つちもち学級 手造りコーナー ~玄関に網戸を取り付ける~

玄関に網戸を取り付ける

 玄関から風が入るように網戸を取り付けることにした。自宅の玄関は、ランマ付きドアで、ドアクローザは邪魔にならない。網戸はいろいろあるが、川口技研のアルキング網戸は、網戸本体はカットせず、網戸の高さは一定だが、高さの足りない部分を付属の「高さ調整材(ドアクローザよけ部品)」で、最大21cmまで調整ができる。玄関の縦横の寸法を測り、「AK-19」を選んだ。

川口技研のアルキング網戸「AK-19」を選択

1.玄関の縦幅は、208 cm、横幅は、98.5 cmなので、アルキング網戸 「AK-19」を選んだ。
2.「AK-19」のサイズ

構造および部品の名称

●網戸本体部品

●ドアクローザよけ部品

横幅を調整する

 「AK-19」の網戸本体取付け幅は、40mm()。下レールの形状は、幅 21mm、高さ 3mmで()、足元のつまづきには心配なし。


 網戸本体の横幅は最大 96 cmなので、40mm×30mm×2140mm の角材を網戸本体収納枠側の柱に取り付けて横幅を調整する。

上レールの取付け

 上レールの横幅は、30mm厚さの角材を取り付けたので、実測すると 95.3cm。上レールの切断寸法は、
95.3cm-1.1cm=94.2cmとなる。


 上レールを高さ194cmに取り付ける。

下レールの取付け

 切断側シールを貼っている方を 95.3cm-1.1cm=94.2cmになるように切断する。下レールにはあらかじめ戸当り側プレートが貼ってあるので、戸当り側プレートが上レール取付けネジ側(ドアノブ側)くりように貼付ける。

網戸本体の取付け

  1. 「上側」シールが付いた方を上にして、網戸本体を斜めにして上レールと下レールの間に入れる。
  2. 収納側裏側に付いているアンカープレートの両面テープのハクリ紙をはがす()。
  3. 網戸本体を下レールに接触させながら取付け枠側に強く押し付けて接着させる。
    注)網戸本体が下レールから浮かないように注意すること()。

網戸本体の取り外し
  1. 製品本体の収納枠に両手をかけ、戸当たり枠方向に引っ張ると取付け枠から製品が外れます。 このとき、橋部から順位外すと簡単です。と取扱い説明書に書いてあるが、簡単には外れない()。
  2. そこで、マイナスドライバーなどで、アンカープレートがある位置当たりに差し込んで、外すことにした()。

アンカープレートの取付けと網戸本体の再取付け
  1. 網戸本体を取り外したら、アンカープレートの垂直を確認しながら付属品のタッピングネジで固定する()。
  2. アンカープレートを固定したならば、網戸本体を下レールに接触しながら収納枠をアンカープレートに押し付けると、溝とアンカープレートが接合して固定される()。
  1. 網戸本体の溝とアンカープレートが接合して固定された()。

ドアクローザよけ部品の取付け

 ドアクローザよけ部品の取付けは、上レールの上のスキマの形状で、取付け方法が異なる。自宅の玄関は、ランマありで、「上レールがランマの横枠より下にある」ので、「C」を選択する。 

部材を切断して両面テープを貼り付ける

[1] L 型カバー(長)を、ドアクローザに当たらない程度出幅を出して、上レールに貼付ける。注)ドアクローザが出ていない場合は、出幅は0で OK !
[2] 両サイドにL型カバー(短)を内側から貼りる。
[3] 上側にL型カバー(長)をL 曲げシールで固定する。L 曲げシールは、上コーナー部に内側から貼って、しっかりとした箱形をつくる。

[4] 半透明シート(小)を上側の L 型カバー(長)に貼る。
[5] 半透明シート(大)をボックスの内側から貼る。

ドアクローザよけ部品の取付け完成()。

ティールハンガーと収納側プレートの貼り付け

ティールハンガーの取付け
 ティールハンガーは、強風時に上部のスコーピオティルが垂れてくるのを支える部品です。必ず取り付けてください。
収納側プレートの取付け
 網戸を収納した状態で、下レールに収納側プレートを貼り付ける。  

アルキング網戸の取付けが完成です

 内側からの様子  
 外側からの様子  

             このページのTop へ

 2016.8.12 取付け完成