ベルギーの言葉

ベルギーで話されているのはベルギー語ではない。
北半分のフランダース地方ではオランダ語、南半分のワロン地方ではフランス語である。
首都ブラッセルは地理的にはフランダース地方に入るが、ここだけは特別地域で、公用語はフランス語とオランダ語。
道路標識から駅名、地名、全ての公的な案内は2つの言葉で書いてある。
話すときは2つの言語で話すわけにはいかないので、人々はフランス語を話している。

ドイツとの国境線に面している極一部の地域(大昔からの戦争で、所属があっちの国になったりこっちの国になったりしている気の毒な地域)は、ドイツ語を話しているそうだが、ベルギーの公用語は基本的にはフランス語とオランダ語である。(国歌の歌詞は3ヶ国語あるそうだが、きちんと覚えている人は少ないそうだ)

フランダースとワロンの境界線ははっきりしている。
車で高速道路を移動中に、フランダースからワロンへ境界線を越えるときには、必ずワロンの紋章“黄色のバックに赤い鶏”の標識が立っているのですぐわかる。
反対にワロンからフランダースへ移動する場合は“黄色のバックに黒い獅子”のフランダースの紋章が表示されている。

また、電車に乗ってブルージュ(フランダース地方)からリエージュ(ワロン地方)に向かっていると、車内放送は、まず初めのうちはオランダ語、ブラッセルになるとオランダ語とフランス語で2回同じことを言い、それを過ぎるとフランス語のみに変わっている。
車内に表示されている電光掲示板も同じだ。

慣れない者にとって、とっても困るのは、地名までもがオランダ語とフランス語で全く違ったりする場合があることだ。
たとえば、リエージュはフランス語ではLiegeだが、オランダ語ではLuik 。
フランス語でMonsという所はオランダ語ではBergenという。
もともと車内放送を聞いても聞き取れないから、表示を必死で見て情報を得ようとしている私たちは、これを知らないと間違った電車に乗ったのかと、大慌てしてしまう。

また、身近なところで言うと、インスタントスープの作り方からシャンプーの説明まで、日用品のパッケージには必ずフランス語とオランダ語が併記され、ベルギーのテレビ局も、オランダ語放送局とフランス語放送局にきっちり分かれている。(世界各国で人気番組の“ミリオネア”もベルギーの中で、オランダ語編とフランス語編の2番組作られている。)

昔は、ワロン人に貴族階級が多く、有力者が多かったため、フランス語が上流の言葉で、公的な場所ではフランス語しか話してはならないという決まりがあったそうだ。
そこでフランダース人は良い仕事にありつくため、一生懸命フランス語を身に付けた。
そのうちにフランダースの独立運動が起こったりして、だんだんオランダ語も認められるようになり、公用語になった。
フランダース人とワロン人は何かと張り合うので、オランダ語とフランス語のバランスに、役人も商人も常に気を使わなければならない。

だから公務員になるにはオランダ語とフランス語が必須だ。
フランダース人は小学校で9歳からフランス語を習い始める。
苦手な子もいるだろうが、普段から生活の中でしょっちゅう見たり聞いたりしている言葉だから、日本人が初めて英語を習うよりもずっと抵抗は少ないだろう。

しかし、フランス語圏に住む子どもたちは、歴史的にオランダ語を一段低い言語だと、なんとなく軽視している意識の抵抗があって、オランダ語圏の子どもにとってのフランス語よりも習得しにくいようだ。
だから、政府の要職に就くときなどは、両方ともよくできるフランダース人の方が有利なのだそうだ。


こんなことがあった。ベルギーに住み始めて2ヶ月ほどたった頃、注文しておいた家具がやっと届けられた。
そのとき運んでくれた人が、何やらわからない言葉(オランダ語だったのだろう)で言うので、私はさっぱりわからないという顔をしていると、いきなりフランス語に変わったので驚いた。
どっちにしろ、私はちんぷんかんぷんだから、身振り手振りでなんとか話をしたのだが、普通の労働者が、相手がオランダ語がわからないと見るや、さっとフランス語に切り替える語学力を持ち合わせているのには、ショックを受けた。

これと似たような経験は、その後何度もある。
スーパーの入り口でアンケートを求められたとき、路上で道を尋ねられたとき、まずオランダ語で話しかけた彼らは、当惑している外国人の私を見て、フランス語で言い直す。
私が英語でI don’t understand. と言うと、おおかたの人は英語で言い直してくれる。
彼らの頭の中には自動翻訳機のスイッチが入っているのではないかと思うぐらい、さっと切り替える。
それはもう見事なものだ。
ブルージュの中心、マルクト広場にあるクイックバーガー(ベルギーのハンバーガーチェーン店)で働くのにも、オランダ語、フランス語、英語はもちろん、スペイン語も必要だと聞いたことがある。
携帯電話のお店の人も「私はあんまり英語ができないのだけれども」と言いながら、必要な事は十分わかるように一生懸命説明してくれた。


