び、災害を受けます。★
復興の核は、山本信人博士のGcMAFHIV等感染症難事病患者を短期 完治させます
双葉郡の一行政に GcMAF工場病院設置、病に悩む皆さんを救済。★
水脈探査した母なる大地に、栄養分が有る我々の遺体を還す<土葬霊園>を山腹に造成。
自然災害が多いのは、山に埋葬しない事で、遺体を燃さず、大地還す。★
大熊町役場を再訪と木幡ますみ町議と面談後、竜田駅視察。力強い助っ人中村守保博士。
★協力戴けない方が、多い中で、水耕栽培高齢者施設等の御協力を得る。★

万能薬 &食べる化粧品「厚岸草함초」を尋ねて、 仁川江華島訪問2015.6.1.
万能薬&食べる化粧品厚岸草鹹草/함초貴女に、御提供します!!。★

名は体を表し姓は家柄を表す苗字で、出自が判明する

        被差別部落と其の住人の苗字
  * 注  被差別部落が有った事を秘密裏にする為、行政等が部落の地名を変えた事例が沢山有りますが、
     出来るだけ()内に、現在の地名を表示しました。

  千葉県佐倉市上本佐倉地区 御存じ長嶋茂雄の生誕地です。
  千葉県市原市八幡観音町地区
  【<嶋・島(しま)>が付く苗字】
  大島大嶋大嶌松島福島本島川島高島 等。
  * 囲われたやくざの縄張りと同じ意味。

  茨城県古河市大山地区・中田地区=多並山口石川 等。
  茨城県結城市山川新宿地区=永藤永井永木 等。 生業ー草履売り・廃品回収・蝙蝠傘直し・干瓢売り・
  【<口(ぐち)>が付く苗字】
  山口原口戸口関口 等。
  【<戸(と)>が付く苗字】
  戸口戸倉戸井戸ケ崎戸田城戸・・宍戸瀬戸 等。
  * 何れも、囲われた所の出入り口を意味する。

  栃木県大平町富田地区・舞台島地区・六ツ屋地区・榎本地区=山根金沢 等。 生業ー皮革産業
  栃木県下都賀郡藤岡町沼尻地区=石塚清水 等。
  栃木県小山市稲葉郷白山地区・中坪地区・鹿島地区・向原地区
  [稲葉郷は、関東最大の被差別部落]東電小山変電所・小山第一工業団地が有る=松島姓
  仝現在駅南町と呼ばれる水戸線の南側の祝町地区他小山市に30地区の被差別部落が有った。
  【<水(みず)>が付く苗字】<氵>が付く苗字と同じ。
  清水吉水速水 等。
  * 井戸の無い川辺に棲むを意味する。現在のホームレスと同じ。

  群馬県太田市世良田地区=松島 等。
  群馬県太田市古戸地区
  群馬県群馬郡群馬町中泉地区=高橋岡田 等。 生業ー廃鶏処理
  群馬県長野原地区
  群馬県箕郷町柏木沢地区=坂井関口三原 等。 生業ー家畜商 箕郷城有り。
  群馬県金古地区 前橋・高崎地方は、一里を空けて被差別部落が有った。
  群馬県邑楽郡千代田町福島地区・中島地区・岩佐地区・新福寺地区・大日地区・中天地区・舞木地区=大沢 等。 生業ー造園業
  群馬県邑楽郡大泉町吉田西部地区=川島 等。 生業ー土建業
  仝 寄木戸及び、坂田東部地区=坂本植松 等。
  仝 古海東部地区=小林 等。 生業ー造園業
     * <参考><群馬県同和地区の現況>    <近親婚の菅直人総理>

  上記三つの地区は、私が代々457年暮らす横町(現在の中央)から、二キロ以内だが、戦国時代の城が有った所には、
 同和は必要で、其の城の近い場所に住居させ、戦の際に人間の盾と成る様、仕立てていた。
  又、寺院は、昔山の中に有ったから、〇〇山〇〇院〇〇寺等と称するが、床堀(墓穴掘り)の寺男に、同和を必要としていた。


  群馬県桐生市浜松町二丁目地区・東七丁目地区・宮本町地区=野本山内杉戸 等。     群馬県で一番多い苗字高橋
  【<野(の)>が付く苗字】
  野本野口野田野稲野茂野村野辺野崎
  狩野鹿野牧野岡野高野久野羽野川野河野平野星野日野管野細野 等。

