昆虫 /あいことな 相異な ら行五段

昆虫 /あいことな 相異な ら行五段
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs
昆虫 /あいことな 相異な ら行五段

名古屋港 釣り ポイント
船橋港 釣り ポイント
日間賀島 釣り ポイント
三河湾 釣り ポイント
佐久島 釣り ポイント
焼津港 釣り ポイント
福井県 釣り ポイント
御前崎 釣り ポイント
焼津 釣り ポイント
岡山 釣り ポイント
支笏湖 釣り ポイント
水元公園 釣り ポイント
お台場 釣り ポイント
那珂湊 釣り ポイント
鶴見川 釣り ポイント
伊豆大島 釣り ポイント
沼津港 釣り ポイント
愛知県 釣り ポイント
石川県 釣り ポイント
初島 釣り ポイント
尾鷲 釣り ポイント
野島公園 釣り ポイント
金田湾 釣り ポイント
答志島 釣り ポイント
周防大島 釣り ポイント
道志川 釣り ポイント
釧路川 釣り ポイント
仙台新港 釣り ポイント
能登島 釣り ポイント
柏崎 釣り ポイント
日立港 釣り ポイント
串本 釣り ポイント
西伊豆 釣り ポイント
香川県 釣り ポイント
洞爺湖 釣り ポイント
手賀沼 釣り ポイント
岩井海岸 釣り ポイント
大磯港 釣り ポイント
外房 釣り ポイント
三保 釣り ポイント
釣り4
虫酸
昆虫
学問


昆虫 /
あいことな 相異な ら行五段



昆虫
/あいことな 相異な ら行五段






昆虫 /
あいことな 相異な ら行五段


昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれる。

世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば半分以上は昆虫である。未記載種を含めると100万種を越えるといわれている。[注釈 1]

種類数の多いグループとしては、以下のようなものがある。

甲虫目(鞘翅目)(カブトムシ、ゴミムシなどの仲間) 35万種
チョウ目(鱗翅目)(チョウ、ガの仲間) 17万種
ハエ目(双翅目)(ハエ・カ・アブなどの仲間) 15万種
ハチ目(膜翅目)(ハチ、アリの仲間) 11万種
カメムシ目(半翅目)(セミ、カメムシなどの仲間) 8万2千種
バッタ目(直翅目)(バッタ、コオロギなどの仲間) 2万種
トンボ目(蜻蛉目)(トンボの仲間) 5千種
甲虫類は実際に種類が多いという事も言えるが、飛翔能力が他の昆虫に比較して弱く、発見、採集が容易なため、種の同定が進んでいるのだとも言える。甲虫同様、生態が多様なハエ目やハチ目の昆虫は、実際には甲虫目を上回る種が存在するのではないかとも言われている。

ムシ 現代の日常会話では、昆虫を単に「虫」(むし)と呼ぶことが多いが、ダンゴムシやフナムシなどの用法でわかるとおり、ムシとは本来は動物全般を意味する。

漢字の「虫」(キ、?音: hu? )は本来、毒蛇(マムシ)を型取った象形文字であるが、蛇など爬虫類の一部や、両生類、環形動物など、果ては架空の動物である竜までを含めた広い範囲の生物群を指す「蟲」(チュウ、?音: ch?ng )の略字として古代から使われている。