霧訪山(長野県塩尻市)
標高:1305m
2009年4月18日

日本の中心でオキナグサ揺れる

行程
小野登山口11:28---12:23霧訪山12:54---13:36小野登山口
最寄り駅:JR中央本線小野駅(登山口まで徒歩30分)
駐車場:登山口そばに登山者専用駐車場あり(7〜8台)
登山口そばの駐車場


 霧が訪れる山と書いて霧訪山(きりとうやま)。この山は、長野県塩尻市にある。山名が情緒的なのもあるけど、この霧訪山には、オキナグサの自生地があるので以前から、オキナグサが咲く時期に行ってみたいと思っていた。けど、この山のために出かけるには、都心の我が家から日帰りでは遠すぎるし、1泊してこの山だけを歩くのは、もったいない気がして、行くのに思い切れずにいた。
 思っていればチャンスはやってくると言うけど、今回、夫と日曜に愛知まで行く用事があり、その前日泊に木曽の温泉に泊まることになったので、途中の霧訪山に寄り道する機会を得ることができた。
 もちろん、登ったのは、私1人。一緒に登ろうと夫を誘ってみたが、かたくなに拒否された。山歩きなんて、疲れるだけでイヤだとう言う。私が霧訪山を歩く間、夫は下諏訪周辺をドライブしながら、美味しい蕎麦屋を見つけて食べるから、気にせずに山に登って来いと言う。そうは、言っても別行動するのが、なんだか申し訳なく思う。でも、結局はお言葉に甘えるのだった。
小野登山口
 小野登山口からなら、霧訪山に手っ取り早く往復できる。コースタイムは往復2時間。休憩を入れても3時間あれば十分だろう。でも、念のため少し余裕をとり、13時45分に登山口に戻る約束をして、夫の車から降りた。
 帰着時間を決めると気がせいてしまうけど、今日は仕方ない。赤松林の中を足早に黙々と登る。けっこう急でびっくり!
 登山道の両脇には、林に立ち入り禁止のロープが延々張られていた。ここの赤松林の山は、茸山で、地元の管理化にある。やたら目に付くのは、「茸を無断で採ったら、罰金が科せられる」の警告板。きっと、松林の山だから松茸がいっぱい出てきて、それを狙って松茸泥棒がやってくるのだろう。
 鉄塔のあるかっとり城跡地をすぎ、傾斜が緩んだと思ったら、また急になる。
かっとり城跡
 三角屋根の小さな避難小屋まで登ってくると右側(南東)の眺めが良かった。美ヶ原から霧ヶ峰、車山、そして蓼科山までも見えている!
中央の平べったい部分が霧ヶ峰
 避難小屋すぎると上から5、6人の登山道整備らしきオジサン達が下りてきた。その中の1人のオジサンに「1人かい? 上は、人がいて賑やかだよ。ほら、これ使うかい? まだ、この先、キツイよ!」と杖代わりの棒を差し出された。けど、「大丈夫です」と元気よくきっぱりお断りした。なぜかこの時、強がってしまった。この後、オジサンが言ったとおり、ホントにキツイ登りが続く。
 非難小屋から約18分。右側(南東)の景色が良く見える場所に出てきた。なかなか、良い眺め。この感じだと頂上からの眺めは抜群だろう。期待わくわくで続きを登る。
霧訪山頂上
 登山口から約1時間。山頂到着。山頂からの眺めは、ぐるり360度。山頂には、山座同定用の円盤があり実際に見える山の名がわかるようになっている。山が見える晴れの日に登って来られてヨカッタ〜♪
山頂からの眺め
北アルプス


御嶽方面


南アルプス方面

素晴らしい〜!
見事な景色にバンザイ〜!

「日本の中心地」とある。
わ〜い、ここが日本の中心だ〜い!!
 さて、さて、オキナグサはどこかな?と見渡すとロープに囲まれた草地があり、茶色のオキナグサが咲いていた。
 枯れ草の中に咲く茶色の渋い花。先日、神成山で見た植栽のオキナグサより粗野に見えた。これが、本来の山で咲く姿なのだろう。
保護区画に咲くオキナグサ


祠のわきにも咲くオキナグサ。
登山口に下山
 山頂でおにぎり1個パクリと食べて、ひと心地ついてから登ってきた道を下りはじめた。登山口に約束の時間より少し早く戻ると夫は、まだ来て居なかった。待たせてヤキモキさせるよりは、早く着く方がいい。
 周囲の田圃でツグミたちが何かをついばんでいる。ツグミは冬鳥。冬は単体で過ごすが、春、渡りの頃になると集団になり北へ飛んでいくという。田圃に集団でいるツグミ達は、そろそろ旅立ちの頃なのかな。
 ツグミをながめているうちに田圃との間の道を我が家の車がやってきた。
 今回、夫に登山口で送迎してもらうラクチン登山だったけど、小野駅から登山口まで30分の田舎道をトボトボ歩いてもみたかった。昔の町並みも残っているようなので、それらを見ながら登山口へ行き、霧訪山を登っても楽しかったかもしれない。
 私が山に登っている時間があまり長いと夫に申し訳ないと思い、短時間で往復できる小野登山口にしたけど、霧訪山へは、塩尻駅に近い山の神自然園からのコースもある。カタクリなどの春の花が多いらしい。距離&時間は、小野登山口からに比べると少しかかる。次回があるとすれば、山の神自然園コースを歩いてみたい。




// HOME//トレッキング//