  *  荒々しく卑しい奴の意味。韓国では、土方の事を野方と云います。
    山を開墾して、田畑を作る為の人間耕運機だった訳で、一般社会と隔離されていました。
     日本では土方と呼び、其の殆どが同和と在日韓国人で構成され、現在は土建業と呼称します。
     馬鹿野郎は、卑しい動物の様な奴として、馬・鹿・野が付く苗字を揶揄しています。
     民主党の代表選に馬淵澄夫・鹿野道彦・野田佳彦が出馬し、週刊誌は馬鹿野郎代表選と見出しを書きました。
     <「野」の起源と由来>を視ると、野は野合する意味との事ですが、
    韓国では仲人の無い結婚を野合と云い、不道徳を意味します。


  【<沢(さわ)>が付く苗字でさわと濁らない苗字】
  大沢三沢 等。
  * 井戸の無い川辺に棲むを意味する。現在のホームレスと同じ。

  埼玉県熊谷市上中条地区
  埼玉県熊谷市南河原地区

  新潟県上越市北本町四丁目地区 亀井 等。 生業ー製靴業等履物製造
  新潟県小千谷市吉富町(船岡町)地区 長谷川
  新潟県柏崎市荒浜地区
  この同和地区に有るのが、
 東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所で有る。
    〒945-0016  新潟県柏崎市青山町16-46
    0257-45-3131 最寄駅JR東日本越後線荒浜駅
   1985年9月に予定より四年遅れて、1号機営業運転開始したのだが、
   1972年(昭和47年) 6月 『日本列島改造論』を発表した田中角栄が、其の翌月総理に就任。
    66年9月から、田中角栄は、生家に程近いこの同和地区に原発を誘致しょうと画策し、
   我が家の遠縁を名乗る田中角栄が政界進出以前から同僚で、
   秘書をしていた室町産業入内島金一を使い、原発用地を買い占めていた
   田中姓が同和なら、我が家の遠縁を名乗る入内島も、偽の系図を造った同和である。
   私は、入内島金一の倅の一崇に会っていますが、DNAは全く異なると思う。
   又、明らかに同和系の苗字である。
   * 入内島等の三文字の苗字に付いては、此処では解説しません。
     何故なら、中国ではフルネームで二文字、韓国では三文字、
    日本では四文字と漢字と仏教伝来後、其の国家間の公的な交渉時に決められた為。
   * 私のルーツで有る新羅四大王<昔脱解석탈해>の血を引く、蘇我稲目の薦めに由り、欽明天皇は仏教を受容した。
     <そが>は、昔のハングル読み석sokに아aを付け、語中のkはハングルでは濁るから、soga→そが→蘇我としたのです。
     日本の最初の国名は、逃亡者だらけで、「倭奴国」(野蛮な奴がいる国)と名付け、
    所謂、中国では張・王・李越南では阮・黎・李韓国では金・李・朴等の漢姓なのに、其れをを名乗らせず、
    仏教を信じる蘇我稲目達が、意味の有る苗字を名乗らせた。

     器を持って食べる食文化も、大陸で永く牢獄に居た経験から、他の人に食べられない防衛策から来た習性なのです。
     そして、外食の際に同じ物を注文する事も、同様なのです。

   * 田中角栄の父角次は、同和の生業ー馬喰を遣っていたのだが、起死回生を狙い、
    済州島へ子牛の仕入れに行き、育てて売る心算だったが、越後は寒く、子牛は育たず、
    沖縄の知人に売却してしまった。其の牛の子孫が神戸牛・松坂牛・米沢牛等で有る。

  其の外、原発用地は福島県以北を除く、全国の同和地区をターゲットにされ、現在56箇所有ります。
  【<動物>が付く苗字】
  亀井亀田  馬場馬淵
  鹿野鹿山  牛窪牛山
  猿田猿橋  猪瀬猪木猪俣
  熊田大熊 等。
  * 先祖が屠殺業・皮革業等野獣関係に携わって居た事を意味する。

