荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(143系)
2013年3月、2016年1月 篠ノ井線クモヤ143霜取電車 その2

2013年3月2日 晴
篠ノ井線クモヤ143霜取電車 その1
 1日夜に長野入りし123系のバルブ撮影をした。早朝の大糸ラッセルを期待したが運転が無かったので、西条駅へ向かい車中で夜を明かし、霜取電車クモヤ143-52を待った。西条には通常ダイヤで来たが、ここから時刻変更で長時間停車後に松本へ帰って行った。霜取電車が時刻変更で通過時刻が遅くなったため、移動時間に余裕が無くなった。聖高原から高速に乗り、坂城で降りて急行信州とリバイバル白山の回送を撮影。リバイバル白山の回送は途中まで回送幕だったらしいが、戸倉の停車でシール式マークを貼ったようだ。軽井沢方は絵幕、長野方は文字幕だった。

西条駅
6:35 9948M クモヤ143-52

明科〜西条
8:42 9948M クモヤ143-52

2016年1月3日 晴
 大糸南線ENRを白馬付近で撮ってから松本に向かった。松本車両センターでの出区準備から撮影開始し、往路は平瀬信号場で撮った。復路は山を越えて坂北と西条で、坂北構内に入るところでは霜でパンタがバチバチいっていた。
篠ノ井線クモヤ143霜取電車 その3へつづく
松本車両センター
4:20 クモヤ143-52

平瀬信号場
4:49 9947M クモヤ143-52

坂北〜聖高原
6:26 9948M クモヤ143-52

西条駅
6:37 9948M クモヤ143-52

明科〜西条
6:46 9948M クモヤ143-52
篠ノ井線クモヤ143霜取電車 その3へつづく