古民家研究室

ようこそ  古民家研究室  へ!

※

古民家研究室は、1974年に広島市に開設された一級建築士事務所であるカトウ建築設計に所属しています。

設計事務所の代表者である加藤早苗(1970年広島工業大学建築学科卒、一級建築士)と加藤恵子(1970年広島工業大学建築学科卒、一級建築士)が設計監理の本業の合間に、現存する蔵の調査と平行して、良質な和風民家を調査研究しています。 和風民家に関しては、広島県内を対象として活動しています。 又,調査報告を広島県建築士会会報に連載しています。

new新着情報

☆ 中国新聞文化センター 講座のご紹介

講座名 : 「古民家・古建築めぐり」  講師 : 加藤早苗

場所: メルパルク教室
日時: 毎月第3火曜日 15:30〜17:00
日本の古民家・古建築の各部分を毎回とり上げ(例:床の間、玄関など)変遷と種類をパネルと模型で詳しく見ていく講座です。
3ケ月のうち、教室での講座を2回、日帰り現地見学会を1回、5年で一巡りします。
お問い合わせ
中国新聞情報文化センター メルパルク教室→リンク中国新聞文化センター
広島市中区基町6−36メルパルク広島7階
TEL 082-222-8502

2015年4月28日
2015年11月10日
2016年4月26日
2014年度「古民家・古建築めぐり」の会 更新
2015年度「古民家・古建築めぐり」の会 更新
2015年度「古民家・古建築めぐり」の会 更新

・古民家
現存する匠の技の結集された和風民家の調査による保存再生を目指し、古民家研究活動をしています。 又、先祖代々の歴史を大切にし、楽しみながら居住するためのアドバイスもしています。

・「古民家・古建築めぐり」の会new
中国新聞文化センターの講座について紹介します。

*中国新聞文化センター特別講座
「古民家・古建築を訪ねて!」(2009年)
「広島城を学ぶ・広島城を見る」(2010年)
「古民家・古建築を訪ねて!」(2010年)

*和錠
鍛冶職人により作られ、富の象徴として蔵の大戸口を飾った日本製の錠と鍵(和錠)を集め、写真集「和錠と宝尽し図鑑」を出版しました。

*カトウ建築設計
古民家研究室の母体であるカトウ建築設計の紹介をします。

*日本画ギャラリー
加藤早苗の広島県美術展入選・入賞作品集

*かとう歯科・矯正歯科 【外部リンク】
内装のデザイン・設計をカトウ建築設計が担当しました。
広島市東区牛田新町3丁目7-43

* このサイトの全部または一部を無断で複写複製することは、著者権法上での例外を除き禁止します。

*

since 2001.3.17