  【<中(なか)>が付く苗字】
  中田中山中井中谷中屋中森
  田中 等。
  * 囲われた所の内部を意味する。

  富山県富山市双代地区・田中町地区  生業ー皮革業

  富山県氷見市中伊勢地区
  富山県高岡市南町地区・横田新町地区 生業ー皮革業

  福井県大飯郡高浜町田ノ浦地区・西三松地区・
  福井県大飯郡大飯町大島地区・本郷十四区地区
  福井県三方郡美浜町丹生地区・河原市地区・小倉地区・南市地区=松本井元 等。
  福井県小浜市遠敷地区

  この原発銀座と呼ばれる同和地区に有るのが、
 関西電力株式会社の原子力発電所で、各々の地区から10キロ以内に有る。
  関東大地震の三倍強の地震が来ても、安心の設計で有ると云う。

  三重県桑名郡長島町南松ヶ島地区=池田
  三重県桑名市下深谷地区 生業ーサンダル製造業=松田吉田 等。
  三重県青山町老川地区 生業ー土建業=森内
  三重県志摩郡磯部町迫間地区=吉村伊藤
  三重県松坂市丹生寺地区=奥村
  三重県上野市八幡地区=松井星野上田 等。

  滋賀県近江八幡市八幡町地区・末広町(武佐)地区=森井
  滋賀県安土町宮津地区=角井森村 等。

      以上[被差別部落 東日本編]より抜粋。現在[被差別部落 西日本編]を探している状況です。
      * <インターネット版部落地名総鑑>

  【<氵(さんずい)>が付く苗字】<水>が付く苗字と同じ。

  * 井戸の無い川辺に棲むを意味する。現在のホームレスと同じ。

     <鹿沼クレーン車癲癇事故>運転手の柴田将人(28)・<京都の祇園軽ワゴン車癲癇事故>の会社員藤崎晋吾(30)、
     癲癇の持病を隠し、運転免許を不正に取得、ベンツを運転中、癲癇が発症し、<池袋暴走事故>の5人を死傷させた北区の医師、金子庄一郎(53)。
     何れも、同和等の近親婚が原因です。

≪貴方の先祖は、韓国からの渡来人姓氏(苗字)で判る私達のルーツ

  2006/8/23(水)午後0:45ヤフーブログ投稿記事をパクリが多い為に移動する。
    ヤフーブログを御覧戴き、沢山のコメントとトラックバックを下さった皆様に感謝し、御健勝を御祈念します。

  『新羅王族系姓氏』
   三宅・浮田(宇喜多)・児島・松崎・和田・今木・沢田。
    (全て、天日槍命の後裔。詳細は、「遠い昔韓国から来た私達のルーツ
     或いは、姓氏類別大観【三宅氏】  を御覧下さい。)
       三宅姓は私・三宅久之等、沢田姓は大相撲三保ケ関部屋親方の沢田昇等。

  『同民族系姓氏』
   海南・金城・国見・竹見・豊南・眞城・広田・吉井・清水・
  宇野・大内・大宮・江木・柿並・黒川・
   末武・右田・矢田・山口・井上・小野・小俣・大伴・三田・道田・吉川・荒木・新井・三輪・息長・
   白木・平野・竹原・加羅・服部・畠山・白石・白井・宇佐・志賀・那須・春澄・山田・新木・伏丸・
   山田・大市・癖田・栄井・糸井・海原・豊原・多々羅・金・陶・泉・秦・星・中島。
   
  『高句麗王族系姓氏』
   安達・堅部・白河・高倉・難波・高井・高麗・駒井・阿部・芝木・賀茂・長瀬・渡部。
  
  『同民族系姓氏』
   出水・大井・柿井・上部・下部・清岡・清原・後部・滋井・高田・田川・高峰・高安・玉川・玉井・
   田村・豊岡・鳥井・新城・日直・松川・朝日・三笠・御坂・御井・村上・八坂・吉岡・神田・本所・
   野田・金子・司馬・武藤・田井・阿部・福泉・加藤・藤城・日置・大拍・武生・嶋岐・後笠・高史・
   豊津・嶋根・須須岐・小谷野・島。

  『百済王族系姓氏』
   広野・中村・藤井・御船・大崗・錦織・菅野・眞野・三善・飯尾・大川・大逢・太田・布施・町野・
   水浪・矢野・春野・広井・河内・村主・砂田・高野・鬼室・室徒・桑田・桑原・河村・阿久津。
  
