香典のマナーとは

香典のマナーで香典を渡すタイミングは、通夜か葬儀のどちらかに受付で渡す事がほとんど。香典は、通夜か葬儀のどちらかに持参して渡しましょう。香典・受付などで会葬者名簿を記入する際に一緒に渡せば大丈夫。名簿に記入する前でも後でもどちらでもかまわないとおもいます。。香典・係員に名簿に記入を進められれば先に名簿に記入し、先にこちらから挨拶ができれば先に香典を渡してしまってよいでしょう。香典を渡す時には、ふくさから不祝儀袋を取り出し、相手が自分の名前を読めるような向きに持ち直して両手で渡します。香典を渡す際には「このたびはご愁傷様でした。」といった、お悔やみの言葉を忘れないように付け加えて、香典を渡します。香典は一般的に葬儀の受付で直接渡すものと考えられている様ですが、郵送にしても失礼にはあたりません。遠方にいる方など」、通夜や葬儀にどうしても参列できない場合はあるものです。郵送の場合には、くれぐれもお手紙を添えるのを忘れないでください。

香典袋の金額の相場とは

香典に欠かせない香典袋や不祝儀袋は、宗教や金額に見合った適切なものを選びます。法事の場合には元来現金ではなく供物を持参したのですが、香典も最近では法事を行う側で用意している場合が多いため、供物の代わりに現金を渡す場合が多くなっていますね。法事の香典袋には、一周忌までなら黒白の水引きを使いますが、三回忌以降には祖先祭りになるので黒白の水引きを使う必要はありません。香典袋には、以下のような黄白のものが市販されており、一般的に用いられています。そして、香典袋はふくさに包んで持っていきます。ふくさの色は、ご不幸ごとの場合黒・白・緑・藍・青・などが適切です。どちらにしても香典において香典袋(不祝儀袋)にいれる金額の相場を確認しておきましょう。

香典の書き方について

香典の書き方については、香典マナーの備忘録・香典大百科に、香典に際してのメニューがあります。先ず最初に、香典のマナーとして表面の書き方は、水引きの上中央に「御香典」「御仏前」などの表書きを書くといいでしょう。水引きの下中央に差出人の氏名を表書きよりも少し小さな文字で書きます。香典の裏面には下段に差し出し人の住所と金額を書きます。*中包みが有る場合には、住所や金額は中包みに記入します。香典の裏面には何も書かないで結構です。心づかいの場合、白封筒か半サイズの香典袋を用い、表面に「表書き」のみ書きます。香典を郵送する場合は、お悔やみの言葉や争議に参列出来ない事へのお詫びを書いた手紙を添えて送るようにしましょう。なお、お亡くなりになったことを葬儀の後で知らされた場合にも葬儀には直接参加できません。その際には、行ける範囲内であれば香典を故人の自宅まで持参するのが良いでしょう。

Copyright © 2008 香典のマナーに悩むぐらいなら