荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(123系)
 
2007年2月24日 引退間近の身延線123系
 
  2月24日 晴のち曇  身延線の123系が2007年3月ダイヤ改正でなくなると聞き、富士山を期待しつつ2時間睡眠4時半起きで高速を飛ばして行った。
 富士到着は5:50、柚木で富士行一番列車を無理やり流し撮る。全然ダメだった、でも情報どおり123系だ、ひとまず安心。富士宮まで急ぎ、そこから先はロケハンしつつ進む。日の出前で露出が厳しい。西富士宮のはずれで富士山と絡めるポイントを発見、下りを待つ。富士山麓の町をバックにキメられた。すぐに追っかけ、沼久保駅前で3521Gクモハ123-601を抜く。ココは84年1月の広島帰りに富士山とEF15狙いで降りて以来久々だ。何も無くあまり変わっていない感じだ。この後芝川駅到着前に1回撮れた。
 芝川駅で入換を撮影し、上って来た115系も撮る。富士山が霞む前に、と竪堀〜入山瀬の鉄橋で富士山絡みを狙うが、到着直後から雲が出てきて、結局富士山は朝イチの写真のみとなった。
 昼メシは名物の富士宮焼きそばを食べた。富士宮近くのショッピングセンター前の酒屋内にあるお店でおばちゃんが目の前で焼いて鉄板にのせて出してくれた。ボリュームたっぷりで美味しかった。
 午後は富士宮付近で撮影。富士宮の電留線は、富士宮構内からのポイントは踏切手前で分断され、架線も剥され草がボウボウで84年4月の62系アコモ車を見に来た時とは雰囲気が変わっていた。
 午後になり待望の元クモユニ147のクモハ123-5043(非貫通タイプ)が稼動しだして、やる気が復活する。富士根〜源道寺のカーブと竪堀〜入山瀬の鉄橋で元クモユニ147の最後の走りを撮った。締めは富士付近で、情報を掴んでいなかった123系の回送も運良く写せた。東海道本線を行くEF210+メトロ車の甲種回送を写したところで丁度デジカメの容量がいっぱいになって終了した。
 
西富士宮〜沼久保
6:35 3521G クモハ123-601
 
 
↓5秒後に自動的に写真が切換わります
 
 
 
 
 123系ギャラリー