  『同民族系姓氏』
   石川・香山・清田・清道・国中・坂田・坂原・杉谷・高代・豊田・豊浦・長沼・長野・中山・福地・
   松井・水尾・三野・小川・小高・下井・不破・古市・御地・御春・岡原・岡登・岡上・佐太・土師・
   菅原・田辺・川原・大原・長田・渡来・渡合・光田・上村・桜井・飛鳥・大友・大野・春日・集斯・
   穴門・小間・木間・辛島・大丘・広幡・取石・信太・中野・賀良・古志・市住・市古・和朝・長背・
   黄文・良峯・広津・麻田・御池・内原・宮原・吉野・高槻・石野・若江・栗栖・波田・岡屋・依羅・
   山河・船子・錦部・大石・池上・中津・久米・宇努・国本・福常・福当・多利・桜野・葦屋・神前・
   内蔵・台忌・広階・大県・朝妻・台直・温義・犬上・近義・東・津・辻・船・漢・勝・原・林・橘。
   平田・池辺・吉井・谷。

    日本に来た重要な理由の有る私の一族新羅王族系と同じ様に、
   高句麗王族系・百済王族系も訳が有るのだろうが、
   其れ以外の民族系姓氏は、今後の研究だが、白丁かと思われる。

    新撰姓氏録に依ると、9世紀(千百年前)の奈良・京都地方の官史人口の30%以上が、
   渡来人だつたと言う話です。神功皇后は新羅系。恒武天皇は百済系。 
    今上天皇は、金大中大統領との宮中晩餐会で、遠い昔血縁だった事を、史上初めて申されました。
  


   * 左の画像は、裸で道路を渡って駐車場に来る同和
     国際交流出来ない恥ずかしさ、海水浴場と同じと思っているのだろうか?

            {参考文献} 
            ■ [日本新撰姓氏録] 815年刊
            ■ [皇幹臣枝] 朝鮮総督府刊/斎藤正雄著
            ■ [観光案内] 国際観光公社刊
            ■ [地名・苗字の起源] 産報刊/鈴木武樹(明治大学教授)著
            ■ [被差別部落 東日本編] 解放新聞社編/三一書房刊
            ■ [被差別部落の伝承と生活] 三一書房刊/柴田道子著
            ■ [被差別部落の形成伝承] 現代書館刊/本田豊著
            ■ [日本の路地を旅する] 文藝春秋刊/上原善広著
            ■ [朝鮮の被差別民衆―「白丁」と衡平運動] 解放出版社編/金永大著

* 西を向いても、東を視ても、全て代々職人として暮らして来た同和なので、
其の職以外は、何も判らないのに出来る振りをして、前進出来ない日本。
こんな社会に成ると父母も祖父母も云って居た。
今、時期が来たと思い、此処に公開します。
自分のルーツに関心が無いのは、犬猫と同じです。

御自分の苗字が同和で有っても御安心下さい。
日本では、簡単に苗字が変えられますから、・・・


総務大臣届出政治団体 三宅藤原氏族会 (旧 児島高徳公直系同族会)
日韓親善NGO活動34年国際協力団体 東亜友誼慈業研究会
会長 三宅英雄(高徳公陰陽直系二十四世裔) 

http://三宅氏.jp   高徳公と三宅英雄のルーツ

〒370-0516 群馬県邑楽郡大泉町中央2-10-19
電話&Fax 0276-61-0560
公開2014年05月11日  訴訟関係公開2014年05月04日  更新2016年10月01日

愛車単独3000キロ韓国周遊の旅   愛して止まない韓国の酒
  
お見合い韓国   チ・ジニ(池珍熙)ファンイベント全国開催

yahoo blogs 日韓親善韓国の知識   ドラマ「悲しき恋歌」ロケ地探索記①梨泰院洞編

韓国歌謡界進出支援&韓国歌手招聘事業   金大中大統領訪問記等 

児島高徳と増位山の三保ヶ関部屋   親戚 三保ヶ関部屋訪問記

저작권(C) 동아우의자업연구회 회장 미야케 히데오    
Copyright (C) 2005-Permanence Hideo Miyake. All Rights Reserved.