歯列矯正
歯の矯正は、一般的にはワイヤーで歯を動かして、歯並びをきれいにします。
その際スペースが足りない場合は、永久歯を抜いて歯をきれいに並べるといったケースもあります。

 当院では、全体の歯の矯正ではなるべく永久歯を抜かずにすませるために荻原和彦教授(元・日本歯科大学教授)のご指導のもと「顎態調和法」にもとづく床矯正を行っております。
 左の写真のような取り外し式の床矯正装置をつかって、お子さんの顎の成長する力を利用して、歯の生えている土台を拡げ歯が生えるスペースを確保するという方法です。
 ワイヤーを使った矯正よりも時間がかかりますが、永久歯を抜かなくても矯正ができるというのが最大の利点です。

 また、前歯の1~2本が反対咬合になって生えてくることがあります。このような時は、簡単な装置で短時間で治ってしまうこともありますので、お子さんの歯並びが気になったら、お早めに受診してください。
 最新の方法では、適応症は限られますが、透明なマウスピースのような装置をつけて行うアソアライナーという矯正もあります、これは違和感も少なく、他人に気付かれにくい方法です。



下記のご覧になりたい項目をクリックして下さい、症例を供覧いたします。


前歯1~2本の反対咬合

全体の歯の矯正(顎態調和法)

アソアライナー