荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(クモハ123)
 
2012年12月・2013年3月 123系ぐるっと善知鳥・塩嶺号と定期運用
 
12月15日 曇一時雨
クモハ123‐1「1980年代国鉄撮影日記」10周年記念号はこちら
 クモハ123‐1「1980年代国鉄撮影日記」10周年記念号運転から4ヶ月、塩尻発塩尻行のイベント臨時列車が運転された。前回と違いHM付だが、他へ流れたのか、撮影者は国鉄撮影日記号より少ない感じだ。みどり湖駅が一番で20人くらいいた。
 この区間での撮影は1988年6月のC56160ほたる号以来なので25年振りだった。
 
小野〜塩尻
10:37 9140M ぐるっと善知鳥・塩嶺号 クモハ123-1
 
みどり湖〜塩尻 ストレート
11:36 9141M ぐるっと善知鳥・塩嶺号 クモハ123-1  10分延で通過
 
みどり湖駅
11:47 9142M ぐるっと塩嶺・善知鳥号 クモハ123-1
11:49 9142M発車 塩嶺トンネルへ クモハ123-1
 
小野〜塩尻
12:34 9143M ぐるっと塩嶺・善知鳥号 クモハ123-1
 
12月25日 晴
 DE15信越クリスマスラッセルの撮影後、大糸線回りでの帰路に一往復撮影した。
 
小野〜塩尻
13:14 161M  クモハ123-1
 
小野〜塩尻
14:30 160M  クモハ123-1
 
3月1日 曇一時雨
 
 リバイバル白山撮影の前夜祭で、夜長野入りして123系のバルブ撮影をした。ツーマン運転の塩尻発松本行は広丘で待った。被らないはずが、下り松本方面に遅れが出ていたため危うく115系と被るところだった。撮影後は西条駅へ向かい夜を明かし、霜取電車 クモヤ143-52を待った。
485系リバイバル白山号と信越エリアの国鉄型へつづく
 
辰野駅
20:32 飯田線の鈍行とほぼ同時に、遅れの168M到着 クモハ123-1
運転士が足早に運転台を交換する
20:50 171M発車 クモハ123-1  隣の240Mで乗務交代した運転士が手を振る
 
1両の停止目標も、もう不要になる
 
広丘駅
21:56 1233M到着 クモハ123-1  危うく115系と被るところだった
遅い時間だが1両編成なので車内は混んでいる
21:57 1233M発車  ツーマン運転の証、後ろには女性車掌がしっかりと前方注視
485系リバイバル白山号と信越エリアの国鉄型へつづく