ベルギー人は語学に対するセンスと才能が非常に高いと思うが、天才ではないと思う。
日常の様々な場面で、自分の母語以外の言語を話さなければならない必要性が、彼らの言語能力のレベルアップを図っているのだと思う。
そして環境に恵まれている。

身の回りの表示が2ヶ国語なのに加えて、テレビ番組が様々な言語で放送されるのだ。
ベルギーの2ヶ国語のチャンネルに加え、フランス、ドイツ、オランダ、イギリス、スペインの各放送局と、常に5つの言語に触れるチャンスが身近なところにある。

さすがに日本のアニメは吹き替えて放送しているが、オランダ語の吹き替えとは限らない。
イギリスの番組なら英語の吹き替えだし、フランスの番組ならフランス語だ。
他国で吹き替えたものをオランダ語の放送局が買ってきて放送するときはオランダ語の字幕だ。
アニメが見たい子どもたちは、もう外国語を覚えるしか楽しむ方法がない。
別に勉強ではないので彼らは全然苦にしていない。
見ている内に、勝手に覚えてしまう。

イギリスBBC制作の幼児向け番組「テレタビス」が、英語、フランス語、オランダ語でやっていたので、私も語学の勉強のために、時々見ていた。
簡単な単語を使って、同じことを4回繰り返すこの番組は、耳の訓練になる。ほんのちょっぴりかじっただけのフランス語でさえ、少しはわかった。
子どもの柔軟な耳と脳なら、しっかり身に付くのに違いない。

オランダ語を習い始めてから私は、日々の買い物で必要な数字の聞き取りだけは、どうしても早くできるようになりたかったので、毎日やっているクイズ番組“LINGO”を見ていた。
クイズとビンゴゲームを組み合わせた番組なのだが、これが2桁の数字をランダムに言ってくれるので数字の聞き取りの訓練にはぴったりなのだ。

オランダ語の数字は、21以上は1の位を先に言う。
例えば21は「1と20(een en twentig)」と言うのだ。
これは慣れるまで、けっこうしんどい。
まず発音を正確に聞き取ってから、頭の中で数字を並べ替えなくてはいけない。
その訓練を毎日毎日20分のクイズ番組を見て、楽しみながらやっていたら、いつの間にか、数字の聞き取りができるようになっていた。

朝市でもお金を払うときに丁度の金額が払える。
誰の発音でも百発百中で聞き取れるようになるまでにはかなり長いことかかったように思うが、必要性と環境は、語学苦手の私にも自然に身に付けさせてくれたようだ。

もっとも、私にベルギー人並みの語学センスがあれば、オランダ語でいろんな交渉までできるようになれたかもしれないが、2年も学校に通って、ごく簡単な日常会話しかできない程度で終わってしまったのは、情けないかぎりである。


マルチリンガルなベルギー人であるが、フランダース人は、同じオランダ語を話すという点で、オランダ人とも張り合っている。
正確にいうと、オランダのオランダ語と、フランダースのオランダ語(フラマン語)はちょっと違う。
発音も違うし、単語自体も異なるものがある。
フランダース地方の中でも町や村によって、独特の方言があり、お互い言っていることがわからないことがあるそうだが、アナウンサーなどが話す標準フラマン語でも、オランダのオランダ語とは少し異なるのだ。

それでも、大体の部分で同じなので、フランダース対オランダで、国語ゲームの番組“10 voor taal”がしばしば放送されていた。
各チームそれぞれ3人ずつのタレントが出演して、国語能力を競う番組である。
問題は単純に単語のスペルがあっているか間違っているかの○×問題やら、長い単語を虫食いにして何の単語か当てる問題、16単語から成る文章をばらばらにしてあるのを、正しい文に並べ替える問題など、全く国語の知識だけを問う内容だ。
私はこの番組が好きで、わからないなりによく見ていたが、最後に勝つのはほとんどフランダースチームなのだ。
オランダ側が勝ったのを見たのはたったの1回だけだった。

知り合いのフランダース人に「あの番組ではいつもフランダースが勝つね」と言ったら、「当然!」と言って嬉しそうだった。
オランダ人だって英語が堪能な人が多いと思うが、より多くの言語をマスターしているフランダース人の方が、言語に対する感覚が鋭いのかもしれない。
長年培われたすばらしい文化だと思う。