荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(EF81)

2009年1月31日〜2月3日 特急あけぼので行く冬の北東北  雪の県境を行くEF81

1月31日 晴

 半仕事絡みで自費での秋田行。どうせ自費ならとモロモロ撮ってこようと特急あけぼのBネソロでスタート。ビールと梅酒を飲んで早々に就寝。

上野駅
特急あけぼの EF81 136

上野駅とEF81が牽く特急あけぼのの組合せは過去のものになってしまった。 
 
オハネ25 551(B寝台ソロ 8号室からの眺め)
※ 2回自動再生されます(繰り返し見る時は更新ボタンを押してください)
 

2月1日 曇

 一夜明け、まずまずの天気。東能代の構内の秋田方に青ザリ、ホームの所にDE15 1536がラッセル付で停まっていた。追分にも青ザリがいた。
 青森到着後、ED79狙いで津軽線へ行くが金太郎ばかりで、ED79は一本で終了。レンタカーで本日の宿碇ヶ関温泉 関の湯へ向かう。お湯・サービス共に満足の宿だった。

B寝台ソロ 8号室
 入口側

秋田運輸区サービス推進員手作りの説明書
B寝台ソロ 8号室 通路側入口 こちらは7号室(下段)
  A寝台シングルデラックス 通路

青森駅
9:57 特急あけぼの EF81 136

10:08 DE10 1122 特急あけぼの回送

中沢駅
13:47 上り貨物列車 ED79 52更新色+ED79 11

2月2日 晴

 早起きして、宿に断って出発。朝メシ前に白沢〜陣場でブルトレ撮影。マイナス6度、快晴の空の下、日本海が約40分延で通過して行った。続行のあけぼのは虹ガマ!だった。なんという強運!!日本海とあけぼのの間に宿に戻って朝メシ&チェックアウトと思っていたが、日本海の遅延で作戦が崩れた。宿に「メシはいいです」と連絡して9時半頃戻ると「せっかくですから・・・」と用意して待っていてくれた。急いでありがたく頂いた。碇ヶ関温泉 関の湯はおもてなしの心が熱いいい宿だった。
 虹ガマあけぼのと宿のサービスに気を良くし、午後は津軽鉄道へ。運転速度がゆっくりで、普通に走って追っかけができた。
 今晩は大鰐温泉 ヤマニ分館に泊る。上り特急あけぼのがEF81 95虹ガマなので駅到着を流撮り。ひと風呂浴びて再度出場、日本海を撮って宿に戻る。

白沢〜陣場
8:02 特急日本海 EF81 106  44分延で通過

8:50 特急あけぼの EF81 95 虹ガマ

10:42 下り 特急かもしか 485系×3

10:57 下り貨物列車 EF81 142

津軽湯の沢〜碇ヶ関
10:16 上り貨物列車 EF81 28  更新色

白沢〜陣場
11:23 上り貨物列車 EF81 129

大鰐温泉駅
18:57 特急あけぼの EF81 95 虹ガマ

20:29 特急日本海 EF81 106

2月3日 曇一時雪

 今朝も早起きした。時折吹雪いているが、弘南鉄道のラッセルの動きは無さそうなので、北常盤付近で朝練。その後黒石と大鰐で停まっているキ100を撮った。撮影後、弘前でレンタカーを返し鈍行で秋田へ向かう。弘前には構内で動いていた青ザリと、DE15 1539ラッセル付と、青森方しかラッセルヘッドがないDE15 1516が停まっていた。秋田の宿はホテルメトロポリタン秋田だ。翌日の打合せも兼ねて担当者主催の宴席に招かれ、きりたんぽしょっつる鍋など秋田の美味いものと美酒に酔った。

川部〜北常盤
8:02 下り 特急日本海 EF81 107

8:58 下り 快速 キハ40+キハ48 515

9:28 下り 特急あけぼの EF81 137

9:44 上り貨物列車 EF81 454 更新青色

10:35 上り貨物列車 EF81 124 更新色

10:22 上り 特急かもしか 485系×3

石川〜弘前
11:04 下り 特急かもしか 485系×3

11:19 下り貨物列車 EF81 502 更新青色

2月4日 晴
弘南鉄道のキ100からつづく
 4日は終日、秋田で用を足した(コレがメインなので・・・)。秋田地区で見かけた青ザリは、和田と大曲だった。旅の締めは秋田で買った鶏めしだ。こまち車中で食べた。ご飯の味付けが絶妙だった。車内販売員(2名共)も話がうまく愛想が良く商売上手で、ワインと牛タンスモークを買って飲んだ。自費で秋田まで行った価値の成果が得られ、ホロ酔いで気分良く家路についた。

秋田駅
特急いなほ 485系(更新車)